らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0428

地蔵峠長城塁壁への問題提起  

◆中世の遺構であるという判断には慎重でありたい◆

上田市真田町と長野市松代町を結ぶ県道35号線は、古来より「松代街道」と呼ばれており、戦国時代は北信濃の川中島と東信濃の真田郷を結ぶ戦略上とても重要な軍用道であり、江戸時代から明治維新にかけては地場の生活道路として住人が多く利用したという。(幕末に活躍した松代藩士の佐久間象山は、上田の大日堂の活文禅師の教えを乞うためにこの街道を馬で通ったという)

この街道の境目の峠は「地蔵峠」(じぞうとうげ)と呼ばれ、現在県道35号線の走る峠は「新地蔵峠」、それ以前の旧道の峠は「地蔵峠」と呼ばれ、ルートがいささか異なっている。

地蔵峠付近の地図
今回調査した「地蔵峠の長城塁壁」とその周辺の地図(国土地理院1/25000に加筆)

【地蔵峠長城塁壁とは】

以前より、「地蔵峠には峠を守る戦国時代の出城のような遺構がある」との情報がありマニアの間では噂になっていた。場所は不明であったが、6年前に小生も旧地蔵峠周辺を探索したがそれらしき遺構を発見することは出来なかった・・・。

「ガセネタだったのだろうか?」・・・・この話はそれきり忘れていたのである。

ところが昨年、真田丸ブームに便乗するように(?)新規に大量発刊された真田氏関連本を立ち読みしている最中に、偶然「地蔵峠の長城塁壁」の記事を見つけ購入した次第である。

IMG.jpg
2015年11月、宝島社より発刊された

この本のP73に「真田郷を守る西の防衛線 地蔵峠の長城塁壁」の記事と藤井尚夫氏の縄張図が掲載されている。

著者の二宮博志氏は「お城ジオラマ復元堂城郭復元マイスター」として全国区であり、城郭復元モデルの作製や、各地での講演会活動等に多忙を極める城郭研究のスペシャリストである。小生もその活動には心より尊敬の念を抱いている。

なので、地蔵峠の長城塁壁に関しては、小生も何の疑問も持たずに現地へ向かうことにした・・・・。

IMG_6800.jpg
第一次調査として向かった2016年11月29日は予想外の雪で断念。林道から見上げる塁壁は遺構を確証するに充分だった。

地蔵峠の長城塁壁
藤井尚夫氏の認定の遺構という前提。「真田三代 名城と合戦の秘密」(二宮博志著 2015年) P75の縄張図を引用転載。

【2016年11月29日 第一次確認作業】

場所の特定作業も含めて新地蔵峠から脇の林道に突入したが、数日前の降雪が予想外に積もっていたために遺構への立ち入りは諦め、周辺の間道の調査のみで終了した。
林道から見上げる塁壁は確かに迫力があったので、雪解けの調査が待ち遠しかった。

IMG_6802.jpg
垂直に近い壁(切岸)には、違和感よりもワクワク感が勝っていた・・・

IMG_6810.jpg
なるほど林道からは、藤井尚夫氏が作成した縄張図と同じ景色を仰ぎ見る事が出来る。

【2017年4月16日 第二次遺構調査】

満を持して雪解けの4月に再調査に入った。せっかくなので、ていぴす殿にも同行頂き全容解明をお手伝い頂く事となった。
縄張図を参照しながら、長城塁壁の西側からアタックを開始した我らは、腰の高さまで生い茂る熊笹を掻き分けて長城の後方になる小山の乗り越しまで登る。道形が残っているが、近世の耕作地に付随したもので、古道とは考えにくい。

地蔵峠長城塁壁探索①
地図上の直線破線はGPS測定用。小さな赤い点が点在するのは我々が歩いた道のりの記録。

林道から見えた立派な塁壁を探して斜面一面に生い茂る熊笹の藪の中をウロウロ。
ヘビが出回る季節に入っているので、もちろんスパイクピン付き長靴を履き膝下をガードしている。

IMG_1019.jpg
ここが虎口らしい。(ていぴす殿の立っている場所)

我々は昨年末に岩原古城の探訪時に熊笹との戦いを延々と1時間以上続けた経験があるので、この程度の笹薮には驚かない。あっちゃこっちゃ地図と睨めっこしながらようやく辿り着いた。

「んで、ここか??」

DSCF4264.jpg
林道側に対してせり上がるように盛られた土塁状の土手。(単なる笹薮に見えたらゴメンナサイ・・笑)

