らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1119

清滝城2 (リテイク 長野市松代町東条)  

◆尼巌を城を眼下に収める南北朝時代から続く山城◆

この山城には6年ほど前に2度ほどチャレンジして記事にもしている。

清滝城 挫折編

清滝城 リベンジ編

比高600m以上あり、結構しんどかったのでもう登る事も無いかなーと思ってましたが、今一度ぐらいは遺構を真面目に見ようと思い再チャレンジ!(笑)

中々そういう機会を求めるのは時間的にも体力的にも大変な事なのだが、二度、三度と訪問することで新たな発見がある。

IMG_3081.jpg
清滝城(地元では奇妙山)の登り口の岩沢公民館付近からの風景。

IMG_3082.jpg
善光寺平の山城では認知度抜群の尼巌城(あまかざりじょう)。ここから登ると清滝城⇒尼巌城と体力があれば縦走も可能だ。

「俺の人生、アドリブさ!」 というセリフを耳にするが、人間としての基礎が出来ているから応用が出来るという謙遜であろう。

「俺の人生、思いつきさ!」 というのが小生も自慢であるが、いい加減な人生もここまで来れたら大したもんだと自画自賛(笑)

IMG_3083.jpg
岩沢の登山口までは、小型乗用車以下なら何とか登れて駐車も3台くらいまでは可能だ。


尼巌城へは「玉衣比売命神社」から登るルートが一般的だが、ここから登ると最短で一巡出来るのでお勧めだ。

2周連続の台風の直撃で、登山道はかなり荒れ果ててしまい、尼巌城との分岐の尾根まで30分かかり到達。

IMG_3085.jpg
ここから更に1時間も登るのか・・・

IMG_3088.jpg
ひたすら登る登山は苦手だ。景色でも見えれば良いのだが、高見岩までは退屈な山道が続く。

IMG_3091.jpg
アタック開始から60分で高見岩付近に到着。頂上まで45分とあるが、今回は中高年の意地を見せて20分で踏破したのである(笑)

清滝城を目指す方は、是非とも高見岩からの景色をその目で確かめて欲しい。

かの有名な尼巌城を見下ろす事が出来る唯一の場所であり、その絶景は清滝城(奇妙山山頂)からは現在観ることが出来ないので貴重な風景であろう。

信玄よりここの攻略を命じられた真田幸隆は、搦め手にあたるこの場所から尼巌城へ攻め込んだという説もあるらしいが守備側もかなり厳重な防御体制を敷いていたというから一筋縄では事は運ばなかったと思われる。

IMG_3174.jpg
尼巌城を背後より見下ろすというのは中々壮観である。

IMG_3175.jpg
拡大するとこんな感じ。

IMG_3176.jpg
ここから目視で見える城跡はこんな感じ。

途中小学生の親子連れのハイカーを年甲斐もなく追い越し、ここから老体に鞭打ってラストスパートをかけて清滝城に辿り着く(笑)

最近は縄張図を描く気力も失せているので、再びnaomochi-u氏の芸術作品をお借りした・・・(汗)

清滝城縄張図①

●城跡

頂部に置かれた単郭から分かれる三方向の尾根に数条の堀切と数段の削平地を施した砦で、烽火台として使われたと推定される。標高1,000~1,100mあたりが烽火台の高さの限界で、それ以上になると天候に左右されて麓や他の烽火台からは見づらくなる。

IMG_3098.jpg
登山道に現れる最初の堀形

IMG_3100.jpg
主郭手前の二条目の堀切。ここには「堀切」の説明板があった。

●主郭

主郭は22×11の細長いホームベース状で北側に土塁の痕跡が確認出来る。

IMG_3113.jpg
北側より撮影した主郭

IMG_3107.jpg
北側の低い土塁跡と三角点

IMG_3112.jpg
山頂は北側の一部のみ視界が開ける。

●北東尾根

主郭から北東尾根には段郭を二段連続させて二重堀切で遮断し、更にその下に一条の堀切を穿ち防御を厳重にしている。

IMG_3114.jpg
主郭より段郭を見下ろす。

IMG_3119.jpg
二重堀切

IMG_3127.jpg
東尾根最終の堀切

●南尾根

本郭の南側を二条の堀切で遮断。その先は堡塁でここが城域の終点だと思われる。更に400m先まで進むと岩盤が剥き出しの岩山となり石仏と祠がある。

IMG_3134.jpg
主郭背後の堀切

IMG_3140.jpg
堀と堀の間の郭

IMG_3144.jpg
南尾根最終の堀切

IMG_3147.jpg
城域の終点の堡塁

IMG_3149.jpg
堡塁の上から見た松代町。尼巌城は見えなくなっている。

高所恐怖症なので剥き出しの岩山を探索するのには結構勇気というか、度胸が必要でした・・・(汗)
それにしてもこんな高い場所の岩山に石仏と石祠を運び上げるのには大変な労力を要したと思い、その信仰心には頭が下がる思いでした。

IMG_3163.jpg
岩山の石祠

IMG_3159.jpg
岩山のてっぺんに何かあるぞーと思って近くまで寄ると・・

IMG_3155.jpg
修験者の厚き信仰・・・

IMG_3160.png
ちなみに場所はここです。

IMG_3149.jpg
絶景を堪能するよりは恐怖に慄く

IMG_3156.jpg
昨年登ったノロシ山も良く見える

IMG_3158.jpg
北側に転じると霜台城なんかも良く見えます。

頂上周辺の雑木林を伐木すれば、清滝城から見える景色なんでしょうね。

IMG_3161.jpg
清滝城の南東550mの山(標高1,070m)も調べたかったが、滑落しそうな岩場が連続するので止めておきましたとさ・・(笑)

さて、如何でしたでしょうか?

