FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0725

城山 (北佐久郡軽井沢町峠町)  

◆碓氷峠を見守る眺望に優れた烽火台◆

今年の酷暑は例年になく異常で、寒暖差で日中は気温が高くても夜になれば涼しいはずの信濃国でも寝苦しい夜が続いている。

避暑地の軽井沢も連日の最高気温は30度を超える日も多く、都会並みの人の群れが気温上昇に拍車をかけているようだ。

今回ご案内するのは、そんな軽井沢の旧碓氷峠の城山と呼ばれる見晴らし台(烽火台跡)である。

IMG_4986.jpg
碓氷峠の頂上に祀られる熊野神社。城山の対面に位置し神社の西半分は長野県、東半分は群馬県に地籍を置いている。

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (28)
お手軽に国境を楽しみたい方はこのプレートの上を反復横跳びすると良いだろう・・・(良い子はマネしないでネ・・・汗)

※この「城山」については、「定本佐久の城」(1997年 郷土出版社)のP172の解説を引用しますのでご了承ください。

【城山】

伝えられている城山は、旧碓氷峠の南西に位置している。現在は峠の名所の一つの見晴らし台となって多くの観光客が訪れ、一望千里の眺めをほしいままにする。
近くを通る碓氷峠は古い時代から交通の要所で、頂上には熊野権現が祀られている。この神社には正応五年(1292)奉納の梵鐘があることから鎌倉時代には鎮座していたと思われる。

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (25)
最近はパワースポットとして宣伝されているようで、この日も残雪残る中を女性グループがお参りしていた。

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (26)
熊野神社の狛犬。室町時代の作と伝わり長野県では最古の石造の狛犬だという。なかなか愛嬌があってほっこりする。

城山については、大正元年(1912))刊「かるゐざは」と昭和二十八年(1953)刊「町誌 軽井沢」のなかで、戦国時代に烽火陣営の設備があり非常時に備えた事、正平年間(1346-1370)峠での合戦に神宮滋野八郎一族三十余名が新田軍に属し戦った(太平記二十一巻)ことなどを紹介している。

IMG_4992.jpg
まあね、お賽銭箱が二つあるので両方入れないと霊験の効果が薄い(碓氷)かと・・・・(笑)

天文・永禄・天正にかけて城山を挟んで合戦があり、ここからほど近い陣場ヶ原では武田軍と上杉軍が大軍でぶつかりあったほか、近傍の烽火台の大塚山にも武田軍が陣地を構えた。
天正十一年(1598)には近辺の堀切で豊臣軍と小田原北条軍の合戦もあった。 ※刎石堀切参照

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (20)
熊野権現の登り口にある地図。陣場ヶ原(じんばがはら)という合戦場跡はこの私設し地図で初めて知った。

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (21)
堂峰番所とか坂本城とか懐かしい。

こうした戦の中で城山は砦の役割を持ったようである。
永禄六年(1563)武田軍から軽井沢の佐藤氏に上信国境の警備を命じた文書が残っており、砦と烽火台の役割を持ちつつ街道輸送の重要な拠点でもあった。城山はこのときも何らかの役割を果たしたものと思われる。

※以上、引用終わり。

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (17)
見晴らし台は大正七年に名古屋市の近藤友右衛門氏が独力で開発整備を行い、その後軽井沢町に寄付したという。

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (4)
城山の頂部。公園化により改変されたが、往時もかなり広い単郭である程度の兵数は収容出来たと思われる。

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (5)
味わいのある説明板。

IMG_4984.jpg
見晴らし台にも熊野神社同様のボーダーがありまして・・・。

IMG_4985.jpg
一望千里とはこのことかしら・・。

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (7)
それとも大江千里はニューヨークかしら・・・(笑)

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (8)
厳寒期の冬は使われなかったと勝手に解釈しているが、どうであろうか。

古くは関東から京へ通じる東山道の要衝、江戸時代には江戸に繋がる北国街道の要衝として関所が置かれていた。

最近、城山の近くの碓氷峠にて織豊時代の陣城発見のニュースが世間を騒がせた。
小生もいの一番で陣城の調査に訪問した・・・野次馬根性丸出し・・・(汗)

詳しくは⇒碓氷峠の陣城参照。

ここのロケーションは、碓氷の陣城も利用したと想定される。

景勝・利家そして昌幸も、ここに立ち、北条軍との戦評定をj開いたのかもしれない・・・

碓氷峠見晴台(軽井沢町) (14)
遺構らしきものは何もないのだが。

≪城山≫ (じょうやま)

標高:1204.9m 比高226m (矢ヶ崎川 二手橋より)
築城時期:不明
築城・居住者:不明
場所:北佐久郡軽井沢町峠町
攻城日:2016年3月6日 
お勧め度:★★☆☆☆ 
城跡までの所要時間:5分  駐車場:有り(有料なので手前の林道脇に路駐もあり)
見どころ:景色のみ
付近の城跡:熊野権現、碓氷の陣城、城尾根砦
注意事項:特になし
参考書籍:「信濃の山城と館① 佐久編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)、「定本佐久の城」(郷土出版 1996年)など



DSCF7145.jpg
軽井沢駅付近の大賀ホールから見た城山。
スポンサーサイト

Posted on 2018/07/25 Wed. 22:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 裾花ダム見学会 その1  |  水の手城 (リテイク 上田市東内) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/930-a5a1d0d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top