確かに縄張図の土塁と横堀(?)のラインはここらしい。

DSCF4265.jpg
引いて全体を撮影し補助線を加えると、こんな感じになる。

DSCF4263.jpg
虎口の拡大写真はこんな感じ。

土塁と横堀を辿ってみる。人工の工作物には違いないが、中世の遺構としては何かがおかしい。

「堀の中に轍(わだち)がありますねえ・・・」ていぴす殿が地面の笹薮を掻き分けて指摘する。

我々の目は「節穴」ということを自覚していても、土塁はこの作業道を開けた時に出来たものと推定された・・・。
そしてこの土塁と横堀を辿って東に下ると、林道に接続していたのである。

DSCF4262.jpg
地面には林業の作業道として使われていたと思われる轍(わだち)の跡が確認された。

では、百歩譲って、遺構の横堀に作業道を開けたという解釈があるかもしれない。だとしても、あの叩き土塁は整然としていてとても不自然なのである。

DSCF4267.jpg
桝形虎口の内部。窪地になっていて池の跡のようにも見える。

さて、肝心の枡形の内部と高台については自然地形に近いものであり、人の手が加えられたとは思えなかった。

繰り返すようだが、我々の目はアマチュアであり、節穴である・・(笑)

DSCF4269.jpg
窪地の横の高台。そう言われてみれば、そんな形に見えなくもないが・・・。

DSCF4270.jpg
高台の奥は地山となって奥の丘陵(小山)に続いている。

ここに砦を作る必要性について検証してみた。

●武田氏時代のノロシ山(844m)からの避難経路の途中の防衛ライン
●同じく武田時代の烽火台と推定される高遠山(1221m)の詰め所
●旧地蔵峠から保科地区(霜台城)への脇道の監視所

二宮氏は真田氏との関連を指摘するが、もしこの場所が長城塁壁なる砦であれば武田氏時代のもので、真田時代のそれは「猿ヶ城」と「弥六城」という見方が妥当であるような気がする。

今回調査した「地蔵峠の長城塁壁」について我々は肯定も否定も出来る立場には無い。
ここを戦国時代の遺構として世間に公表するには、証拠が足りないし現地調査もまだまだ不十分である。

長野県の中世城館館のリストにも載っていないし、宮坂武男氏もこの場所に関しては記事にしていない。

問題提起としてアマチュアの小生が批判覚悟でこの検証記事を載せておきます。

もしよかったら訪問して感想をお願いします。(夏場は訪問不可だと思われます)

そしてわれわれの目が節穴であったことを証明して欲しい・・・・(笑)

IMG_1018.jpg
長城塁壁の真実は何処に・・・。

Posted on 2017/04/28 Fri. 13:03 [edit]

CM: 6
TB: 0

0113

忌中  

先日、父が亡くなり喪に服しております。

忌中につき、2月22日までブログの更新は控えさせていただきます。

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

by らんまる攻城戦記管理人

閻魔大王1

Posted on 2017/01/13 Fri. 09:09 [edit]

CM: 6
TB: 0

0102

2017年の新春によせて  

◆山城探訪を始めてもうすぐ10年~小生の原点の城◆

新年あけましておめでとうございます。

毎年の事ながら、なかなか記事がアップ出来ずに「じれったい」思いをしておりますが、平にご容赦ください・・(笑)

実は小生、山城巡りをスタートしたのが2007年8月15日なので、今年で10年目となります。正確には数えた事がありませんが、今までに訪れた城は居館跡も含めて1,000を超えているものと思われます・・・。

全国を駆け巡る中世城郭の諸先輩方の足元には到底及ばないのですが、「千里の道も一歩より」と始めた山城探訪。

松尾城201612 (1)

20116年12月31日の大晦日ではあったが、ふと思い立って第一歩を記した松尾城を訪ねてみた。

松尾城201612 (4)
松尾城の登り口の日向畑遺跡周辺の石積み。10年前は崩れかけていたが、きれいに積みなおされている。

松尾城201612 (5)
登り口の日向畑遺跡は真田幸隆以前の真田氏の火葬骨を埋葬した墳墓跡らしい事が判明しているという。

では、ぼちぼち登城してみますか。

松尾城201612 (6)
最初に現れる秋葉社。まだまだ序の口ですw

松尾城201612 (8)
さらに高度を上げていくと強烈な岩場の連鎖。(岩尾根の左側にチャンと登山道があるのでご安心ください)

