FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1223

平井城 (群馬県藤岡市東平井)  

◆関東管領山内上杉氏の居城◆

最近は碓氷バイパス経由で群馬の山城を適当に巡って、内山トンネル経由で佐久を通って帰還するルートを多用している。

今回掲載した平井城は、関東管領の居城として有名なので小生が記事にするまでもないのだが、たまたま通ったら看板があってそこが平井城だったというだけの事です・・・(笑)

平井城 (33)
これだけ旗指物が林立していれば、チョッと寄ってみようかって気になりますよネ。

平井城 (9)
史跡公園として整備されていて、解説版も読み易いので有難い。

【城主・城歴】

平井城は永享十年(1438)に永享の乱に際し、時の関東管領上杉憲実が、総社の長尾忠房に命じて築城したとされる説と、応永元年(1467)に上杉顕定が築城したとされる説がある。いずれにしても、天文二十一年(1552)の後北条氏の平井城攻めで落城するまでの約百年間、関東管領山内上杉氏の居城としての役割を果たしていたという。

【城の縄張り】

城の構造は、「庚申堀」と称される堀をめぐらし西平井の村落を取り込んだ「総構え(そうがまえ)」と呼ばれる構造で、城域の南端部の鮎川左岸の切り立った崖の上に、土塁及び堀により区画された通称「本丸」(主郭)があり、その西側に通称「二の丸」「笹曲輪」(副郭)などが配されている。
なお、平井城の背後には有事の際の要害城である金山城を「詰めの城」として配置し、周辺は帰属する国人や配下の部将が築いた、御嶽城、東日野金井城、一郷山城、東平井の砦、飛石(とんびいし)の砦など多くの城や砦により守られていた。

平井城 (7)
現地解説図より引用転載。

平井城 (2)主郭から見た残存する土塁。後方には詰め城の金山城が見える。

平井城 (3)
駐車場の生垣に土塁跡の標柱があってもピンとこないのは何故?

平井城 (8)
んーん、この地図を見ても往時の遺構が蘇らない不自然さは何故なんでしょうか・・・(汗)

平井城の第一期の整備事業は平成9年にほぼ完成し、発掘調査で判明した土塁や堀などが一部復元されたようです。それが現在の史跡公園の姿ですが、第二期計画は方形居館(正確には変則五角形の居館)と周囲の堀を復元する予定となっているようです。
現実としては、城跡の中心部を所有している地権者がこの土地で生計を立てているので、残念ながら実現はまだまだ先の話になるでしょうね。それでも、第一期整備事業に際して地権者がかなり協力したものと思われるので、とてもありがたい事です。

平井城 見取図①
白い部分は個人の所有地なので立入禁止。無理に復元し公園化する必要があったのかは疑問が残る。

グンマー帝国の城を語るには、どうも関東管領さんを避けては通れないらしい・・・(汗) 坂東武者もしかりかと・・・(笑)

平井城 (1)
まあ、確かに関東管領の居城としては、せめて本郭とその周辺が復元できれば実感出来そうですが・・・。

平井城 (16)
本丸南側には色々と並ぶ。関東管領の名と権力に執着した謙信公。この城址に執着したというのは本当だろうか・・・。

平井城 (21)
復原された堀と橋は少し離れた場所にある。

平井城 (32)
往時の遺構だと思い込んでいたが、復元された土塁だったんですねえ。

平井城 (30)
土塁の上部。今回の最初の目的地だった高山城が遠く見える。

グンマーは広いのだが、関東管領さんの居城は何故ここだったのか・・・謎は尽き無い・・・・(笑)


≪平井城≫ (ひらいじょう)

標高:144m 比高:-
築城時期:永享十年(1438)または応永元年(1552)
築城・居住者:関東管領山内上杉氏
場所:群馬県藤岡市東平井
攻城日:2018年12月1日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:有り
見どころ:土塁、堀切
付近の城跡:藤岡城、平井金山城、高山城など
注意事項:隣接する養豚場には入らない事。
参考文献:現地説明板

平井城 (28)
土塁の上から見た本郭内部。

スポンサーサイト

Posted on 2018/12/23 Sun. 22:22 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 2019年の初春によせて  |  龍岡城の東通用門 (移築 佐久市野沢) »

コメント

出発点

 私ががこの道にはいったのは、8年前の夏、バイクを買い替えた初乗りでこの平井城を訪れ、憲政公と駆け抜ける喜びに嵌ったのがきっかけでした。
 おもえば、あの日が人生の転換点(新人生の出発点)でした。

えいき #- | URL | 2018/12/24 14:51 * edit *

Re: えいき様へ

相変わらず精力的なご活動の由、痛み入ります。

てっきり越後のどこかの山城がルーツかと思いきや、グンマーの平井城だったとは人は見かけによらぬもの・・(笑・・・失礼)
小生の山城入門は松尾古城でしたが、「図解山城探訪」を読まなければ真田山城ツアー程度で終わった趣味だったのに・・・(笑)

