FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0213

仁熊城 (東筑摩郡筑北村仁熊)  

◆麓からの道も途絶えた隠れ城◆

2012年12月、我ら信濃先方衆は初めてこの山城に挑み天候の急変により挫折。その4年後の2016年11月に片道90分かけてようやく辿り着いた。

その時のオフショット記事はこちら⇒中信濃のラスボス仁熊城に挑む

あれから2年以上経過してしまい、記憶が確かなうちに記事にしておかないと後悔しそうなので、今回記録することにした・・(汗)

仁熊城(筑北村) (103)
城跡とは全く違う場所に平成23年に建てられた標柱。宮坂氏は平成10年に城址を比定しているが何故ここなのか説明して欲しい。

【立地】

筑北村と生坂村の境界に位置する岩殿山(1007.6m)が南北に形成する山脈の北側の中間点に位置する。山麓の集落の細田地区から直接見る事は出来ない。西側の丸山集落(現在は廃村)のある谷を挟んで生坂村側には大城と京ヶ倉が対岸の山脈に聳えて見え、古来より境目を見張る場所であったようだ。
現在、城址に通じるハッキリとした道はなく、麓の細田集落から鉄塔までの保安道を登りその先は尾根伝いに急峻な獣道を辿り、850mの三角点を目指す。その後尾根を南に縦走すると地理院地図の902m地点手前が城跡である。

仁熊城(筑北村) (98)
前回挫折したルートとは違うルートでチャレンジ。鉄塔から上には道形もなく獣道を這い上がる荒行(毎度の事さ・・笑)

仁熊城(筑北村) (102)
黙々と尾根を辿る途中で見える景色は疲れを癒してくれます。ここが中信濃のスクランブル交差点。

【城主・城歴】

「長野県町村誌」では「仁熊古城地 仁熊村ヨリ戌亥ノ方余廿町四十間、本城ノ平長七間、横三間、台所ノ跡ト伝ヘタル所アリ、今モ水少ツツアリ、戌ノ方ニ馬場ノ跡アリ、城ヨリ麓マデ五町四十間、東向ノ城ナリ、青柳伊勢守持チナリ、近江守清長ノ聟仁熊某ト云フ者居レリト云フ、此山松平丹波守領主ノ時ヨリ留山トナス」とある。この記載は「信府統記」の記述をそのまま記載しているという。

この記載から、この城は青柳城を本拠とした青柳氏が隣接する日岐氏との境界を監視する境目の砦として築かれたようである。南北を縦走する尾根伝いの道は古来より間道として利用されていたらしく、岩殿山を越えた南尾根には高松薬師城や高登屋があるので、ネットワークとして機能していいたことも充分考えられる。

仁熊城見取図①

【城跡】

尾根に何ヵ所かピークはあるが、縄張はいずれの頂点も使うことは無い。筑北村の教育委員会が標柱を立てた場所は三角点のある峰のピークの一つには違いないが、人工的な加工はなくただの素山で、素人目にもここが城跡とされた理由が分からない。
そこから二つのピークを越えて南下した尾根と沢筋が宮坂武男氏の比定する城跡で、ここは人工的な削平と盛土(土塁)、そして数段の段郭(居住空間)、井戸跡などがあり、明らかに城跡と判明する。

ここは、当初物見が置かれた単郭であった場所を切羽詰まった豪族が逃げ込み場所として居住空間を増設したものととらえてよいだろう。彼らの敵とは・・・・そう、武田晴信(信玄)であった。

