FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1114

第26回 全国山城サミット 可児大会終了!  

◆持つべきは得難い「山城の仲間」だと再認識した二日間の山城サミット◆

前週の山城サミットの上田・坂城プレ大会から間髪開けず、続けて「第26回全国山城サミット可児大会」へ一泊二日で参加する。

来年の本チャンへ向けての視察と、初日の終わりに壇上に上がり次回開催地としての「えいえいおー!!」が有る訳だ・・(笑)

IMG_1998.jpeg

【初日】

数年前から、学術的研究とか史跡保存と地元民による整備の課題と称して活動してきた山城サミットが、最近は客寄せパンダ的な一大イベントで終わる傾向に対して最近は苦言が多いという。

今回も御多分に漏れず多額な予算計画に対してかなりの補助金を活用して実施され、圧倒的な集客と盛り上がり、お祭り騒ぎという目的は十二分に達成されたと思う。学術的分野と史跡整備、地元との共生に関しては深堀できたのかは疑問符が残る。

IMG_1997.jpeg
会場の外には特設のフードコートが並ぶ。いずれも昼時は長蛇の列であった・・・(汗)

会場内には、日本全国の山城のブースが設置され、現地のPRや物販、その城に因んだ発掘調査報告書や御城印などが販売されていた・・・凄い人数と活気には圧倒され、来年の上田大会は果たしてどうなるのか心配になるほどである。

なかでも小生が立ち止まって観察してのは、美濃金山城の再現ジオラマ模型であった。

IMG_1996.jpeg

twitterでもつぶやいたが、給湯器とかガス炊飯器で有名な(株)パロマに「ジオラマ倶楽部」なんてあるのは知らなかったし、こんな精巧なジオラマ模型を贈呈するとは太っ腹である。聞けば金山城だけでなく、久々利城もパロマ所有の山城で、整備に関しては強力な後援者であると聞く。いやいや、それだけでも充分な企業宣伝広告効果かと・・・・(笑)

山城サミットの可児大会初日は、会場の様子や講演会の内容について見聞するというのが使命でしたが、我ら信濃先方衆としては、空いた時間を活用してブロ友の皆さんと交流を深めるという第二の目的があった。

お昼休みに「久太郎の戦国城めぐり」の管理人の久太郎さん、そして彼の城友の日向さんと初顔合わせとなりました。

お互い初対面なのに旧知の中だったように全く違和感のない会話・・・凄い・・・・これが城好きという共通趣味の為せるマジック!

そして、まさかと思う九州は長崎からの「しんこうの趣味のブログ」の管理人しんこうさんのまさかの会場入りとご対面・・・。

「何もかも捨てて来ちゃいました!!」 そのセリフには、信濃先方衆も久太郎さんも日向さんも救われ、一筋の光が見えた思いでした・・・(爆笑)

【二日目】

美濃衆の久太郎さんと日向さんに現地の山城アテンドをお願いして山城ツアーの始まりはじまり。ここからはダイジェストで。

●美濃金山城 (可児市金山)

IMG_2003.jpeg

サミットの会場から9:00よりマイクロバスの送迎もあり、混雑が予想されたので8:20には先回りして到着したのだが、山城の入口の駐車場には止めさせてもらえず。
ここでは本丸の発掘調査の現地説明が10:00よりあるのでどうしても外せず説明会の始まる前の1時間ほどを久太郎さんと日向さんにアテンドしていただき、マニア向けの見学場所をご案内いただいた。

IMG_2004.jpeg
破城により崩された本丸手前の石垣。

IMG_2014.jpeg
本丸を周回する石積みも上部が人為的に崩されている。(この場所は普段見学者は入らないらしい)

IMG_2023.jpeg
標柱の左奥のブルーシートは発掘調査箇所。

金山城は信長の家臣森可成(よしなり)の居城で、可成亡き後は蘭丸(可成の三男)が城主となり、本能寺の変で蘭丸が討死すると海津城より美濃に逃げ戻った長可(ながよし 可成の次男)が金山城主となり、周辺の敵対勢力を次々に掃討し版図を拡大していく。

