FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0712

巻ヶ支城 (下伊那郡豊丘村神稲)  

◆巻ヶ城の南を守り古道を監視した砦◆

今頃気が付いたのだが、ブログを解説開設して十年が過ぎた・・・。

当たり前だが、開設当初の1年ぐらいは読者も近寄らず、ブロ友を申請しても返事など無く、似たようなブログの皆様にコメントしてもそっけない返事。

やる気だけが空回りして味気ない日々を過ごしてきたが、「読者を増やしたいと思うなら、記事の更新を止めてはいけない」と小生の尊敬する「城と古戦場」の管理人のマサハレ様に励まされ、気が付いたらここまで何とか続いていたという有り様・・・(笑)

IMG_0534.jpg
巻ヶ城の説明板は、何故か登り口ではなく、北側の芦部川の茶臼山城の登り口手前に設置されていた・・絶対にこちらからは登れない(汗)

今回ご案内するのは、前回掲載した巻ヶ城の古道を挟んだ南側に築かれた「巻ヶ支城」である。

巻ヶ城見取図①
今回は下側の支城の見取図をご参照ください。

【立地】

巻ヶ城との間に形成された洞を挟んだ南の小高い丘に築かれている。
古くは山田から笹久保を経て坂鳥峠を越えて北山集落を経由し唐松峠を越えて大河原に至る山道の入口を抑える場所である。

IMG_0533.jpg
巻ヶ城の説明板(拡大版)

【城主・城歴】

前回掲載した巻ヶ城をご参照ください。

DSCF3939.jpg
休耕地となった水田跡から適当に5分ほど斜面を登ると主郭の西尾根の削平された尾根に辿り着く。

DSCF3944.jpg
支城の唯一の西側の堀切。上巾は5m程度。

DSCF3948.jpg
主郭から見下ろした堀切。

DSCF3942.jpg
主郭と周囲を囲む帯郭との切岸。結構真面目に角度をキチンと付けている。

【城跡】

頂部に土塁を削り残した不正五角形を置き、その一段下の周囲に帯郭を配置した単純な縄張である。堀切で遮断した西尾根は造成途中で放棄されたのか、その必要が無かったのかは悩むところである。
山道の監視や取り込みというのは側面的な解釈で、巻ヶ城の弱点である南側の斜面の防御と水の手の防御の為に築かれたのであろう。

DSCF3943.jpg
堀切から見た主郭の土塁。

DSCF3949.jpg
主郭内部。

DSCF3950.jpg
主郭の東側の縁にある土塁。

DSCF3951.jpg
主郭と帯郭の接続部分(主郭から東の帯郭を見下ろす)

頂部に三方に囲むような土塁を設けた主郭を持ち、一段下に周回する帯郭を設けただけの山城である。
この縄張は、のちに紹介する巻ヶ城の北側に位置する「茶臼山城」と規模は違えど中々類似している事に気が付く。

DSCF3954.jpg
主郭の外側を巡る帯郭。削平がやや曖昧。

≪巻ヶ支城≫ (まきがしじょう)

標高:653.6m 比高85m(池の平より) 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:下伊那郡豊丘村神稲山田
攻城日:2017年3月19日
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:車から降りて15分ぐらい
駐車場:無し (麓の山田集落に路駐)
参考文献:「信濃の山城と館⑥ 諏訪・下伊那編」(宮坂武男著 戎光祥出版)
見どころ:堀切・切岸など
注意事項:特になし
Special hanks ていぴす殿



IMG_0529.jpg
取るに足らない城なんて無い・・・誰かが語らねば、その砦の存在すら忘却の彼方に消えてしまうという危惧を持ち続けたい。

IMG_0536.jpg
芦部川沿いから見た巻ヶ城。
スポンサーサイト

Posted on 2019/07/12 Fri. 22:01 [edit]

CM: 6
TB: 0

« 茶臼山城 (下伊那郡豊丘村河野)  |  巻ヶ城 (下伊那郡豊丘村河野) »

コメント

怪しい場所

455を下っていくと
段丘の端に崖城のような地形と
「城」という地名がありますね。

丸馬出 #- | URL | 2019/07/14 07:31 * edit *

Re: 丸馬出様へ

先般ご案内した「田村の城山城」のある場所が「城」という場所になるようですね。
城域もかなり広かったようですよ。

らんまる #- | URL | 2019/07/14 12:05 * edit *

ご無沙汰しております

らんまるさま

本当にご無沙汰しております!
小生の事をお書き下さりありがとうございます。

さて弊サイトですが、かれこれ2年近く更新しておりません 汗
(決して鬼籍に入ったわけではありません)

業務が多忙になったり、子育てが佳境を迎えたりで、城からは疎遠になる日々を送っております 涙

貴ブログを拝見して、信州の山城を懐かしく、羨ましく想う毎日です。
らんまる様と上田駅前で呑むという野望も叶えられずに悶々としておりますが、いずれ復活する日が来ると思いますので、その際は宜しくお願い致します!