仁熊城(筑北村) (15)
長野県町村誌に「馬場ノ跡」と記載された郭2。×3の北側に突き出した削平地である。

仁熊城(筑北村) (17)
土塁で目隠しされた郭1。物見郭を除けば城域での最高所に位置する。

仁熊城(筑北村) (30)
郭1の南側に削平された郭3が確認出来る。

最初はこの部分だけで物見として利用されていたと思われる。隣接する日岐氏(丸山氏)の領地とは険しい渓谷を隔てているので、攻め込まれる心配もなかったようだ。

仁熊城(筑北村) (37)
鞍部の郭4。ほぼ方形に削平されかなりの広さがある。ここから北西方向の沢に降るように数段の郭が造作されている。

鞍部にはこの城跡最大の広さを誇る郭4があり、そこから北向きの沢筋に向けて6段の削平地が確認出来る。日当たりはともかくとして隠れ家的な分譲地である。掘立建物をテキトーに造作すれば敵が通り過ぎる数週間ぐらいは籠れそうである。(チョッと冬は厳しいが・・・)
天水溜の井戸跡もあり、籠城が長引く事態になれば、最悪は南の尾根伝いに逃げる事も想定していたのかもしれない。

仁熊城(筑北村) (50)
大きさをお伝えする為ていぴす殿にご登場願ったが、段郭は居住性を持つ空間であった。

仁熊城(筑北村) (54)
居住区のある北側の沢は最終的に崖となり落ちるので、こちらからの侵入は心配ない。

仁熊城(筑北村) (57)
段郭も竪堀の調査もそうだが、「下りたら上る」という体力消耗は毎度の事ながらキツイ・・・(笑)

【物見砦からの景色】

縄張図にも描いたが、城域の南側の一段高い場所に周囲を岩場で囲まれた剥き出しの物見台がある。ここからの見晴らしは素晴らしいの一言であるが転落注意。
恐らく往時もこの隠れ小屋の物見として使われたのであろう。

仁熊城(筑北村) (80)
対岸には深い渓谷を挟んで、日岐丸山氏の物見砦である京ヶ倉と日岐城の詰め城の大城が指呼の間に見える。

仁熊城(筑北村) (83)
日岐領の北の砦である金戸山(かなとこやま)まで眺望できる。

仁熊城(筑北村) (85)
青柳氏の本城の青柳城も見渡せる。烽火が連絡手段だったと思われる。


【山岳信仰と山城の関り】

近年、山岳信仰を(恣意的に?)利用した山城の築城について掘り下げた議論を耳にするようになった。個人的にも中信濃の山城の多くはこの問題について避けて通る事は出来ないような気がしている。
ただ、何でもかんでも宗教と結び付けて考えるのは短絡的であるし、一時期流行った「神社・仏閣」=「豪族の居館跡」という裏付けのない安易な想定も危惧している。

しかしながら、信濃の山脈(やまなみ)は、北信濃の三大霊場(戸隠・小菅・飯縄山)に集った多くの修験者が己の鍛錬のために登り、縦走し修行をしている。信者も礼拝の為に山道を辿る事も多かったと伝え聞く。

この仁熊城(にゅうまじょう)も単なる逃げ込み城ではなく、こうした宗教に関わる山道を抑える為に構築されたと見れるかもしれない。その事は、小生の今後の山城を研究する上での重要な課題だと認識している。

仁熊城(筑北村) (3)
GPSによる仁熊城の座標。経験の浅い方は遭難の危険があるのでお勧めしません。


≪仁熊城≫ (にゅうまじょう 隠城・細田砦)

標高:870m 比高:200m(大日堂より)
築城時期:不明
築城・居住者:不明
場所:東筑摩郡筑北村仁熊
攻城日:2016年11月13日
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:90分 駐車場:無し(邪魔にならないように耕作地の脇に路駐)
見どころ:土塁、削平地、展望
付近の城跡:竹場城、安坂城、日岐大城、京ヶ倉、青柳城など
注意事項:事前の調査とそれなりの装備はマスト。道が無いので険しい山城探訪の経験値の無い方は御法度。遭難します。
参考書籍:「信濃をめぐる境目の山城と館・松本・塩尻・筑摩編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
Special Thanks:ていぴす殿

hikioojyo (41)
対岸の日岐大城から見た仁熊城。こんなショット撮るヤツの気が知れない・・・(笑)


「S」は駐車可能な場所。(付近にお住まいの方にはひと声かけた方が無難です)
スポンサーサイト



Posted on 2019/02/13 Wed. 22:06 [edit]