IMG_2033.jpeg
鬼武蔵と恐れられた森長可もこの景色をみていたのであろう。感慨深い。

IMG_2048.jpeg
物好き(?)しか訪れないという「左近屋敷跡」。読めなくなっている看板に「バイバイ哀愁デート」を感じる(田原俊彦?・・笑)

sakonn 1
左近屋敷の石垣と久太郎さん。こんな山猿軍団にお付き合いいただきありがとうございますw

金山城の発掘調査現地説明会も無事参加出来ましたが、その参加人数に驚きを禁じ得ない・・・(汗)

美濃衆に聞けば、普段は貸し切り状態の金山城にこれほどの見学者が来訪するのはかつてない山田ウインクかつて無かったそうです。城の遺構が変形しそうな来場者数も考え物かと・・・(汗)

IMG_2071.jpeg
出丸(駐車場)の石垣も必見ですw

●妻木城 (土岐市妻木町)

次に美濃衆お薦めの山城として、妻木城をアテンドして頂いた。この山城は、土岐氏の流れをくむ明智一族の築城と伝わるものの、実際には、明智一族の妻木氏が戦国時代に築城した事が明らかになり、織田方の城として武田に備えるために改修が続けられたようだ。

IMG_2074.jpeg
登り口から少し歩くといきなり現れる堀切。

IMG_2083.jpeg
「伝大手口」とあるが、ここは違うだろうという久太郎さんとの認識は一致。

IMG_2091.jpeg
堀の工事の際に撤去しようとした矢穴の跡が残る花崗岩。

花崗岩の天然巨石が累々と積まれた山での築城と改修工事はかなり難航したようで、特に堀の造成に関しては巨石の撤去作業では断念した矢穴跡や、転がる巨石にも矢穴痕が確認出来る。

IMG_2123.jpeg
天然の防御には違いないが、ドーザーもクレーンも無い時代にこの巨石を動かすのは相当な技術と人員を要したであろう。

IMG_2107.jpeg
本丸の石垣。発掘調査では建物の礎石が確認出来たという。

IMG_2118.jpeg
郭3からは妻木領が一望出来ます。「天下でも取りますか・・・」そんな気にさせる美濃晴れの空・・(笑)

●御殿跡・士屋敷址

妻木城の北麓には「御殿跡・士屋敷址(さむらいやしきあと)」があり、ここもアテンドいただく。最近見学者用の駐車場が整備されたようで、久太郎さんや日向さんもビックリしてました。「麒麟が来る」の効果は絶大なようで何より。

IMG_2126.jpeg

IMG_2129.jpeg
石積で区画された屋敷跡。

この場所は籏本妻木氏の陣屋や家臣の屋敷があった場所で整然と区画された石積、井戸跡が残る。

IMG_2131.jpeg
御殿跡の石段。

御殿跡①
御殿を囲む石積み。

妻木氏は関ヶ原の戦い(1600)に徳川家康に味方し、その戦功により土岐郡内7500石の交代寄合(参勤交代をする籏本)として、妻木陣屋を拡張整備した。しかし、万治元年(1658)領主の急死により後継ぎが無く、妻木氏を断絶となり妻木城は廃城となり、麓の妻木陣屋は取り壊されたという。

IMG_2137.jpeg
御殿跡に残る石組みの井戸跡。

●久々利城

守護大名土岐氏の一族で奉公衆(室町幕府の直轄軍)久々利氏が築城し居城としたと伝わる。
美濃国の国人や山城については全く不勉強なのだが、この城だけは見学しないと後悔すると言われていたので、美濃衆に無理を言ってご案内いただいた。

IMG_2145.jpeg
標柱マニアの久太郎さんに言われて撮影した城址碑。あたしゃそれほどこだわりはなのですが・・・(笑)

IMG_2152.jpeg
本丸の切岸と二の丸の切岸。非常に見易いのだが、ここまで伐木して整備してしまうと、果たしてその後をどうするのか心配。

IMG_2159.jpeg
本丸からの景観。確かに素晴らしい眺めで、ここを訪れた人々は満足するだろう。

初日の山城サミットの講演では「山城からの眺望がその城がそこに築城された理由を物語る・・」というような説明があった。

確かにその通りなのだが、だからと言って、現在の山城整備にそれを求めるのは違うと思う。

郭も、堀切も、切岸も、その役目を終えた山城を五百年の長きに渡り保護してきたのは針葉樹や広葉樹そして、名もなき雑木林である。それらのおかげで我々は遺構をこの目で確認する事が出来ているという事を忘れているように思うがどうであろうか?

