FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0624

馬山西城 (群馬県下仁田町馬山)  

◆境目の城「城館セット第二弾」 その2◆

二度目のスマホの画面割れはフロントカメラ付近に留まっていたので、何とか2~3ヶ月は持つだろうと思っていたのが甘かった・・。
その日のうちに画面中央まで筋状のひび割れが侵攻してしまい、早急に修理しないと仕事にも影響が出ると予想された。

我が家の財務局に詫びを入れ、出費を抑えるためにネットを駆使して最安値の業者を探し当てて本日長野市へ。
現品を見た修理業者が一言「これ、インカメとセンサーも壊れてますね・・・、どうします?」

「えええ! 聞いて無いよオ! オオオオオオオオオオオオオオ!」

フロントカメラ①
正式名称は「フロントカメラ内側 イン 近接 明るさセンサー」 カメラが破損すると他のセンサーも動作不良となるらしい。

「時は私に眩暈(めまい)だけを残して 通り過ぎて行く」・・・その後の顛末はまた別の機会で・・・(笑)

今回ご案内するのは、前回ご紹介した馬山東城の詰めの城「馬山西城」である。

mayama jyou
馬山東城から見た馬山西城。東城の背後の堀切は黄色線のあたりと推定されているようだ。

【立地】

現在米山寺のある場所が馬山東城の本郭で、そこから南西の背後、鏑川との境にある「西城山」と呼ばれる山に位置する。
グンマーの城館は、城郭研究家の山崎一氏の比類なき調査記録が基本とされるために、山崎氏の提唱する「一城別郭」(いちじょうべっかく)という定義に従うのが慣例のようである。

この定義は結構厄介で、私流の解釈とすれば、それぞれ独立した縄張の城を通常は複合的に一つの城郭として運用するが、籠城戦になった場合、それぞれが独立の城として敵を引き受け、万が一片方が落城しても、残りの兵隊は残存するもう一つの城に落ち延び籠城戦を継続するという形態のシステムを指している。

IMG_0178.jpeg
馬山東城から大手道を登ると途中で道が不明瞭になるが、尾根伝いに進むと郭4が現れる。


馬山西城見取図①
この縄張図を見る限り、ここでは籠城という概念よりも物見・狼煙台としての機能とか、一時的に敵をやり過ごすという簡素な防御である。

【城主・城歴】

馬山東城でも触れたが、ここは関東管領山の内上杉氏配下の国峰城の小幡氏の支城として一族が守ったと思われる。さらに西側に位置する鷹ノ巣城と共に、下仁田の防衛拠点として城館一体型で築城されたと見る。
余地峠を越えて西上野攻略を進めた武田軍は、この街道筋の山城を改修して使用したが、鷹ノ巣城やこの城は改修の跡がみられない。

IMG_0182.jpeg
郭3と郭4の接続部分。

IMG_0184.jpeg
郭2と主郭の通路。これは後世に改変されたもので、本来の通路は西側を迂回して主郭の東下の郭に通じている。

【城跡】

楕円形の山頂には城跡碑と石祠が二基鎮座している。ここが主郭で東の尾根に四条の堀切を介して数段の郭が配置され、岩場の最終の郭8は鏑川沿いの街道の物見と推定される。
縄張りとしては単純で、堀切も単に尾根を区切るだけの意図で古い形式のようだ。

IMG_0186.jpeg
主郭に建つ城址碑と二基の石祠。

IMG_0188.jpeg
主郭の広さは12×11とかなり狭い。

IMG_0190.jpeg
主郭から東尾根に向かうと数段の段郭の先に現れる堀切㋐。

IMG_0194.jpeg
城域で最も長い堀切㋑。他の堀切に比較して多少長いだけで幅は狭い。

IMG_0197.jpeg
堀切㋒。

先日、南牧村の城址を探索した時に、「グンマーの山城って、尾根を最大限に使うのがセオリーなんだ」とようやく知った。

それが、山城を拡張していった産物なのか、意図せず防衛の為だけなのかは分からないが面倒な地域特性とも思えた(笑)

IMG_0200.jpeg
東尾根最終の最終堀切㋓。

IMG_0203.jpeg
郭7。東尾根では最大の面積を誇る。

IMG_0206.jpeg
東端の郭8には石祠が建つ。周囲は絶壁に囲まれた要害の地である。


≪馬山西城≫ (まやまにしじょう)

標高:334m 比高95m(道の駅しもにたより) 
築城年代:不明
築城・居住者:小幡氏
場所:群馬県下仁田町馬山
攻城日:2019年5月5日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:10分
駐車場:米山寺の駐車場を借用
参考文献:「境目の山城と館 上野編」(2015年 宮坂武男著 戎光祥出版) 
見どころ:城址碑、など
その他:登り口は耕作地の脇を通るので十分に注意すること。電流柵には触らない事。

IMG_0209.jpeg
郭8から見下ろす鏑川の流域。



スポンサーサイト

Posted on 2019/06/24 Mon. 21:23 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 田村の城山城 (下伊那郡豊丘村神稲)  |  馬山東城 (群馬県下仁田町馬山) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/972-2eec0eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top