FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0802

裾花ダム見学会 その2  

◆結果論では語る事の出来ない緊急放流の判断の難しさ◆

冬場の山城シーズンに備えて二ヶ月前から毎朝4~5kmのジョギングが日課となった。出勤前にシャワーを浴びるのだが、汗が止まらず閉口・・・。平面の横移動のトレーニングが四乗の負荷のかかる縦移動の山城攻めに効果など期待できないのだが、ただデブ化しているよりはマシかと・・・(笑)

さすがにこの二日間は熱帯夜が続いているので、仕事への影響もあるのでジョギングは自粛した。

今回ご案内するのは、裾花ダム見学会の第二章で、裾花ダムと下流の発電所。

裾花ダム① (6)
長野県で一番古いダムながら、アーチ式を採用した美しさは今も健在である。

【裾花ダムのデータ】

所在地:長野県長野市小鍋
河川名:信濃川推計裾花川
型式:アーチ式コンクリートダム
ゲート:コンジットゲート×2門(常用洪水吐)
     クレストゲート×2門(非常用洪水吐)
堤高・堤頂長:83m・211m
総貯水量:1,500万㎡
管理者:長野県
本体着工/完成年:1964/1970

裾花ダム① (10)
裾花ダムのダム湖。

裾花ダム① (11)
ダム下流には副ダム、その先に裾花発電所。

長野県営のダムでは唯一のアーチ式コンクリートダムで、裾花川総合開発計画により設計された多目的ダムである。

平成7年7月11日から12日にかけて発生した長野県北部豪雨は甚大な被害をもたらし、長野市街地においては裾花川の洪水により長野県庁も浸水被害の一歩手前まで追い詰められ緊張が続いたが、奥裾花ダムと裾花ダムの連携により流入量を軽減して放流して、市街地を氾濫による災害から守った。

裾花ダム① (13)
赤色の橋は裾花大橋。

裾花ダムも見学会の参加者が多く駐車場もほぼ満車なのでびっくりした。

ド素人の小生にマンツーマンで裾花ダムの概要を説明して頂いた職員の方には重ね重ね感謝でございますw

「非常時には県知事判断でのゲート放流」というルールがありますが、一刻を争う場面ではいちいち県知事がダムに来るわけではないので、現場の判断に委ねられる。なので常に最悪を想定したシミュレーションに対処する方法を考えています」・・・この人たちなら命を預けても安心である。

裾花ダム① (15)

裾花ダムは奥裾花ダムよりも古いので、ダムの内部にトンネル通路は無く、「キャットウォーク」と呼ばれる壁面の通路でゲートや設備の管理が行われる。

裾花ダム① (7)
ダム操作室(2F)のある管理事務所。展示説明はこの事務所の2Fでした。

今宵はここまで。次回は裾花発電所ということで・・・。





スポンサーサイト

Posted on 2018/08/02 Thu. 22:24 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 裾花ダム見学会 その3  |  裾花ダム見学会 その1 »

コメント

昔は対岸の岩肌にまつってある
仏像に参詣する道があって
縁日はとてもにぎわったそうですが、
道が崩れてしまいお祭りも寂れてしまったそうです。

遠くからでも見てみたいと思っていたのですが
いい場所がなくてあきらめていたのですが
見学会に参加すれば見れそうですね

丸馬出 #- | URL | 2018/08/06 05:36 * edit *

Re: 丸馬出様へ

いつもコメントありがとうございます。

裾花渓谷にそのような場所があったとは知りませんでした。
善光寺平から陣場山の地蔵峠を越えて戸隠に下りる山道は、信仰の道として栄えたのでしょうか。

旧鬼無里村は桃源郷のような場所で、東京とか西京とか、いかにも都からの落人が命名したと思われる隠れ里のような雰囲気が魅力ですね。
神社仏閣巡りの心境には未だ至りませんが、「鬼女紅葉伝説」は小生を夢中にさせる要素が満載でしたよ・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2018/08/07 21:25 * edit *

洞窟を調べたら情報がありました
http://www.janis.or.jp/users/gann/tisitu/100sen/meisyo/mikamado.htm

ダムから少し離れた場所にあるようですね

丸馬出 #- | URL | 2018/08/11 07:00 * edit *

Re: 丸馬出様へ

貴重な情報ありがとうございました。

やはり、このあたりは鬼伝説なんですね。ご指摘の場所も戸隠や鬼無里の往復で何度も通ったのに迂闊でした。

信濃で「島流し」の刑といえば高遠や諏訪高島あたりを思い浮かべますが、平安時代は裾花川流域だった可能性もありそうです。

鬼女紅葉伝説は、そんな当時の背景がバックボーンにあったのでしょうか。

らんまる #- | URL | 2018/08/11 22:16 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/932-1441996e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top