FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1210

武居城 (諏訪市中州神宮寺)  

◆堀切が全く見当たらない山城◆

さて、話を諏訪編に戻そう。(←えっ、そんなにあっさりと戻れるんかい・・・汗)

未掲載で賞味期限切れの取材済みの山城を約300近く抱えて、これから記事にして何年かかるのかと思うと気が遠くなる・・・(笑)

千里の道も一歩から・・・(大江千里は好きでしたが、この千里はちょいと訳が違うよネ・・・)

今回ご案内するのは、全く堀切の「ほの字」さえ作られなかったらしい武居城(たけいじょう)。

IMG_1185.jpg
ここも御多分に漏れず城址の整備事業は地元の有志に頼る部分が多く、将来への継続性は不透明のようである。

DSCF4578.jpg
城跡までの道はダート(未舗装)だが、乗用車でも入る。路駐になるので大型車は厳しいかと思われる。


【立地】 ※諏訪市史より引用転載

中州神宮寺にあり、諏訪大社上社より東方茅野側へ四~五00メートル、西側(上社側)を女沢川、東側は西沢川の両河川の浸食によって形成された尾根の中腹の小峰(城ヶ峯)と、先端部の段丘上(武居平)からなる。
段丘北側は比高六~七十メーテル(鉄郎はいない)メートルの垂直的断崖が三~四00メートル続き、段丘上は長方形の平となっていて、城主の居館や家臣の屋敷地(保科畑の呼名が残る)があったと考えられている。

DSCF4579.jpg
「ショイビキ道」と呼ばれる竪堀状の材木の運搬道をしばらく登ると城域へ。

DSCF4580.jpg
長野県による支援事業として補助金を活用し整備された城跡には立派な説明板が立つ。

【築城と変遷】 ※諏訪市史より引用転載

築城については、「信濃国昔姿」に「神宮寺村武井城、後醍醐帝御代元徳二年(1330)諏方五郎時重(系譜は不明)鎌倉の執権北条相模守高土岐の聟と成り、信濃国を一円に得て當所武居に居城を構え在城す、(中略)時重は正慶二年(1333)北条一家滅亡之節鎌倉にて高時入道を介錯し其身も自害す、其後城主知れず」とって、鎌倉幕府の終末時に執権北条高時の厚遇を得て築城されたとしているが、築城の要因は他にもあったものと思われる。

DSCF4582.jpg
説明板の立つ主郭側面の段郭。

即ち幕府政治の動揺衰退の契機となった蒙古の襲来は、全国的に武士団の活動を活発化し、博多湾における蒙古軍との戦闘は従来の武装j強化の他に防御施設の築造の必要性を痛感させたものと思われる。
瀑布はその後も1300年頃まで鎮西探題を設置したり、異国警護番役を勤めさせたりして蒙古の来襲に備えていた。

武居城見取図①
北斜面に張り出す尾根を整然と段郭として整地している縄張である。

諏訪武士と幕府との関係は頼朝以来深いものがあるが、諏訪蓮仏入道盛重と執権泰時依頼殊に密となり、蒙古襲来時の諏訪神への期待は「諏方大明神画詞」の記載で判るし、北九州地方の諏訪神社分布の多いことにも関連して考えられている。
このような状況の中で諏訪氏は出陣より帰って、1300年前後に神社に近い好地形を利用して築城したものと思われる。諏訪地域の山城で築城年代の知られるものでは最古であり、上社に隣接し、片山の急崖・城ヶ峯・西沢・女沢など地形的要害に築かれた城であるが、時重の系譜は不明で、正慶二年鎌倉東勝寺で北条氏一門と共に滅亡すると一旦廃城となったと思われる。その理由も不明である。

DSCF4584.jpg
後方から見た主郭。

IMG_1189.jpg
「武居城跡森林公園」として整備された主郭。

その後、史料中にこの城が出てくるのは一世紀後半後の文明十六年(1484)、神長「守矢満実書留」で、前年正月神殿で惣領家を倒し支配権を握ろうとした上社大祝諏訪頼満は高遠に追われたが、この年五月三日伊那の軍勢三百騎ほどで杖突峠を下り、磯並・前山に魚鱗の陣を張った。同六日に片山古城を開いて立て籠もった。つまり中先代の乱後廃城となっていた武居城を修築して本陣としたものと思われる。