松尾城201612 (9)
尾根の両サイドはかなり傾斜がキツく、攻め上がるとしてもこの狭い尾根筋だけである。

さて、急斜面を息を切らして登っていくと、第一の城門(郭5)、その先に第二の城門(郭3)の石積みが威嚇してくる。圧巻の場面だ。

松尾城201612 (10)
郭5の石積み。中央に虎口が開いている。

松尾城201612 (13)
郭3の城門。侵入者を許さない威厳を持っているようだ。

松尾城201612 (14)
「馬場」と呼ばれる郭2。ここまでゆっくり登って約20分。

では、主郭と大堀切のご案内を。

松尾城201612 (15)
東側の段郭から見た主郭の石積み。社の設置で多少改変されているが往時の迫力そのままである。

松尾城201612 (16)
フォロワーさんが「屋代の鷲尾城に似ている」とおっしゃっていたが、同じころの同じドクトリンの技法には違いない。

松尾城201612 (18)
主郭の北側背後の石積み。平積みの石垣は100cm~150cmぐらいの高さで限界になる。

松尾城201612 (20)
周囲を総石積みで囲った主郭は圧巻である。

松尾城201612 (21)
主郭の内側から見た北側の石積み。背後の山に遠見番所がある。ここから片道60分程度で辿り着ける。

松尾城201612 (26)
主郭背後の上巾15mを誇る大堀切。長さ、深さ、角度とも申し分ない一級品である。

松尾城201612 (23)
東斜面を刻む大堀切。この先に水の手と搦め手道があり、麓の日向の居館に続いている。

松尾城201612 (27)
大堀切の対岸の北側からみた主郭背後。土留めの石積みが斜面を覆っていたようだ。

松尾城201612 (31)
北尾根は遠見番所へと続いている。最近、遠見番所巡りが流行っているようだが、充分な装備と体力で臨んで欲しい。

小生の山城のルーツは紛れもなくこの松尾城(松尾古城)である。

この時の大河ドラマ「風林火山」が好きな上司の命令で、なんとなく調査に出掛けたのが運命の出逢いとなったのである。

時々、慢心したり興味が持てなくなった時にここを訪れて当時の「想い」を振り返り、再びまだ見ぬ山城探訪への情熱と活力を戴くのである。

松尾城201612 (40)

≪松尾城≫ (まつおじょう 松尾古城)

標高:1033.7m 比高:211m
築城年代:不明
築城・居住者:真田氏
場所:上田市真田町横沢字日向
攻城日:207年8月15日、2012年4月8日、2016年12月31日 
お勧め度:★★★★★(満点)
城跡までの所要時間:20分
見どころ:郭、大堀切、石積の堡塁など
その他:いざゆかん、遠見番所へ・・(笑) 往復2時間孤独との戦いを楽しみましょう!!
参考文献:「図解山城探訪 第三集 上田小県資料編 宮坂武男著」「信州の古城」

松尾城201612 (1)

今年1年の皆さんのご多幸を草葉の陰からお祈りしております・・・(って、おい!縁起でもねえだろ!・・・笑)

Posted on 2017/01/02 Mon. 10:18 [edit]

CM: 10
TB: 0

1130

もうすぐ年内の信濃の山城は店じまいですよ!  

◆例年より早い冬将軍の奇襲攻撃にてんてこ舞いの日々◆

先週の11月24日の事前の長野県内の天気予報は、どこもかしこも「雪マーク」だった。

例年通りなら12月中旬くらいに夏タイヤ⇒冬タイヤに交換するのが慣例なのだが、「虫の知らせ」もあり、前日の23日の祝日に総員に登城命令を発令し一族郎党の車両の冬タイヤへの交換を終えた。

IMG_6788.jpg
オールシーズンタイヤといえども雪には無力です。昨年購入した油圧ジャッキは重宝してますw

小生の装甲車(笑)のタイヤは175/80R16というジムニー専用の特殊サイズなので、冬タイヤも夏タイヤもお値段が高い。
1台分のタイヤ購入価格で通常の軽自動車のタイヤ2台分が買える・・・(汗) なので財務省は「オカンムリ」な訳です・・(笑)

IMG_6789.jpg
ナットを締め過ぎないように適切なトルクで増し締めするのはプロの技です。

冬タイヤへの交換を終えた翌日の24日、天気予報が的中し11月の降雪としては記録的な降雪となった。
おかげで、普段は15分程度の通勤時間が90分となり閉口した。こんな日にノーマルタイヤで走る犯罪者には怒りの鉄槌を!(怒)

26日には武蔵国からの客人を案内して北信濃の山城を巡る予定でしたが、思わぬ降雪で滑落の危険もありやむを得ず中止の判断をするに至った。

信濃先方衆のスローガンは「安全は全てに優先する」  (どっかの土建屋さんも同じだったような・・・汗)

