FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0116

航空母艦 祥鳳 (Hasegawa製)  

◆日本が喪失した最初の空母をサクッと作ってみた◆

プラモデルを作った方はある程度経験があると思うが、丁寧にとか、綺麗にとか、現物に近づけようとか思いながら製作していると、ついつい根気を詰めてしまい途中でストップしおて放置プレイになる。それどころか、購入したまま箱も開けずに放置(通称:箱積み)して、模型ショップ顔負けの在庫状態・・・なんて方もチラホラ(笑)

そういったお悩み対策として、「プラモの箱を開けて目に見える場所に置けば、その気になる」という説もあるが、完成するまでの道のりの遠さに自ら閉口し引き籠っている。ならば、多少手抜きしても見映えの良さで時間短縮すれば、生産性が上がるような気もする。

今回ご紹介するのは、「製作の時間短縮」にチャレンジした空母祥鳳(しょうほう)。

空母祥鳳 (1)
ベースキットは瑞鳳と同じ。デカールも選べる。

前回の空母瑞鳳を制作した時よりは技術的にも工具的にも若干進歩しているので、仮組みから下地塗装まではイッキに進む。

空母祥鳳 (3)
今回、下地塗装はオキサイドレッドのサーフェイサーでチャレンジしてみた。

空母祥鳳 (5)
調色して軍艦色をエアーガンで吹き付けるよりは、軍艦色のラッカースプレイを買って作業するのが楽だし安上がりだと最近気づいた(笑)

空母祥鳳 (6)
飛行甲板の塗装も「タン」のラッカースプレイで均一な仕上りに。

祥鳳だけでなく、珊瑚海海戦当時の翔鶴や瑞鶴も飛行甲板の前部と後部の対空防御兵器は極めて貧弱で、前方や後方から敵機に攻撃されたらひとたまりもない。

案の定、祥鳳は米軍の空襲により恰好の標的となり、無数の爆弾と魚雷攻撃を受け瞬く間に轟沈したという。

空母祥鳳 (8)
航空甲板の白線及び艦尾の紅白のデカールは非常にありがたい・・が、丁寧に作業しないと仕上がりを左右するので気を付けよう。

甲板両サイドの可倒式の5本のアンテナ(支柱)は作業中に破損するリスクがあるので、最後に接着するのが賢明であろう。
小生も誤って二本破損してしまった・・・(汗)

ここまで約2時間の作業。塗装の乾燥時間も含めれば上々であろうか・・・。艦載機はほぼ同等の時間がかかるとは覚悟していた。

空母祥鳳 (11)
附属のプアな艦載機もチョッと手を加えればそれなりの見映えになる。

【艦歴】

日本海軍では、いざ戦時となった時に短期間で空母に改修して戦力を補強できるようにするための、高速給油艦「剣埼」(つるぎざき 1番艦)と「高崎」(同型艦)の建造を計画した。「剣埼」は建造途中で潜水母艦として完成させることになり、昭和14年1月、横須賀工廠で竣工しました。同じく潜水母艦として計画されていた「高崎」が航空母艦「瑞鳳」として完成したため、「剣埼」も航空母艦に改修され、昭和16年12月、「祥鳳」と改名、翌年1月26日第一航空艦隊第四航空戦隊に編入された。

昭和十七年5月7日、海戦史上初の空母対空母の決戦となった珊瑚海海戦で米軍機動部隊の空母機による空襲により、4ヶ月あまりの短い艦命を終えるとともに日本空母の喪失第一号となった。

空母祥鳳 (13)
何かとマリアナ海戦まで活躍した瑞鳳と比較されてしまうが、結果として米軍の機動攻撃部隊の攻撃(魚雷7本、爆弾12発)を一手に引き受けて、瑞鶴や翔鶴を始めとするMO機動部隊の損傷を最低限に抑えた武功艦である事には違いない。

空母祥鳳 (14)
附属品とは思えない零戦21型と九七艦爆。

空母祥鳳 (18)
迷彩模様の九七艦爆。

【空母祥鳳 主要項目】 (建造時)

基準排水量:11,200t  全長:185m 幅(水線最大幅):18m 飛行甲板(長さ×幅):180×23m 吃水:6.64m
旗艦出力:52,000hp 武装:40口径12.7cm高角砲(連装×4) 
搭載機:艦上戦闘機(常用21機)、艦上攻撃機(常用6機/補用3機)
速力:28.0ノット
完成:1941年

空母祥鳳 (16)
総製作時間:推定4時間。

さっさと作るか、購入した金額に見合うように真剣に作るかは個人の自由だが、部屋に箱積みするぐらいならサッサと作るのが得策だと思うのだが・・・・(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2019/01/16 Wed. 22:00 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 金比羅山砦 (群馬県嬬恋村鎌原)  |  鷹の巣出丸 (群馬県安中市板鼻) »

コメント

勇気を出して艦模型コメント

こんばんわ、久太郎です。
艦船模型、かっこいいですね、らんまるさんの空母愛が伝わってきます。
出来栄えも素敵です。
このくらいの制作スピードでドンドン造船していくとコレクションとしても増え方が楽しいですよね。