CM: 10
TB: 0

« 航空母艦 千歳 (AOSHIMA製)  |  金比羅山砦 (群馬県嬬恋村鎌原) »

コメント

信濃の国が恋しいです

雪の越後で信濃の山が恋しい毎日を過ごしています。
里とは違う空間に生きた人達がいたんでしょうね。
あの山と空と空気のなかにいると、人間を超えた存在を敬わずにはいられません。
しかし、このような記事を書く(あのような探検を行う)らんまるさんにも畏敬の念を抱きます。
ていぴすさん、弟かと思いました。

えいき #- | URL | 2019/02/13 22:31 * edit *

Re: えいき様へ

越後の冬は今年も厳しそうですね。越語の山城群も開店休業状態でしょうか。

このあたりの尾根は全て古道が通っていたようです。岩殿山は信仰の山ですから、信者も沢山登ったのでしょう。
一時的な逃げ込み城にしてはキッチリ削平してあるので、ある程度時間をかけたようにも思われます。

3/16に山岳会の講演会が例の西部公民館で開催されます。講師は平山先生で、小生とていぴすさんは参加する予定です。
講演会の前後で整備された飯縄城を平山氏と巡る予定もあるとか。ご検討ください。

戸隠の残った山城もなんとかしないといけませんが、雪解けのタイミングが難しいですね。

信濃の山と空はいつでも貴殿をお待ち申し上げておりますw

らんまる #- | URL | 2019/02/14 12:08 * edit *

面白い内容でした。

こんばんわ、ゲリラコメンテイターの久太郎です。

今回の仁熊城の記事はなかなか面白かったです。

城址碑がなんだか違う所に立ってしまっている点が残念ですが、これ岐阜県の「郡〇八〇市」でも横行しています。折角近くまで来ているのに違う所にあるというのは土地所有者様との折り合いでももあるのでしょうかね。(単に違うだけでしょうが・・)
訪城者の正しい判断も求められますね。

それから信濃の山城の眺めというものも素晴らしいですね。雪山がすぐそこまでに迫っているなんて、ちょっと美濃ではお目にかかれません。・・冬は寒そうですが。らんまるさんの城からのショット、どれも貴重な写真ですね、見ているだけで足がすくむような感じが伝わってきました。また城と城とのネットワークもよくわかりますよね。

あと、城と山岳宗教との関係性ですが、これ話すと長くなってしまのですが、当時の信仰を目的とした交通量というのは現代の想像をはるかに超えるほどの、かなり活発な風習であったことがわかってきていますよね。そういったいわゆるスクランブル交差点の頭上、あるいは参拝道をとりこむような場所に城と信仰施設が同期していたことは十分考えられると解釈しております。またそういった場所が烽火台や旗振場になった可能性もあるでしょう。そういったことを考察していくこともこれからの着眼点としては面白いかと思います。

あ、・・いろいろ書きすぎてしまいました。すみません!!!
返信コメはナシで結構ですよ!

私はいろいろな意味で今回の記事は勉強になりました。それが嬉しかったのです。
ありがとうございました!!また楽しみにしております!

久太郎 #- | URL | 2019/02/18 22:16 * edit *

Re: 久太郎様へ

毎度の事ながら、貴殿のコメントは励みになります。ありがとうございます。

明治からの鉄道の敷設が広がっていくと、峠を中心としていた人々の生活道路が大きく変わっていきました。
荷物の運搬手段も馬や牛から貨車に代わり、物々交換で栄えていた峠越しの交流も途絶えて行きました。

視点を変えれば、神仏習合の江戸時代が拡大解釈された明治の廃仏毀釈で人々は信仰という心の拠り所を徐々に無くしていったようにも思えます。私財を投じて山に神社が数多く勧進されたのも明治の初めですが、現在ではその大半が朽ち果てて土に還りました。

民衆の信仰心と中世の為政は綿密な関係にあるので、他国よりの侵略者はその地域の信仰を取り込まないと新しい領主としては認めてもらえなかったのでしょう。

万物に神が宿る・・・この日本人としての特性を通して往時の人々の暮らしと風情に思いを馳せる(チョッと何言ってんだかわかんない・・・笑)

コメントありがとうございました!