IMG_2164.jpeg
久々利城の最高地点にある物見郭背後の二重堀切。根を残した伐木であるが、風雨に晒されてそのうち形が変わるであろう。

山城を整備している地元の皆さんからしたら、「素人が事情も知らずに何を偉そうに言うか・・・」とお叱りを受けると思う。

山城は近世城郭とは違い、非常にデリケートで簡素な造りである。その他大勢の物見遊山の一般観光客に見せる為の整備なら、止めて欲しいと切実に思う。地山のまま藪に埋もれて誰にも知られずにそのままが一番の保護と保存方法である。

今回はこの辺で止めておくが、その課題は来年の山城サミットで真剣に討議すべき課題だと切に思う。

「整備という名の史跡破壊」 どれだけの方がこの現実に気が付いているのか。

久々利城①
山城との共存は景観賞を貰う事ではなく、未来永劫に整備と保護を継続できるかという問題で本質を取り違えている。

今回、純粋に山城が大好きだという少年の心を持ち続けている久太郎さん、日向さん、しんこうさんに出会えて本当に良かった。

地元の山城に対する誇りと愛は、我ら信濃先方衆に勝るとも劣らない熱き心を持つ人たちである。

実は、妻木城散策の際に、「妻木城址の会」の方にお話を伺った。

最近、城址整備の名目で城跡の樹木が伐木され続ける嘆かわしい現状に心を痛めている。苗木城では地元からも反発の声が大きくなっていると聞き及ぶ。
ここの妻木城は、あえて伐採も伐木もせず最低限の整備でありのままを見て頂く姿勢をモットーとしていると。

「ありがたい・・・」小生は心からそう思った。 本来の山城整備とは、そうあるべきであろう。

まあ、難しい話はさておいて、今夜は素敵な城仲間との出会いに乾杯!!(⇐なんだかんだ毎日乾杯しているだろ!!笑)

IMG_2141.jpeg
御殿跡・士屋敷跡の遠景。
スポンサーサイト



Posted on 2019/11/14 Thu. 21:11 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 南真志野城 (諏訪市湖南南真志野)  |  大和城 (諏訪市大和・下諏訪町高木) »

コメント

お城もお腹も腹いっぱいでしたね~!

らんまるさん、こんばんわ!
長旅の疲れも抜けないうちの新記事アップに脱帽しています。
しかも今回の山城サミットと我ら美濃衆と肥前からの旅人しんこうさんとの三国同盟による山城散策紀!
本当に楽しい夢のような2日間でした。ていぴすさんともお会いできるなんてもうキセキのようでした。

山城サミットの可児大会、会場の様子や講演会の内容についての勉強会という主目的、参考になられたでしょうか?
可児市は可児市、上田市は上田市(坂城)のやり方があると思います。お祭り仕様にしなくても、派手な出し物はなくても、本当に山城が好きでそういった方々にこそ来ていただき、行く甲斐があるような大会になるといいと思います。
私(たち)は来年の上田は得意の1泊3日の予定で山城漬けになることを早くも誓いたいと思います!!

さて、東濃の山城レポートもアップしていただきありがとうございます!
なんかところどころで改めて名前を出されると恥ずかしいものですね💦

金山城は破城をうけているとはいえ、あの模型のような累々とした石垣があったのか少々疑問です。というのは谷筋や麓周囲に破棄された石垣の量と明らかに合わないからです。よそに持ち出されたとしてもその量には限りがあると思われます。地元の城を持ちあげたい気持ちは理解できますが、もう少し当時の検証現実を考えてみる必要があると思いました。

妻木城では、今後の山城管理の問題とされる伐採とのバランスを考えるいいモデル・機会だったと思います。我ら美濃衆が自信をもってお勧めしたかった城にここを選んだのはその整備が東濃地域で一番理想的であると思っているからです。私にとっても何度でも訪れたくなる城、それが妻木城です。

久々利城ではその対照的な整備ともいえるルート全整備が敷かれていましたね。山城とはどういったものか、全く無知の方にもわかりやすすぎるくらいの整備具合です。山城モデル、と言ってしまえばそれまでですが、なにはともあれ、ここまで整備された以上は今後は崩落防止や維持にどういった形で対処するのか、すでに課題としてほしいものです。

ざっと書いてしまいましたが、なにはともあれ、ご一緒できて本当に楽しかったです。
あの後、ご一緒した中華の食べ過ぎが腹に来てえらいことになってしまい悲しみTOOヤング(田原俊彦)(笑)!
でもどれもこれも素晴らしい思い出です。

またご一緒デキる日を心から楽しみにしております、らんまるさん、ていぴすさん、本当にありがとうございました!