私も高校生時代にはWLシリーズをよく組んだものです。
私は戦艦派だったのですが、中途半端な?航空戦艦が特に好きで、その影響で空母にも流れて「翔鶴」とか一生懸命作ってみた記憶が甦りました。(残念ながら結婚前に処分してしまいましたが・・)

らんまるさんのおっしゃる通り、上手に作ろうと気合が入り過ぎると結局作らずに棚の上の方に埃を被りながら、古びた模型ショップのようになってしまう・・。あるあるだと思いました(笑)
未だにガンダムのザクシリーズが綺麗なまま押し入れの中にしまってあるし・・。
・・ん?高知城プラモまででてきたぞ・・、いつ買った???(笑)
これ、本当に私が買ったのか?それさえも覚えてない・・。
・・こんな調子です。

さてさて、実は私の若い時、この祥鳳まだキット化されておらずフルスクラッチで挑戦してみようか・・と思いながら果たせませんでした・・。
史上最初の空母同士の海戦・・、小型空母ながら魅力的な武功艦に間違いありませんね。
米空母レキシントンを(結果)沈めた戦果と差し引けば日本に分があった感じですが母艦機60機の損失は・・痛いですね・・。

らんまる艦艇ミュージアムに見学に伺いたいくらいですね。
私も時間があったらまた模型を作ってみたいな~。
結構このシリーズ好きなんでまた頑張って組んだら見せて頂きたいものです。楽しみにしています。
・・あ、もちろん城のほうも・・。(;^_^A




久太郎 #- | URL | 2019/01/17 23:30 * edit *

Re: 久太郎様へ

なーんだあ、しっかり艦船ヲタクしてるじゃないですか・・(笑)

しかもしっかり珊瑚海海戦(Battle Of the Coral Sea)まで知ってるとは、「能ある何とかは爪を隠す」とはこのことでしょうか。
ちなみに、日米双方で戦った幾度かの海戦の名前で名称が一致しているのはこの珊瑚海海戦とミッドウェー海戦だけだそうです(らんまるの豆知識)

小生のプラモ歴は小学生の時でメインは第二次世界戦のドイツ軍の戦車たちでした。ヘタクソなのに町の模型店のジオラマコンテストに参加したものの、参加賞のみ・・(涙)お小遣い貯めても本体は高いし塗料や工具、パーツもお年玉でやりくりしても限界がありましたネ(笑)

艦船プラモデビューは何故かモーターで水に浮かぶ戦艦ミズーリ。戦艦大和とか武蔵とか全く興味なし。(どんな小学生じゃ)
アポロとか月着陸船も作りました。戦闘機も何故か第一次世界大戦の複葉機が趣味でした(玄人肌だったのか?)

小学校時代でプラモ歴は一旦終了しました。中学へ入って部活にのめり込んでヘロヘロでしたもの。

そんな小生がプラモ回帰のきっかけとなったのは戦艦三笠でした。某国営放送の「坂の上の雲」が大好きで毎回欠かさず観ておりました。その秋山真之が作戦担当参謀として三笠に乗っていた。その戦艦三笠の秋山真之のフィギア付き1/350の限定プラモを見かけて衝動買いした・・・そんな単純な理由でしたね(爆笑)
そこからぼちぼちと赤城、加賀、神通、山城・・・我が家の猫の奇襲を受けて初期の作品は全て大破されてしまいました・・。
その後「艦これ」で艦船マニアが増えて、それに伴いプラモメーカーも新作や従来品の金型をリニューアルして進化させてくれたのは驚きでしたね。

ハード面から言うと日本海軍は軍艦造りではピカイチでした。伊勢や日向なんて航空戦艦の発想は欧米じゃありえない。積む艦載機も燃料も無いのに最後まで空母を造り続けました。造船技術とその工期のスピードは世界一でした。
でもソフト面からいえば、経験を積んだ熟練パイロットは使い捨てだし、パイロットの養成や訓練も不十分だし人命軽視も甚だしいので、これじゃいくら空母が優秀でも肝心の艦載機やパイロット不在で勝てる訳ありません。

いやいや、長くなりました(笑)
小生のヘッポコピーコレクションなど人にお見せできるものではないのですが(いや、すでにブログに掲載してる?)、それなりに作ったもので公開に耐えられそうなものは何とか山城記事の合間に掲載しようと思います。


珊瑚海海戦・・・貴殿のおっしゃる通り史上初の空母決戦とはなったものの、艦載機の喪失と翔鶴の被弾大破(瑞鶴はスコールに隠れて無事だったが艦載機は喪失)は次のミッドウェー海戦に大きく影響したようです。作戦に参加予定だった翔鶴と瑞鶴は参加できなくなり、とどめを刺せずに生き延びたヨークタウンはミッドウェー海戦で蒼龍と飛龍を撃沈する活躍を見せました。(まあ、飛龍と相打ちのような結果でしたが)

色々と多趣味の久太郎さんなので、こういう趣味は人生の後半戦でも良いと思います。
貴殿の矢継ぎ早の城探訪シリーズも楽しく拝読しておりますw

らんまる #- | URL | 2019/01/18 16:57 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/958-99d5eb88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top