らんまる #- | URL | 2019/02/20 07:52 * edit *

岩殿山北部情報

らんまるさん、こんにちは。
先日、遂に私も仁熊城を陥落させました。
岩殿山から尾根伝いです。
979ピーク〜882ピークは絶望的な岩壁で、東側のみに何とか巻けます。
882ピーク〜902ピークは窓という岩壁と岩壁で遮断された所があり、東へ親畑方面へ尾根伝いに道が有りそうです。
902ピークから西へ尾根伝いに道が有る感じです。
城跡を越え、849.5ピークを過ぎ送電線鉄塔からは、東西に巡視路が延びています。
差切峡へ落ち込む手前まで行きましたが、仁熊城〜岩殿山迄のルートは相当に険しく、道も獣道程度でしたので、高松薬師城から岩殿山までは善光寺道が有ったのかも知れませんが、果たしてその先の仁熊城までは…?、と思いました。
善光寺街道からは北へそれてしまい、メリットも無い気がしました。
個人的には仁熊城は高松薬師城や高登屋物見、唐鳥屋城と尾根伝いに連携はしているものの、あまりにも困難なルートのため、少し独立して存在していたような気がします。

筑北衆 #- | URL | 2020/02/09 13:35 * edit *

Re: 筑北衆様へ

おお、それはおめでとうございます!!さすがは地元衆の比類無き働き、素晴らしい!

岩殿山から縦走ですか。小生なら間違いなく途中で心が折れていますね・・(汗)
ルートの詳細のご報告もありがとうございます。

我らも攻略ルートについては色々と検討したのですが、差切峡あたりの尾根筋も岩場で取り付けそうもなく、テキトーに中央突破と相成りました(笑)

貴殿の推察されるように、明科~岩州公園の古道はかなり往来があったものと思われますが、その先の岩殿山を越えるルートは修験者でもない限り信仰の道としては険しすぎます。岩殿寺までの善光寺古道は別ルートがあったのでしょうね。

仁熊城は、臨時の逃げ込み城・隠れ城の要素が強いと思います。山麓からも全く見えない場所にあるのもそういう意図が感じられます。上田市の沢山湖の奥にも馬伏城(まぶせじょう)という似たような立地と縄張の山城があります。この城もやはり麓からは全く見えない位置にあります。近くの女神岳城に立て籠って真田昌幸に反抗した斎藤氏の詰め城とかの言い伝えがありますが、一族郎党、足弱と呼ばれた女子供、老人の逃げ込み城でしょうね。(この城も結構やっかいな場所にあり、道もありません)

山城や砦と聞くとどうしても戦闘のため縄張ばかりを思い浮かべますが、とりあえず攻めてきたよそ者をやり過ごして隠れる場所も実はたくさんあったのでしょうね。戦国時代は謙信公だって攻め込んだ土地の領民を平気で人身売買してた時代ですから。

コメントありがとうございました。また色々と情報教えてくださいませ。

らんまる #- | URL | 2020/02/11 16:54 * edit *

今(先週あたりから)ガゼン興味を持っている所のひとつを、まさに今、素晴らしい記事で紹介して下さるなんて、神のタイミングだっv-237
と興奮しておりましたら・・・ちょうど1年前の記事でしたか。

それにしても、素晴らしい!ありがとうございます。

戦国時代の山岳信仰や山伏や・・・なんて聞くと信濃忍者を連想してしまうのですが。
そのあたりには仁科氏色が濃いように見えますし、麻績にも忍者っぽい名前がちらつきますし。
武田氏も滋野氏系も諜報部を重宝していたようですし。