ところで、この2年間でHP環境が非常に厳しくなってきました。サーバー閉鎖の連続です。
うちのHPも緊急避難したりしましたが、リンクなどめちゃくちゃで・・・。
今後、どうしましょうか・・・

「城と古戦場」の管理人のマサハレ #iXQNhkLY | URL | 2019/07/18 20:57 * edit *

10YEAR

らんまるさん、こんばんわ、久太郎です。

夏でもお構いなしに山城へ行く者ではございますが、この長梅雨で、おとなしく台所方として収まっている今日この頃です。

久し振りに小林麻美さんの『雨音はショパンの調べ』なんかを聞きながら
レコードで針を落として聴く音楽もいいものですね。

それはいいとして、ブログ解説10年ですか!
私は素直にスゴイことだと思いました。「気が付いたら・・」という感覚でいらっしゃるようですので、更新における義務感なんかが感じられませんね。自然に湧き上がる意欲の積み重ねなんでしょうね。
長く続けられる理由として、らんまるさんはきっと生活管理や体調管理もいいリズムでお過ごしになってみえるのでは?と勝手に推測しております。


さてさて、巻ヶ城とその支城を読ませていただきました。
私はこの地方の城は全くわかりませんので、ふむふむ・・といった感じで読ませていただいております。

この地方の城は全く無知なのですが、図面と写真の様子から感想ですが・・、この城は南北朝期の城をベースとしたと仮定して戦国期にやはり改修されてる様子が見られますかね。古道を挟んで街道通行に明らかな規制をかけているようですね。

伴野・林河原での合戦が付近であったようですし、その際にも利用されたのでしょうか?(らんまるさんの記事を読んで)豊岡村や大鹿村一帯の山深いところで何が展開されたのか、調べるの面白そうですね。

久太郎 #- | URL | 2019/07/18 21:44 * edit *

Re:マサハレ様へ

お変わりないとのご様子、まずは安堵致しました。

貴殿のHPに出会わなければ、小生のブログの10年も無かったので、久々の恩人からのコメントにホッコリしておりますw

只今絶賛、人生の踏ん張りどころ・・といった状況でしょうか。お楽しみはとりあえず後回しにして気張ってくださいまし(笑)

貴殿が危惧されているように、HPの閉鎖どころか、ブログでさえ終了という我々城郭関係者のSNS環境は厳しい問題に直面しています。このFC2ブログも将来は約束されていないので記事の閲覧数が広告収入と比較して採算割れするなら容赦なく閉鎖の憂き目となりましょう。私たちの努力なんてこれっぽっちも考慮されないドライな世界・・・(汗)

今のところ、お金を払って業者に頼んで独自のHPを構築するかないんでしょうね。

それか城好きが出資してNPO法人を立ち上げておのおののシリーズを保存し継続していく・・・この方法が理に適うような気もしますがどうでしょうか(笑)

らんまる #- | URL | 2019/07/18 23:01 * edit *

Re: 久太郎様へ

小生の救世主の久太郎さん、コメントありがとうございますw

徳永英明の「レイニーブルー」を聞きながら貴殿のコメントを読んでおります・・・名曲です・・・

実のところ貴殿の思うような地道な人間ではなく、結構適当でその場限りの偕楽に身を費やしてしまう飽きっぽい性格なのだと自覚しております。けれども自身が納得いかない部分があると、心身ともに根を詰めてしまうどうしようもない性分とも付き合ってきました。
なので、このブログが十年もの長きに渡り続くものとは想像だにしておりませなんだというのが正直な感想です・・(笑)

伊那谷の記事を読んでいただきありがとうございました。

南北朝の争乱も、源平合戦と同じく記録というよりは伝説に近い史実を含むので、伊那谷の城館が南朝方の拠点としての性格を持たせるには無理なケースも多々あるとは思うのですが、「浪漫」という抽象的な概念が支配する特殊な空間が時間を止めて存在するのも無理からぬことかと思っています。(チョッと何言ってんだかわかんない・・・笑)

久太郎さんには是非とも、美濃の緊迫した山城の数々をご案内していただきたいように思います。
地元の城は地元の方の解説に勝るトークはありませんもの・・。

らんまる #- | URL | 2019/07/19 21:00 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/977-b3f55638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top