関東の城攻めには関東管領は必須科目でしょうか。
貴殿と違い結構容量が小さいので、これ以上知識が詰められるか心配ですw

らんまる #- | URL | 2018/12/24 17:08 * edit *

大変参考になりました。

こんばんわ、らんまるさん。
今回の記事は群馬へ足を踏み入れたことがない自分にとっては大変参考になりました。
、というのはどうもこのあたりの関東の戦国史は苦手でして・・。

古河公方、堀越公方、小弓公方、山内・扇谷管領ですでにギブアップ。
そこに来て武田は上総と甲斐にあり、太田道灌はどこの誰?
上杉南下に離合を繰り返す周辺勢力・・。養子に行った北条息子たち・・。

すみません、もうゴチャゴチャでございます。
何度も読みこんだのですが時間が経つと忘れてしまいます(笑)。
早い話、今回のような平井城といったキーになる城址に実際足を運んでみる方が飲み込みが早いと思いました。そこから枝繋がりで探っていく方が自然と頭に入っていきそうです。

復元土塁、これはよくみると腰巻に石垣があってよくできてるな~と思いました。1周散策してみたいものです。

いつになったら行けるかわかりませんが、ジムニー車中泊は1日が限度だとわかりましたので無理かも。でもいつかは行ってみたいものです。

ありがとうございました。

久太郎 #- | URL | 2018/12/24 23:52 * edit *

Re: 久太郎様へ

きゅうたろうさん、コメントありがとうございますw

ご期待に沿えず、小生は全く関東の中世戦国史など欠片も分からないし、そもそも理解しようなどと云う向学心も持ち得ておりません・・・(笑)
平井城が関東管領山内上杉氏の居城だったなんて、お恥ずかしながら、今回の訪問で初めて知った次第・・・(汗)

関東の戦国史に詳しい研究者やアマチュアの城郭探訪者、そして坂東武者の方々からもお叱りを受けそうな勢いですw

家柄とか格式だとか官位だとか関八州に覇を唱えるとか訳の分からない事象に囚われている間に、関西から来た奴らに蹂躙されて気が付けば雑魚キャラに成り下がってしまった・・・ここ等あたりが真意かと・・・(笑)

それでも、グンマー帝国の山城は藪の多さに閉口しつつも素晴らしい遺構が多いのは事実ですネ。

最近は古墳群で再ブレークを模索しているようですが、謙信公の越山とか訳分からない背景を追うのをやめて純粋に山城(中世城郭)の遺構に着眼したらもっと改善されるような気がしています。

滝川一益が命運を賭けた神流川の合戦も、もっと知られて然るべきだと思うのですが知名度はいま一つですよね(笑)

らんまる #- | URL | 2018/12/25 20:25 * edit *

どっかの文献で読んだのですが
志賀城の笠原さんは
関東管領の力で関東から佐久に進出した土豪なので
なで斬りにされ、人質も売られたとか。

関東管領さんの本拠地は
東信地方と近かったんですね

丸馬出 #- | URL | 2018/12/26 05:18 * edit *

Re: 丸馬出様へ

笠原氏にそのような経歴があったとは知りませんでした・・・。

志賀城の籠城戦で関東管領から命じられて籠城に加わった高田父子の居城も訪れましたが、藪と竹林に埋もれてしまい全容を把握することは叶いませんでした。

岩殿城の対岸には「妾屋敷」と伝わる場所があり、討死した笠原氏の奥方が武田方の小山田氏に戦利品として身請けされ住んでいたようです。
志賀城が落城し、捕虜となった男は黒川金山の鉱夫として送られ、女子供は甲府に連れていかれて人身売買されたと伝わります。

やるか、やられるかの戦国時代にあって、略奪・強奪・人さらいは当たり前でした。平和ボケした我々の時代では想像も出来ない殺伐とした時代だったんでしょうね・・・。


らんまる #- | URL | 2018/12/27 20:37 * edit *

豚小屋

懐かしいですねえ。もう15年前に行ったきり。
風向きのせいか、豚小屋のほのかな香にうっとりして退散した記憶があります。まだ、健在なようですね。
所々に北側、西側にも遺構が散在していた気がします。
謙信さんはここにこだわっていたとは思えませんが、名籍を譲った「憲正」さんがこだわっていたのかな?
家を衰退させた武家の復権、再評価が最近多いですけど、あのおっさんは範囲外のようです。
真の愚将なのかねえ。
こういう人、上司に持った部下は不幸だったでしょうねえ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2018/12/31 10:37 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

御館の乱で景勝さんとの和睦交渉に出向いて道満丸とともに誅された方のお城がここだったんですネ。

関東武士の面々に総スカンを喰らって越後へ逃げ延び、謙信さんに家督と管領の座を譲渡しても、まだご自身に威光があると勘違いしていたんでしょうか。残念な御仁です。

それにしても、鎌倉府だの鎌倉公方、関東管領に堀越公方・・・関東の中世の動乱はさっぱり理解不能で時系列に覚えようなどという気にもなれません・・・(汗)

関東方面であーでも無い、こーでも無いとぐだぐだしてたら日本統一のチャンスも見失った・・・そんなところでしょうか(笑)

らんまる #- | URL | 2019/01/01 16:57 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/953-0d78021b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top