最後に涙がでたのは、目にゴミが入っただけ!(笑)

久太郎 #- | URL | 2019/11/14 23:10 * edit *

Re: 久太郎様へ

こんばんわ。二日間お世話になりました!

信濃先方衆と美濃衆お二人+しんこうさんとのコラボによる抱腹絶倒の珍道中、楽しかったですw
終わりよければ全てよし。

この手のダイジェスト版ブログ記事はサクッと掲載できるのですが、本来業務となると腰が重い・・・(汗)
アリナミン7ZEROを飲んでも、先に進みません。ブログ記事が義務になっちゃいけないんですね、楽しまないと・・(笑)

可児市は投入する予算の大きさからかなり大規模な仕掛けになりました。上田市はあまり予算を掛けられない事情もありますが、そこは中身で勝負のようです。ご来場いただいた皆さんが笑顔でお帰り頂けるような満足度を目指したいですね。(⇐全く中身を考えていないのでテキトーな事をいっておるが・・・笑)

美濃衆お薦めの妻木城、良かった!地元の方に大切にされていることをとても感じました。
境目の城のなんともいえない緊張感と、関ヶ原の戦で岩村城と対峙するための拠点として大規模改修が突貫工事で行われたであろう歴史がひしひしと伝わってきました。

城跡を整備し後世に伝える情熱と努力は、セミナーからも現地からも充分感じ取れました。
が、このブームがいつまで続くのか、そして整備に携わる地元の方の団体が今後も維持できるのか?という遠くない現実もやはり考えないといけないと思いました。

地元のセミナーといっても蓋を開ければ定年後のヒマなご老人ばかり。若い人は興味があっても時間が無いし子育てに追われる。
保存会に参加しようものならせっかくの休日に駆り出される恐れもあるし、及び腰になるのは当たり前。
その辺の課題をクリアーする方法も考えていかないといけません。

近日中に「山城倶楽部 信濃先方衆」を立ち上げようと思います。

きわめて緩い規約で、信濃の山城とか城館が好きな方なら誰でも参加出来て、住所・年齢・性別・山城探訪の経験の有無は問わず。twitterで参加の有無を発信したら現在169名の反応・・・ウモさんも参加表明・・・意外といけるかも・・(笑)
会員証は特製「信濃先方衆」のマグネットステッカーのみで。(車の無い方はザック用の缶バッジとか)
会費はステッカー製作費用に充当するので500円ぐらいかな。ご意見お聞かせください。

それにしても昼飯は欲望にまかせるのではなく、身の程と胃袋の大小をわきまえないといけません。あとが大変・・(爆笑)
日向さんとかていぴすさんは若いから大丈夫ですが、我々は自重しないと・・・気持ちだけは若くても結構ですが・・・。

さてさて、信濃へのお越しを心よりお待ち申し上げております。本山城とか妙義山城とか・・・城は尽きない・・この事である。

ではまた!!