DSCF4587.jpg
耕作地化⇒公園整備により周囲が土塁で覆われていたかも不明な主郭。

これに対して惣領家勢は、安曇・筑摩の小笠原の援軍を得て干沢城・大熊城を両側として鶴翼の陣で相対した。戦闘の状況や結果について神長守矢満実、「非例下位殿為追伐御発向候間、当社定有御感應」と記しながら、結末については何も書き残していない。
そして「諏方御符札之古書」の文明十八年御射山明年御頭足の左頭条に「下位殿當郡大熊荒城取立候」とあり継満が荒城を築いており、翌十九年御射山明年御頭足の上増の条に「藤沢庄諏方信濃守継宗御勤仕」とあって高遠の継宗が御射山御頭を勤仕することになっている。(中略)

DSCF4594.jpg
主郭の切岸。

DSCF4608.jpg
北側から見た主郭の切岸と郭2。

廃城については天文十一年(1542)七月の武田信玄の諏訪攻略と、九月の高遠信濃守諏訪頼継の叛乱と相次ぐ二度の戦乱が考えられる。(後略) ※以上 引用終わり

DSCF4581.jpg
土橋というよりは、「一騎駆け」のような背後の尾根。

【城跡】

広大な主郭を頂部として北東の尾根伝いに五段の帯郭を重ねた連郭式の山城である。城内に通じる登山道は長大な竪堀のように思えるが、いわゆる「背負引道(しょいびきみち・・・薪などを背負いながら引き下ろす道のこと)」と呼ばれる後世の作業道であり、往時の遺構ではない。雨水の浸食による部分もあるようだ。

そして、この城には不思議な事に「堀切」と呼べる遺構が一つもない。
見取図には堀切っぽい図を示してあるが、一騎掛けの土橋状の痩せ尾根で、左右の沢は天然のものである。

DSCF4600.jpg
一見すれば薬研堀に見える。

DSCF4598.jpg
これだけの天然の沢があればわざわざ加工せずとも済んだのであろう。

諏訪地方の山城の多くは、フロント側を段郭を重ねて重厚にしている割には搦め手の防御は極めて脆弱である。(武田に改修された城は堀切を増設しているが)
武居城は背後の尾根伝いの山容の厳しさから堀切を必要としなかったようである。

DSCF4596.jpg
一騎掛けの痩せ尾根。逆に堀切を穿つよりは敵の殲滅には都合がいいかもしれない。

主郭から五段の段郭は往時の遺構らしいが、その先の北尾根と北東尾根の登山道沿いの段郭は後世の造成地だろうと推定されているが定かではない。

DSCF4602.jpg
背後を尾根伝いに登れば、高遠に通じる杖突峠に繋がるらしい。

城域の麓に広がる高台は武居平と呼ばれ、平時の居館があり近年の発掘調査では生活空間が想定される出土品が出たという。
城館一体型の遺構に対する否定的な意見が最近は多くなっているように思うが、平時は麓の居館、戦時は背後の詰め城に立て籠るという理に適った図式のどこがおかしいのか?甚だ疑問である。

DSCF4612.jpg
郭2と郭3。

DSCF4615.jpg
郭4。耕作地化による削平も考えられるので、全てが往時の遺構と見るのは無理がある。

DSCF4622.jpg
郭5から見た武居平の高台。

DSCF4624.jpg
結構広大な土地であり、板垣平に匹敵する。

鎌倉時代から続く築城年代の分かる山城は珍しいし、戦国時代に再利用されるケースもレアである。
通常堀切の存在が確認出来ない山城は否認されるケースが多いらしいが、この山城は別格のようだ。
公園化されて残念な部分もあるが、諏訪地方を代表する山城なので、近くにお越しの際は探訪をお勧めする。

IMG_1191.png
ジムニーで更に上の林道まで走ったのが赤い点線(笑)

≪武居城≫ (たけいじょう 片山古城 武井城)