信濃の山城はその険しさ故に、二度も三度もたやすく訪問することは難しいのかもしれません。

でも再訪することによって新たに発見する何かが必ずあると思うし、其の間に違う山城を訪問した経験から感じる別の何かがあると思われます。小生も今回の訪問でしっかり遺構を確認出来たし、謎の南尾根からの風景も堪能できました。

未訪の方は尼巌城とのセットでの訪問をお薦めします。もちろん、しっかりとした日帰り登山装備はお忘れなく!

≪清滝城≫ (きよたきじょう 英多城・東山城・奇妙山城)

標高:1099.5m 比高:720m (竹原より)
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:長野市松代町東条
再々攻城日:2017年11月5日 
お勧め度:★★★☆☆
城址までの所要時間:90分 駐車場:有り
見どころ:郭、土塁、堀切など
注意事項:日帰り登山の装備で
参考書籍:「信濃の山城と館② 更埴・長野編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
付近の城跡:尼巌城、金井山城、寺尾城、関屋城、ノロシ山、霞城、古城、加増城、霜台城など

IMG_3178.jpg
麓の東条小学校付近より見た清滝城(奇妙山)遠景。


スポンサーサイト

Posted on 2017/11/19 Sun. 15:08 [edit]

CM: 6
TB: 0

« 殿城山城2 (リテイク 上田市殿城)  |  鈴岡城 (飯田市駄科) »

コメント

信濃にいる気分です

私は尼厳でさえ躊躇いが6年ありました。さらにその後背高所って、何年躊躇うことでしょうか。清滝城は、らんまるさんの記事で足りた気分です。
尼厳へは一月ほど前らんまるさんのアドバイス通り岩沢から登りました。お猿の大集団に歓待されつつ竪堀を堪能し主郭へ至り、大手の関門まで降りてまた主郭へ登り、岩沢へ降る修行行でした。尼厳城堪能の満足感と、命令通りに動かなくなった足腰が、奇妙山への分岐を見ぬふりを私にさせました。
しかし、尼厳攻めるには後背からしかないでしょうが、攻める真田の兵もさぞ苦労したことでしょうね。夜交、綿内も、後背を小城でしっかり警戒してますから、攻めて来る奴がいたんですね。あの辺りのことでいろいろ聞いていただきたいこともあるのですが、もう十分長文になってしまったので機会をあらためます。

えいき #- | URL | 2017/11/21 22:49 * edit *

Re: えいき様へ

コメントありがとうございます。

尼巌城は猿の軍団に守られていましたか、こりゃ難敵ですねえ・・(笑)
結構、この城への探訪を躊躇される方が多いようですが、あの外観も人を寄せ付けない要素の一つなんでしょうか。
確かに尼巌城を落とさないと海津城での生活は不安でしょうがない。なので信玄さん、ゲリラ戦が得意な真田弾正に命じた。
武田軍団が凄いのは、山城攻めにも長けているという事でしょうね。信濃の険しい山城群を各個撃破する徹底ぶり。凄いなあー。

久しぶりの奇妙山でしたが、下山途中のラスト200m付近ですってんころりんして臀部を強打(笑)気の緩みは禁物・・(汗)
松代周辺は何度訪れても飽きない素敵な場所です。

らんまる #- | URL | 2017/11/23 09:47 * edit *

よく2度もまあ

あの尼飾城を見下ろす城なんてすごいですねえ。
そんな所に誰かさんh2度も行くなんてねえ。

生まれてずうっと見ていた山から下を見下ろした風景もまた格別。
青空が映えてます。行いが良いからでしょう。

この城の縄張、鞍骨城と似た感じですね。
まあ、メリハリは違うのは仕方ないですが。
当時、ここにも城番はいたんでしょうかねえ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2017/11/25 18:39 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

義務感だけで最初は登ってしまい、疲れただけでロクに遺構を見ていなかったというのが二度目トライの動機でしょうか(笑)
今回は岩山の石仏まで拝む事が出来て感無量です!

長野市の市民の山=飯縄山みたいなイメージが定着していますが、奇妙山にこそ親しみを覚えるのは自分だけでしょうか?
この山が見てきた甲越紛争はどんな風景だったのだろうか・・・なんて頂上から思いを馳せるのはいいものですね。

最近、八王子城で滑落事故がありレスキューが出動し大騒ぎになったようです。
城郭探訪の趣味の方が増えるのは嬉しいのですが、こういう事故でマイナスイメージが付くのは残念な事です。
初心者がグループで盛り上がるのを否定するわけではありませんが、この趣味は一歩間違えると死と隣り合わせであり、地道な経験を積み重ねた者のみが険しい山城への挑戦権を与えてもらえるのだ・・なんて思います。

らんまる #- | URL | 2017/11/26 09:46 * edit *

修験道にはまっていたころ
小菅山ほどりっぱではないですが
霊山が県内にたくさんあることを知りました。
(里山ガイドや地図に奥の院と記載された山など)
奇妙山もそんな山の一つのようですね

山城の選地には
修験者がかかわっていたのかなあ
なんて想像してしまいました

丸馬出 #- | URL | 2017/11/30 05:20 * edit *

Re: 丸馬出様へ

険しい山城の主郭跡に時々石祠があり、その中にお札が奉じてあるのを見かけます。
修験者の修行としての山が先なのか、山城としての立地が先なのかはよく分かりませんが、宗教的な要素も絡んでいたのでしょうネ。

らんまる #- | URL | 2017/11/30 07:44 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/899-1c020133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top