らんまる #- | URL | 2019/11/15 21:12 * edit *

山城サミット

ここでははじめまして。
久太郎さんのブログに時々出入りしているねんさいです。他の名前でもよかったですが、取りあえず久太郎さんの方と合わせました。
以前、宮坂武男、神で検索したらこのブログにヒットしました。同じ価値観を持つ方だと思っていました(笑)
可児の山城サミットはイベント自体は興味はないけど、久太郎さんや日向さんとの再会、らんまるさんと初めてお会いできるなら行きたかったですが、結局は無理でした。
2年前の佐野の山城サミットに行きましたが、お祭りでした。通常の百倍以上の人がいて、いつもの静かな城内の雰囲気はなく騒がしく、落ち着かなかったです。初心者や城の興味がない人のPRだと思っています。
母が長野県出身なので子供の時はよく帰り、長野県は第二の故郷だと思っています。その長野県の山城サミットは多少なりとも興味がありますが、あのお祭り騒ぎを考えたら躊躇します。それでも長野の城の神が参加されるのなら万難を排して参加するでしょう。宮坂先生は来年は御年88才なのでどうなるか心配です。長野県のゆかりのある人が活躍して山城サミットが成功するといいですね。
東信の方にいうのは何ですが、神も南信出身なので、松本の小笠原氏城館群で山城サミットを開催して欲しかったです(笑)
佐久は少し前に志賀城や平賀城に行きましたが、お住まいの上田周辺も砥石城や魅力的な城が多数ありますが、なかなか行けません。神の本が役にたっていない状態です(T_T)
信濃先方衆はいいですね。そうなると自分は諏訪衆です(笑)

ねんさい #- | URL | 2019/11/15 22:39 * edit *

全国山城サミット、お疲れ様でしたv-237

らんまる様の勇姿を拝見し損ねてしまいました・・・残念。
記事からも会の楽しさが伝わってきました。行きたかったな〜

全国の山城家の3次元の師となられたらんまる様の精力的な山城活動のおかげで、
今後一気に愛好家が増えそうですね!!

私も信濃を愛する在家(在宅)山城ファンです。
心は常に信州にありますv-238体は自宅です。
こういうのアリですか??

今年もてっぽうの季節に入ったとのこと、火器には武田もやられたと聞きますから、城攻めの際には御用心くださいませ。(釈迦に説法、になっちゃいました)
御武運祈りあげます!!




じろう #6G1pQkbg | URL | 2019/11/16 01:49 * edit *

Re: ねんさい様へ

初コメントありがとうございます。

ネットで知り合った方にお会いするのは中々勇気のいるものですが、幸いなことに皆さんとはすぐにその場で打ち解ける事が出来るので、有難い事です。
逆に「らんまる攻城戦記」というネームを冠しているのでジャニーズ系の美男子を想像されて拍子抜けする方も多いとか(笑)

信濃における宮坂武男教の信者というよりも狂信者(笑)として十年ぐらい布教活動をしてきました。
宮坂センセの功績は長野県ばかりでなく、中世城郭研究には十分すぎる一石を投じ、長靴行脚とも呼ばれる地道な活動は凡人の小生など足元にも及びませんが、宮坂センセの偉大な「図解山城探訪」をデジタル化してその功績を広め認知してもらいたいという願いでおこまできました。

山城サミットの上田でのプレ大会も当初は宮坂氏に講演依頼をして調整してきたようですが、先生の奥様の体調やご本人の体調を考慮し断念したようです。宮坂先生にはいつまでも長生きしていただかないといけませんので、仕方ありません。

さて、ねんさい様が憂慮しているように近年の山城サミットはお祭り騒ぎの傾向が強くなり、本来の学術研究とか地域に根差した保護活動の討論とは程遠い路線を走っているようですね。
小生は今回初参加で、過去の経緯は全く知らないので、何とも言えませんが、来年の上田大会から軌道修正を望む声が多いのも事実のようです。

最近の山城ブームに眉をひそめる方もいらっしゃるでしょう。私のように経歴僅か十年の「にわかファン」が知ったかぶりでブログを掲載している事を面白く思わない方も多くいると思います。
全てが、とは言いませんがこの手の研究会は新参者を拒否しハードルを上げ、閉鎖的な身内での議論に盛り上がる傾向が強いように思います。(私の勝手な邪推ならよいのですが・・)私の城仲間の多くは、私よりも経験も知識も豊富で全国区であるのに、そういった専門的な組織や集団には属することを嫌い、アマチュアのまま中世城郭の布教活動を楽しんでいます。

まあ、全く城に感心の無い連中がパリピのような乗りでイベントに参加している現状は軌道修正しなければいけませんが、間口を少し広げてあげる事でためらっている中世城郭の初心者の背中を押してあげる事も、このイベントの使命のような気もします。

来年の山城サミットが何で村上連珠砦?大小合わせて22ヶ所の山城群をどう取り上げるのか、そしてバブル景気の如くに膨らんだ盛大な打ち上げ花火化したイベントをどう軌道修正していくのか・・・課題は多すぎですが、やりがいはありそうです(笑)