標高:942m 比高:165m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:諏訪市中州神宮寺
攻城日:2017年4月29日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:15分
見どころ:段郭、一騎掛けの土橋など
駐車場:無し。


Ⓢは登り口。駐車場は無いので邪魔にならない場所に路駐。
スポンサーサイト



Posted on 2019/12/10 Tue. 21:11 [edit]

CM: 6
TB: 0

« 戸石城 リテイク①(枡形城)  |  心の師匠を案内して歩く信濃山城ツアー (番外編) »

コメント

らんまるさんこんばんわ。
「寒い夜だから」byTRFを聴いてしまいました。

武井咲ちゃんはカワイイですね・・、じゃなかった。(危ねぇ・・間違えるとこでした・・)

武居城、面白いですね、地形的にここには必ず堀切が、それも大堀切があってもよさそうな場所で、そこにない、といことは敢えて「堀らなかった」としか考えようがありませんね~。
確かに堀切、いわゆる最低条件としての守備的遺構、があってこそ山城とされる考えは多いですね。
けど、どうでしょう、それも主郭部の様相をみれば例外もあるということでしょうね。味方しか出入りしないという大前提のもと敢えて堀り切らず兵站の確保を優先するケースではしばしばみられるタイプですが、大体片側だけは掘り切ったり、片方だけ竪堀を落としたりはするものです。
ここでは一騎駆け、いわゆる細尾根を逆手にとって守りやすくしたと思われます。私の浅知恵では・・としか解釈できませんがね・・。
その代わりいざという時は尾根道に乱杭や逆茂木をこれでもかと寝せておけばよっぽど相手方の足は止められるわけですし、脇には薬研谷もあるようなのでそちらに追い落とせばいいのですから。

さて、あと「ショイビキ道」と呼ばれる竪堀状の材木の運搬道、これが我々を悩ます種であります(笑)。不自然な場所に竪堀があるのでよくみればこれが後世の山稼ぎの遺構だとわかるのですが、研究者によってはこれを当時からあった坑道とみて、図面に落とされるかたも散見します。「んな訳ないやん・・」と言いたくなるのですが、「じゃあ、100%そうじゃないのか?言いきれるのか?」と訊かれるのも困ります・・。

でもね・・。そういう方々に問いたい、坑道作る余力があるなら、もっと主郭部の造成や堀切のほうに手を回しますよねってこと(笑)。いずれにせよそれも後世の遺構なので我々が今日目にする遺構は様々な時代の爪痕が残っているという解釈ができるかどうかということでしょうね。

そんな見極めさえ楽しめるのが城めぐりの楽しい所でもあるのですが。

久太郎 #- | URL | 2019/12/14 22:25 * edit *

らんまるさん

こんばんは、しんこうです♪

お世話になった可児の山城サミットの楽しい余韻に長く浸る暇もなく、城友さんの話題は、横浜での「お城EXPO」。もう今週末なんですね。らんまるさんが行かれますか?
昨年はどういうわけか東京出張が入ったおかげで、奇跡的に参加させて頂きましたが、そんな奇跡は度々あるはずもなく、今年は長崎でじっとしています(汗)

信濃の地はまだ一度も足を踏み入れていないのですが、来年こそは山城サミットとあわせて、「全てを捨てて」参上する所存です(たぶん汗)

さて、武居城拝見させて頂きました。武居城にかぎらず、感じたのが、非常に遺構が見やすいですね、あんまり詳しくないですが、冬季に落葉する樹木が多いのでしょうか。九州では温暖であるためか、遺構がスッキリ見える山城は少なく、うらやましいです。それと、先週の攻城でも難儀したのが竹林。竹林は多くて困ります。

それと、お城の遺構に間違いやすいのは色々あると思いますが、「背負引道」というのは、初めて聞きました。長崎ではあまり聞かないですね。というか、特に長崎では長野県と比べて城の絶対数が違うためのような気がします。
長崎で間違いやすいのは、段々畑ですね。長崎は平野が少ないため耕作地が限られており、どうしても山の斜面に段々畑を作るケースが非常に多いです。
ただ、あまり山頂近くまで作るケースは見たことがないので、高い山城は見分けが付きやすいですが、丘陵地は微妙です。

