FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1221

戸石城 リテイク①(枡形城)  

◆地元で一番有名な山城を地元のヤツが撮影した写真の数々◆

さだまさしの「遥かなるクリスマス」を初めて知ったのは昨年のラジオ番組での事だった・・・。

2003年に起きたイラク戦争に対する反戦歌で、2004年の紅白歌合戦で披露されたらしいが、記憶に無いので見なかったらしい。

なので、この時期に流れる小生の定番の曲は「遥かなるクリスマス」となり、16年前と何も変わっていない世の中に悲しみを思う。

今回ご案内するのは、その知名度ゆえにまともな記事を書いていない「戸石城」のリテイクシリーズ第一弾の「枡形」である。

戸石城2013 (1)
金剛寺峠から南の尾根伝いに歩くと、戸石城の枡形と呼ばれる北端が見える。

戸石城(枡形城)
戸石城の最高地点となる北端に位置する桝形は前後を三条の堀切で穿っている。

戸石城2013 (2)
堀形と奥に見える桝形馬出の頂部

戸石城2013 (3)
搦め手の枡形の険しい切岸・・・というようりは「壁」(へき)。

戸石城2013 (7)
こんな残雪の中を城攻めするヤツの気が知れない・・・(笑)

この写真を撮影したのは6年前の2013年12月28日。光陰矢の如しだね。

確か金剛寺集落と米山城、金剛寺峠の街道を調べるために半日以上かけて歩き回り、やめときゃいいのに尾根伝いに戸石城へ突入した次第・・(笑)

雪と城跡のコントラストは案外マッチングする。枯れ葉一色の風景は、見た目は遺構が確認出来て嬉しいのだが、写真映えはあまり宜しくなく、家に帰って画像を見るとがっかりする・・(汗)

かといってあまり積雪があると、土塁の高さや堀の深さが曖昧になるので、薄化粧程度が良いかと。

戸石城2013 (8)
桝形城北側の絶望的な壁(切岸)。攻城兵は切岸からここまで辿り着いても石を落とされれば万事休すである。

戸石城2013 (9)
北側の馬出から見た堀切㋐(上巾6m)と枡形の主要部分。

戸石城2013 (11)
ここからは真田山城ネットワークが網羅出来る。

戸石城2013 (20)
桝形の主郭より北側対岸の馬出を撮影。

戸石城2013 (21)
馬出側から見た馬蹄形の本郭。(25×11)

戸石城2013 (22)
ここが一時期「本城」と呼ばれていた事が記載されている。宮坂武男氏も「図解山城探訪」では「本城」と表記している。

戸石城はご存知の通り、「戸石・桝形・本城」と呼ばれる3つの砦から形成される複合城だが、その周りの米山城、内小屋、飯縄城まで含めると巨大な一大城砦群である。

山城の本郭の位置については、最高所にある郭を指す場合が一般的なようだが、指揮所としての機能や防御性(要害性)、居住性も加味して総合的に判断される場合も多い。
戸石城の場合、中央に位置する広大な郭群が実質的な兵の駐屯地であり、その最上位の背後を堀切で守られた郭を本郭と見るのが自然であり、搦め手筋の最上位に位置する桝形城は最後の詰め所という位置付けであろう。

戸石城2013 (23)
戸石城からは坂城町方面が全く見えない。西側の柏山城を経由して村上連珠砦で繋がないと村上義清の本拠地まで届かない。

戸石城2013 (30)
本郭から南を撮影。本城への尾根は二重堀切で断ち切られている。

戸石城2013 (31)
桝形城の名前の由来は、虎口の形状からついたという。

戸石城2013 (35)
堀切㋑から見上げた桝形城の虎口。

その知名度ゆえに敢えてブログで取り上げる事は避けてきた。

でもね、こうして改めて細部まで見学してみるとパーツの構成一つ一つが「スゲー山城なんだなあ・・」と驚嘆しきり・・(笑)

≪戸石城 枡形城≫ (といしじょう ますがたじょう)

標高:825m 比高:195m(陽泰寺より)
築城年代:不明
築城・居住者:村上氏、真田氏
場所:上田市上野
攻城日:2013年12月22日 
お勧め度:★★★★★(満点) ここを知らずして信濃の山城は語れない
城跡までの所要時間:30分
見どころ:堀切、土塁、切岸、ロケーション
駐車場:有り(陽泰寺借用または米山城側の専用駐車場)


Ⓢは大手道からのルートで陽泰寺の駐車場。Ⓖは大硲(おおはざま)と呼ばれるルートからの無料駐車場。

砥石城跡 059
御屋敷方面からの戸石城遠景。「×金剛時峠 〇金剛寺峠」でした・・・(汗)
スポンサーサイト



Posted on 2019/12/21 Sat. 23:12 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 戸石城 リテイク②(内小屋とその周辺)  |  武居城 (諏訪市中州神宮寺) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/997-46110119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top