らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0321

茶臼山城 (松本市浅間温泉)  

◆赤沢氏の初期の要害城◆

そろそろ真面目に記事をアップしていかないと過剰な在庫を抱えて倒産しそうである・・・(笑)

写真2~3枚と適当な感想でも書いていけば何のこともないだろうが、地元のヤツがそんな体たらくでは恥ずかしいしネ・・・(汗)

今回ご案内するのは、立入禁止の為に周辺の観察だけで終わった茶臼山城。

IMG_5591.jpg
「一人ぐらい見逃してくれよ~いいじゃねえかよ・・・」と思いつつ、不法侵入してはいけません。

【立地】

浅間温泉の後背の山尾根先端部に築かれている。ここは麓からも良く見える。

【城主・城歴】

「長野県町村誌」には「本村の卯の方にあり。東西八間、南北十間、赤沢氏の持城たり。籏本姥貝左衛門と云す者に之を守らしむ。武田氏の大軍乱入・・・・・」とある。赤沢氏は小笠原氏に属し、その居館は本郷小学校の校庭あるいは温泉街の枇杷の湯付近にあったらしいが、その後稲倉城の麓の御屋敷平へ移ったという。

茶臼山城見取図

【城跡】

主郭にはかつて古墳があったようだが取り壊されて小屋が建てられている。城の主要部も耕作により改変された上に近年の道路の開通や貯水池の建設で遺構が壊されてしまい、往時の様子は推測するしかない状態。しかも主要部は立入禁止。主郭背後には堀切があったかもしれないがそれすら分からない。説明板には南方に30mの空堀とあるが、城への通路だった可能性もある。

IMG_5590.jpg
まあ、踏査出来ないので遠方から見るだけ・・・(笑)

IMG_5592.jpg
道路沿いに説明板があるのは有難いのだが、入りたいなあ。

IMG_5594.jpg
哀愁を帯びた標柱がイイ!

「信府統記」にも茶臼山城について記載があるが、「次の曲輪等ハ形崩レテ分明ナラズ」とあるので、この時点で既に主郭以外の郭は不明確に改変されていたようである。

IMG_5596.jpg
道路側から主要部分を撮影。この土手を登りたい衝動を抑えるのが難しい・・・・(爆)

小笠原長時の配下として稲倉城を本城とした赤沢氏だが、武田信玄の侵略時に武田方に降る。その後武田氏が滅亡すると小笠原貞慶の部将として刈谷原城主を命じられるが、天正十年(1583)に古厩氏・塔ノ原氏とともに謀反を企てるも事前に発覚し翌年松本城内で切腹となり赤沢氏は絶えた。

≪茶臼山城≫ (ちゃうすやまじょう)

標高:720mm 比高:55m 
築城年代:不明
築城・居住者:赤沢氏
場所:松本市浅間温泉
攻城日:2018年3月17日
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:無し (道路が狭いので路駐は広い部分へ)
見どころ:特になし
注意事項:不法侵入禁止。配水池も立入禁止。
参考資料:「信濃の山城と館④松本・塩尻・筑摩編」 (宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
付近の城址:横谷入城、伊深城、早落城など

IMG_5593.jpg
東側斜面の堀形。かつての登城通路だった可能性もある。

スポンサーサイト

Posted on 2018/03/21 Wed. 14:58 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 横谷入城 (松本市浅間温泉)  |  「織田信長と上野国」 (群馬県立歴史博物館) »

コメント

茶臼山城の碑がたまらない。

お久しぶりです。美濃の久太郎です。
こちらはお仕事がかつてない多忙で困っています・・。
そのためノックダウン寸前のところでゴングに救われて、なんとかコーナーへと戻ってこれる様な感じの生活です・・。(ちょっとなに言ってるかわかんないですよね)

茶臼山城の碑がいい味を出していますね。看板もコンパクトにまとめてあり充分なんですが、・・あってほしくない看板もあるもんですね(笑)。
中に入りたいお気持ち、よ~くわかりますよ!

以前、ある邸内の城跡で自分は地主さんに菓子折りを抱いて頼み込み、特別に敷地に入れてもらった記憶もございますね(笑)。
なぜなら、その敷地内に密かに城址碑がある、という伝説をキャッチしたからです。結果は・・?またいつか記事にしたい、と思っております。

落ち着くまで記事も書けそうにありませんが、らんまるさんのブログだけは楽しみにしていますよ!

では、また。

らんまるさんへ #- | URL | 2018/04/08 23:57 * edit *

Re:久太郎様へ

と、なんだかんだ言いつつ、しっかり記事を更新されているので「まだ生きてるんだー」と不謹慎な一言が思い浮かぶ・・・(笑)

小生よりはよっぽど若いのだから、しっかりお国の為に働いてくださいませ!
そういう小生は、もう目一杯働いたのだから少しは休ませてくれ!と老体に鞭打ちSMを堪能しております・・そのうち蝋燭が登場する勢いでございますw

そんなことはさて置き(笑)、信濃の城の木製の標柱も朽ち果てております。辛うじて残っているものは、いぶし銀の味わいがあるのですが、判読不明になり城跡に横たわっている標柱も多々見かけるのでもう一花咲かせようと穴を掘り最後の威厳をお願いすることもあります。
何年か後の自分の姿とかさなり、はらはらと落涙すること数知れず・・・・

さて、GWは追撃の烽火を挙げて未踏の地に出陣しますか!!お互いがんばりまっしょい!!(笑)

らんまる #- | URL | 2018/04/09 21:45 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/910-a9a6a8c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top