FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0103

2019年の新春によせて その2  

◆北信濃を代表する隠れた名城 その2◆

正月三が日の最終日。地区の新年総会があり滅多に昼間から酒など飲まないのだが、久々に楽しませていただいた。
さすがに酔いが回るのが早い・・・(笑)

せっかくなので新春初夢企画の第二弾を掲載しておきます。
前回ご案内した霞城とともにお手頃に訪問観察できる北信濃の石積み仕様の山城なので、お時間があれば是非お出かけください。

【鷲尾城】 (千曲市倉科)

●主郭を全周する石積み

鞍骨城の南西を守る砦で主郭は平石の石積みが全周している。古墳(倉科将軍塚古墳)を縄張に取り込んだ山城で、海津城(松代城)周辺の砦群と共に戦国末期まで改修されながら使われたと思われる。

IMG_9158.jpeg
ゆっくり休み休みで30分、せっかちに登れば15分・・(笑)

IMG_9162.jpeg
主郭の虎口は二段の石積みが築かれて厳重な防御体制を敷いている。

IMG_9163.jpeg
主郭の西側の高石積み。「折れ」を意識して造作されているが、霞城ほどの技術水準ではない。それでも圧倒される。

IMG_9164.jpeg
石積みは鉄炮を想定し関西から伝わった防御システムであろう。裏込めは無くとも切岸を利用すれば重厚な防御である。

IMG_9165.jpeg
城の正面(大手)は相当に厳しい防御であることは、石積みの高さで分かる。

IMG_9176.jpeg
主郭背後の石積み。もはや芸術品のようである・・・。

IMG_9178 (1)
鞍骨城と似た石積みの形式なので、ほぼ同時期で同じ意図をもって古い中世城郭が近代化への改修がなされたのであろう。

●主郭背後の堀切

IMG_9169.jpeg
信州の山城では定番の二重大堀切(主郭背後。主郭は右手になる)

IMG_9168.jpeg
同じ二重堀切を南側から撮影。

二重堀切の先には長方形の副郭があり、その先は三重の堀切で遮断する厳重さである。

IMG_9172.jpeg
堀切三本を撮影するのはチョッと大変。

IMG_9171.jpeg
堀切①を堀底から撮影するとこんな感じ。

堀切と土塁、そして段郭で構成されたオーソドックスな中世城郭が、鉄砲の普及とともに石積みによる防御を取り入れて急激な変化を遂げていく。
関東の「土の城」、関西の「石垣の城」・・・東日本と西日本の接点であった信濃は独自の城文化を形成していく・・・・。

これから信州の「お城ライフ」を始めようという方々に、いきなり「鞍骨城」とか、「尼巌城」はハードルが高いので「霞城」と今回の「鷲尾城」は小生イチオシのお勧め物件です。是非その目で体験していただきたい北信濃を代表する城として推薦します!

IMG_9157.jpeg
麓から見た鷲尾城の全景。

≪鷲尾城≫ (わしおじょう) 

標高:516m 比高:155m (大日堂下より) 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:千曲市倉科石杭
最新の攻城日:2013年12月31日
お勧め度:★★★★★ (満点)
城跡までの所要時間:20分 
駐車場:千曲市健康プラザの近くの公園駐車場を借用
見どころ:石積み、大堀切、古墳など
注意事項:石積みは脆くなっているので乗らない・足を掛けない・崩さない。
付近の城跡:天城城・鞍骨城・唐崎山城、妻女山、竹山城など


「S」は駐車場のある公園。登り口はそこから徒歩5分。
スポンサーサイト

Posted on 2019/01/03 Thu. 20:52 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 板鼻城 (鷹巣城 群馬県安中市板鼻)  |  2019年の初春によせて »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/955-ebbc764e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top