次回は憧れの信濃の山城でご一緒させて頂きたく、その際は是非ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

しんこう #- | URL | 2019/12/15 21:38 * edit *

Re: 久太郎様へ

最近、小生もバットグローブを聴いておりまして、遠く懐かしいユーロビートとバブリーな時代を思い出しておりますが、我が人生にバブリーな出来事などなかったと打ちひしがれております・・・(笑)

武居城は、諏訪惣領家の本城だった上原城の造りによく似ていて、居館の置かれた板垣平と武居平もほぼ同じ図式のように思うんです。もっとも、上原城はその後武田による大規模改修で竪堀も追加普請され、郡代の拠点城として武居城とは比較にならない規模になりましたが、元々の縄張りは惣領家の第二の拠点として似たかよったかだったはずです。(らんまるの勝手な思い込み)

さて、諏訪地方の山城はご指摘のような「ショイビキ道」が多くみられ、時として塹壕じゃねえのか?みたいな深さを伴い林業が盛んだった名残りを多く見受けます。巨大な土塁を伴う竪堀みたいで歩いていると閉塞感が押し寄せます・・・(汗)
背後に堀切を穿つ必要が無かったんでしょうね、搦め手からの攻撃の可能性は低く、逆に退避道の確保でしょうか。ここから山中に入り、杖突峠を越えて高遠に落ち延びる・・そんな意図も感じられます。

ここも地元の方が整備してくれたようですが、その後の継続が難しいようです。どこも後継問題がネックのようです。
久太郎さんの仰せの通り、トレランとの共存の道を考えるのも方法の一つなのでしょう。待った無しの急務ですね。

らんまる #- | URL | 2019/12/16 07:29 * edit *

Re: しんこう様へ

しんこうさん、こんばんわ!

先月はプレ山城サミット大会、そして可児市の山城本チャンと好き勝手やりたい放題月間・・(笑)

そして今月は歴女の皆様のアテンドで二日間山城三昧。さすがにこれ以上の悪行は赦されずにこのところ年末へ向けて奥方の忠実な下部(シモベ)として反抗も出来ず篭の鳥状態・・・(汗)
んーん、年度内は打開策が見当たらずどうしたものかと・・・(笑)

長野県の山城は広葉樹に覆われている立地なので、葉が落ちると別世界です。遺構も見易いのですが、写真を撮っても茶色一色なので全くインスタ映えとは無縁の世界。雪が積もると、それはまたそれで遺構が強調されるのですが、真っ白な写真で何が何だか・・・(笑)

ショイビキ道って全国的なものかと思いきや、ここら辺の特徴なのでしょうか?
竪堀と間違うほどの深い塹壕のような道はつい遺構か?と勘違いします。
それと、信濃の山城はフロントを段々郭で刻み、背後を二重堀切で断ち切るのがスタンダードになってます。しかも堀切はW底仕様とか訳わかんない・・・

信濃の山城のアテンドはお任せください。いかに楽して現地へ到達するかを常に考えてご案内したいと思いますw

らんまる #- | URL | 2019/12/16 20:02 * edit *

諏訪の城、ありがとうございます!
今、自宅でゆっくり読ませて頂きました。
昨年末に超弩級の不幸があり全く元気が出ないのですが、早く日常に戻ろうとまずらんまる様の記事を読むうちになんだか楽しくなってきました。
今年は南信州や上田に行きたい気分になってきました。
どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。

じろう #6G1pQkbg | URL | 2020/01/06 20:52 * edit *

Re: じろう様へ

それはいけませんなあー。心が折れそうなときはしっかり休息をしましょう。

「止まない雨はない」「明けない夜はない」

小生の好きな座右の銘「臥薪嘗胆」(←いったいどんな人生を過ごしているのか・・笑)

心が塞いでるときは、ぶらりと城跡を訪ねて気分転換するのもいいですね。

今年も宜しくお願いしますw

らんまる #- | URL | 2020/01/08 07:33 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/996-bff51a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top