FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1102

大明神山の砦 (高崎市倉渕町)  

◆VS北条の最前線に新たに築城された技巧的な監視砦◆

10月20日から山城シーズンのオープン戦として群馬県富岡市周辺の山城群を踏査したのだが、最後に攻め込んだ宇田城でチャドクガの幼虫群(毛虫)の衣類を貫通する猛毒毛のステルス攻撃に晒され腹部周辺が被弾、皮膚科で全治二週間の診断となった・・・(汗)

今回ご案内するのは、そんな一筋縄ではいかないグンマ帝国で「Powerd by 真田昌幸」と伝わる対北条軍向けの小さな要塞である。

IMG_4265.jpg
登り口は麓にある浅間神社なので迷う事はない。


【立地】

烏川の右岸、浅間神社の裏山の大岩壁の上に造られている。浅間神社の裏側より遊歩道があり、岩山の間を縫うように10分ほど登ると虎口がありそこから堀底道に入り、砦の中心まで遊歩道が整備されている。
チョッとやり過ぎの感はあるが、遺構を大きく改変してはいないので許容範囲かと・・・(笑)

大明神山の砦見取図①
小さいながら洗練されたそのフォルム(縄張)は一切の無駄がない。

IMG_4267.jpg
堀切㋑に入る部分は虎口となっている。

IMG_4268.jpg
かなり埋まってはいる堀切㋑。掻き上げた土で土塁を作りかさ上げしているのが分かる。

IMG_4270.jpg
西側の斜面に竪堀となる堀切㋑。

IMG_4273.jpg
堀切㋒。上巾8mぐらいか。

IMG_4274.jpg
南尾根の最終堀切㋓。この先は尾根伝いに登ると平場になる。城の搦め手と推定される。


【城主・城歴】

この城についての史料・伝承は不明。立地や縄張から戦国末期の姿を残していることから、この地域が緊張状態にあった天正十年頃、北条氏が吾妻侵入を進めたのに対して真田昌幸が気空いたのではないか、と推定されている。
天正十年、北条氏政は厩橋城に着陣し、岩櫃城攻めを始めるが、真田方の城代矢沢頼綱が諸将を要所へ配備してこれに備えている。大戸口へ続く権田・川浦は最も侵入になり易い地であるために大いに強化されたと思われる。

IMG_4316.jpg
削平された場所は郭2。三日月堀のような形状の堀切㋑に対して馬出のように張り出している。

IMG_4317.jpg
堀切㋐。郭1への切岸はかなり厳しい傾斜であることが分かる。

IMG_4319.jpg
主郭に通じる遊歩道。往時は縄梯子で出入りしたものと推定される。

【城跡】

主郭は山頂にあり、周囲にところどころ土塁が残るが全周せず東側には見当たらない。北から東方面の斜面は岩崖に囲まれていいるのでその必要はなかったようだ。
一段下は横堀㋐が取り巻き、郭2が横堀㋑に突き出る形となり、武田氏の三日月掘と馬出によく似た防御ラインを構成している。
このあたりの巧みな縄張は真田昌幸が武田流を引き継いでいるようにも思えるがどうであろうか。

IMG_4298.jpg
北側から見た主郭。

IMG_4293.jpg
主郭から烏川を挟んだ対岸の権田城を臨む。北条の侵入に備えた立地であることがよく分かる。

IMG_4292.jpg
主郭の北側は数段の段郭が残る。

IMG_4289.jpg
横堀㋐の北側の処理。かなり曖昧になっている。

力で押し寄せる北条軍にはゲリラ戦で対抗するのが効果的だということは、信州における依田信蕃との共同戦線で実証済みの昌幸である。敵の動きをいち早く察知し、先手を打つためにはこのような砦をいくつも臨時に築き出鼻を挫く作戦が功を奏したのであろう。

お手軽に登れて、made in Sanada の技巧がしっかりと味わえるお勧めの砦である。


≪大明神山の砦≫ (だいみょうじんやまのとりで 駒形砦)

標高:570m 比高:90m 
築城時期:戦国末期
築城・居住者:真田氏
場所:高崎市倉渕町川浦
攻城日:2017年12月23日
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:10分 駐車場:浅間神社の駐車場
見どころ:土塁、二重横堀など
付近の城跡:木戸沢番所、刀工権田屋敷、権田城、天狗山の砦、観音山小栗邸址など
注意事項:特に無いが、ガレ山なので足元や頭上に注意
参考書籍:「境目の山城と館・上野編」(宮坂武男著 2015年 戎光祥出版)



IMG_4296.jpg

スポンサーサイト

Posted on 2018/11/02 Fri. 21:26 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 駆逐艦 島風  |  郷士谷津の砦 (群馬県富岡市) »

コメント

紅葉が終わり、葉が散ると
山城シーズンの開幕ですね。
(落ち葉で滑るので、スパイク長靴が
安全でいいなあと思う今日この頃です)

さて、コノお城ですが
いいお城ですよね、
下調べなしに、突撃して
ため息が出たのを思い出しました。

ところで、松田館は再建するようですね。

丸馬出 #- | URL | 2018/11/11 09:50 * edit *

Re: 丸馬出様へ

藪の多いグンマの山城の中では見学しやすくて良い砦ですネ。

スパイクピン付きのゴム長はとっても重宝するのですが、保温性と岩場でのグリップ力に難がありますが仕方ありません。
手ごろな値段なのも嬉しいですね。

千曲市の松田館は再建してますね。前回の火災では一部の職員に行政処分を下したようですが、ほとんど公表されずに終わりました。5億円もかけた改修費は灰になったのに、千曲市の住民の方は温厚でとっても良い人が多いようです。
小生なら首長のリコール運動始めますが・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2018/11/12 07:54 * edit *

某 外資通販サイトで
「スパイク ピン」
と検索すると後付け用のピンが売っていました。

トレッキングシューズにピンを打つのも
いいかもしれませんね
(電動ドライバーがあると楽に作れるのかも)

丸馬出 #- | URL | 2018/11/13 05:24 * edit *

Re: 丸馬出様へ

スパイクピン付きゴム長でコンビニに寄ったら、ワックスがけした床で転びそうになりました。
日常生活では除雪作業とか川掃除とかの限定した現場に限定されますネ。

宮坂武男氏はゴム長で山城探訪を実施されたとか。夏場は蒸れて辛いものがありますが、蛇や毒虫などの攻撃を防げるし浅めの沼や河川も平気なので重宝したとおっしゃってました。やはり神は偉大ですw

らんまる #- | URL | 2018/11/13 07:51 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/948-9c4bf43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top