ねんさい様の経験と知識で小生に折を見てアドバイスいただけると有難いので、宜しくお願いします。

「信濃先方衆」という言葉をtwitterの城好きの方の中で流行にしようと画策していて軌道に乗りつつあります・・。
今募集すれば会員数は200を超えるかと。長野の城が好き・・・それだけの入会要件にしようと思ってます(笑)

らんまる #- | URL | 2019/11/16 21:06 * edit *

Re: じろう様へ

いつもコメントありがとうございますw

美濃へは物見遊山の山猿軍団の一員で何しに行ったのか全く記憶がありません(笑)

それにしても美濃の山城の石垣のデカさはいつ見ても感動します。信濃の美濃も境目の城を守る連中の気苦労はいかほどかと。

山城ファンの皆さんにはインドアもアウトドアもないので、もちろん気持ちは信濃の山城はアリです。大丈夫ですよ!!

そうですね、昨日から鉄炮隊のシーズンインになりました。ご心配ありがとうございます。

ブログの更新を心待ちにしている方もいらっしゃるので、こっちも頑張らないと・・・(汗)

らんまる #- | URL | 2019/11/16 21:39 * edit *

森乱丸(蘭丸)は父親は槍の名手で武勇に誉れ高い可成、兄はかなりの乱暴者で鬼武蔵の長可、乱丸や弟二人も本能寺での奮闘して信長の殉じているので父や兄の勝るとも劣らない武勇に優れた武将だったと思います。当時の史料には美少年だった記述はなく、江戸時代の軍記物で美少年にされて、今では時代劇ではそれはお約束になりました。らんまるさんとお会いできる事があればどうなのか楽しみです(笑)
真田信繁こと幸村も大阪の陣の頃の書状から白髪が多く、歯も抜けて老化が著しいさえない男だといって歴史好きに嫌がられています(笑)
宮坂先生はまだ健在なので安心しました。宮坂先生でなくても、中世城郭研究会の三島さんがいましたね。長野県生まれの三島さんなら来年も期待できそうです。
山城サミットの規約を確認しました。本来とだいぶ違いますね。上田で本来のイベントに戻るのを期待しています。上田の次の福島のためにも流れを変えて欲しいです。上田ではフードコーナーは当然イナゴ、蜂の子、ザザ虫でしょうね(笑)
信濃先方衆はツイッターみたいなので、取りあえずツイッターも準備します。こちらとは違う名前になります。
ちなみに記載されているURLは自分が所属している研究会のブログです。見学会やセミナーの様子を自分が好き勝手に書いている非公式ブログです。

ねんさい #- | URL | 2019/11/18 21:01 * edit *

Re: ねんさい様へ

連コメありがとうございますw

信濃先方衆でありながら、小生の大好きな山城は美濃岩村城。ブログの名前は一時的に岩村城主が森蘭丸(乱丸)だったと聞いてそこから付けたもの。途中で変更するタイミングを見失い今じゃ長野の山城ブログで検索するとウザいくらいヒットするとか(笑)
先日お会いした萩原さちこさんも小生のブログの熱心な愛読者で、さぞかし管理人は奇人変人でおかしいヤツ(?)と思っていたようですよ。

三島さんも前日に山城をアテンドして色々お話しさせていただきました。長野県生まれではなく、東京生まれの東京育ちで現在は白馬村在住。プレ大会でも長野生まれと紹介されましたが「いつの間にか長野県生まれにしていただき光栄です」と。
だいぶお気に入りいただきまして、「あなたが長野県の中世城郭の会を立ち上げなさい」とまで激励されました。「もっと素人の皆さんが縛られずに気軽に入れる会を考えてみます」とお答えしておきました。

フードコートは昆虫たんぱく質祭りですか。いいですね。
最近は食虫文化も流行りのようなので違う趣味人の集まりになりそうです。小生は姿のある食べ物は全くダメですが・・(汗)

twitterで発信するようなったら結構タイムリーな反応がありビックリしました。
そろそろSNSから取り残されそうな世代なので、最後の悪あがきですね・・・ぜひフォローお願いします・・(笑)

らんまる #- | URL | 2019/11/19 21:34 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/991-62ca9a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top