筑北や麻績のあたりに禰津氏のゆかりが何かあればなぁ、と妄想しています。
神の如き知識をお持ちのらんまる様、お導きくださいv-353

ところで、
HAPPY VALENTINE'S DAYv-254




じろう #6G1pQkbg | URL | 2020/02/14 21:57 * edit *

Re: じろう様へ

バレンタインのお心遣いありがとうございますw

お返しは記事の更新ぐらいしか思いつかない昭和の古い時代の野郎でございます・・ご容赦くだされ・・(笑)

戦国時代と宗教、信仰は切っても切れない関係なのですが、そこに踏み込む歴史学者はほとんどいないようです。かなり難しい課題ですし、実態は雲をつかむような得体の知れない漠然とした世界なので成果が有られないというのが実情でしょうか。

松本市の会田虚空蔵山城や上田市の塩田城、飯田市の神之峰城などは発掘調査からも独特な宗教空間という位置付けが強く、地域支配の必要性から山城としての造作も兼ねたというのが小生の見解ですが結構難しい問題です。

古道、峠、往時の民衆の生活様式、風土、信仰・・・トータルで考えないと中世の山城の果たす役割すら見えない・・・そんな壁にぶち当たっています。さて、どうしたものでしょうか・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2020/02/17 22:24 * edit *

左ぜんくわうじ、右うへだ

らんまるさん、こんばんは。
先日、岩洲公園〜岩殿山、戻って伊切方面まで行ってきました。岩洲公園〜岩殿山の稜線突き当たりまでは快適な土橋状の踏み固められた往時の道が有りました。突き当たりはかやの峠で「左ぜんくわうじ、右うへだ」の標識があったようです。
左へ岩殿山まで行きましたが、やはり途中で岩壁に遮られ、大きく下へ巻きました。ちょっと普通の道があったとは思えませんでした。
戻って、たかうちば物見、高登屋物見、不寝見屋敷、物見岩と進みました。高登屋から不寝見屋敷間の大持峠に「左善光寺道、右伊切道」の標識がありました。
私が推測するには、伊切若しくは高登屋から別所に出て、その後西条城横の釜坂道を経て、西条、上田への道があった。また、善光寺道は、たかうちば物見から一石、大側沢を経て岩殿寺へ下りたのかと…でもそれだと左ぜんくわうじではなくなってしまう??…岩殿山を超えたのでしょうか…?謎です。
あと、伊切から先の物見岩、二見台、唐鳥屋城は青柳氏に属するのか、会田氏に属するのか…?
謎が沢山ありますね。

筑北衆 #- | URL | 2020/03/01 00:10 * edit *

Re: 築北衆様へ

凄い執念と脚力ですねー、脱帽ですw

「断崖の岩尾根を辿る命懸けの善光寺道」と、かの宮坂武男氏も図解山城探訪のコラムに載せておりました。
小生は岩州公園は、高松薬師城~猿が城砦までで、その先は未開の地でございます(笑)
確かに明科東川手からは河川の氾濫のある沢沿いの道を辿るよりは張り巡らされた山道が天候に左右されず安全なのかもしれませんね。そうですか、やはり岩殿山を越えるのは健脚をもってしてもかなり困難なんですね。情報ありがとうございます。

それにしても当時の信仰心とは、かくも危険と恐怖すら超越するものなんだと改めて思いました。信濃の山城を十年以上追い続けると、宗教や山岳信仰との関りも考えないと先へ進めなくなります。特に北信濃は三大修験道と言われる小菅山、飯縄山、戸隠山。ここに善光寺を加えるとモー大変・・(笑)

立峠を挟んだ唐鳥屋城と城二の峯(1040の三角点)は会田虚空蔵山城の支城と伝わるので、物見台までが青柳氏の南境目の砦でしょうか。たかうちばの物見は日岐丸山氏の猿が城砦と接する境目かと。

岩州公園にあるお宮の名が「ふんぐり冷やしの山の神」。あの絶景にふさわしい山の神の名ですね。

また色々と教えていただけると助かりますw

らんまる #- | URL | 2020/03/01 11:07 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/960-c7456395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top