IMG_6792.jpg
富士見城周辺から見た25日(金)の小諸市内。晴天でも気温が低く雪は融ける気配など無かった。

週末は、先週の今原古城攻めでついにご臨終を迎えたゴム長(スパイクピン付き)を買い替えにホームセンターに行った。

普通の長靴よりはチョッと高めの3,000円程度なのだが、このゴム長は信濃の山城攻めには絶大な効果を発揮する優れた装備品だ。落葉の堆積する不整地や雨上がりのぬかった登山道、浅瀬の渡河、地面の見えない藪漕ぎなどにおいては登山靴を遥かに凌ぐ走破性があり、蛇や害虫から身体の膝下を守る高い防御力は登山靴のレインカバーの比ではない。

過酷な直登を日常茶飯事とする山城ツアラー必携の装備品としてお薦めしておきたい。

securedownload[1]
但し冬場の防寒装備はないので、厚手の靴下等による保温対策は忘れないで欲しい。

IMG_6796.jpg
ピン付きの底部。山林や不整地では無敵だが、鉄板路面やコンビニの床では滑るので転倒には充分注意して欲しい。


【未公開の長城】

せっかくゴム長を新調したので、懸案だった真田氏関連の長城塁壁の調査に出掛けた。

ここは宮坂武男氏の「信濃の山城と館」にも掲載されていない幻の山城だが、一部のマニアのみが認知している程度である。

小生も数年前に師匠のあおれんじゃあ様に教えて頂き、場所を特定しようと悪戦苦闘して遭難しそうになった苦い記憶がある。

小生が尊敬する「お城ジオラマ復元堂 城郭復元マイスター」の二宮博志氏が最近出版した本に偶然それを見つけたのである。

チョッと出掛けてみますか・・・(笑)

IMG_6798.jpg
林道脇から撮影した長城の塁壁と櫓台。存在感がハンパない。

IMG_6811.jpg
この林道の奥に長城に通じるかつての古道があるという。

林道を辿るのは四駆のジムニーなので問題ないが、この積雪と身の丈ほどもある熊笹藪では恐らく城の踏査は無理であろう。

「春まで待つのか?・・・・・・」  とりあえずこの日は撤収。

IMG_6808.jpg
結構な長さの土塁が続いているので、古道を封鎖する砦であったことが確認出来る。

この長城は、天正壬午の乱に際して、真田と上杉に軍事的緊張が走った際に、真田に関わる者が往還道沿いに新たに構築或いは元々あった物見砦を強固に改修したものだと推定されている。

そう、真田昌幸も北条氏の御坂城と同じ発想で峠を守る長城を築城していたのである。さすがパパ幸、凄いゾ!!。

IMG_6803.jpg
さすがにこの積雪と熊笹を突入する勇気はありません・・・(汗)

雪が消えるのであれば年内になんとか第一回目の調査をしてみたいと密かに思うておりまする。

クーさんも隠れていそうな場所なので、チョッと心配・・・・・(笑)

またそのうちにレポートでも。

Posted on 2016/11/30 Wed. 21:26 [edit]

CM: 4
TB: 0

1116

中信濃のラスボス「仁熊城」(東筑摩郡筑北村)に挑む  

◆四年越しのリベンジマッチ◆

2012年12月9日、仁熊城(長野県東筑摩郡筑北村)の攻略を目指した我ら信濃先方衆は、絶壁の岩壁に行き場を失い、迫りくる雪雲に身の危険を感じて撤退という苦渋の選択に甘んじた。

「ここで無理するより、いずれまた再起を計ろう・・・」

猿ごや (1)
2012年12月9日撮影。登り口の「笹ノ平」から仁熊城の大手口。

あれから四年の月日が流れた。いつか再攻略しようと思いつつ、巨大な岩壁の連続する城までのルートに確信が持てずにいた。
しかもこの城、厄介なことに麓からは全く見えない「隠れ城」なのである。宮坂武男氏以外に行った方はネット上誰もいないのだ。

「このままでは終われない・・・」

2016年11月13日、各個撃破を信念とする信濃先方衆のリベンジマッチを敢行する。

仁熊城(筑北村) (4)
行く手を阻む岩壁の連続。

【まさか1時間30分の激闘になるとは・・・】

今回は東の尾根または西の尾根伝いのルートも考えてみたが、国土地理院の地図でも途中の岩場が読めないので、鉄塔の保安道経由で再度正面突破と決定し攻城開始。

仁熊城(筑北村) (3)
この狭い岩と岩の間をよじ登るのだが、その先がどうなっているのかは登ってみなければ判断出来ないという過酷さである。

山城探訪に命を賭してはいけない・・というのが持論であるが、今回ばかりは正直「ヤバイ・・・」の連続であった。

「どの獣道(けものみち)が正解なのか?」  岩壁に突き当たってはトラバースを繰り返し、隙間を這うように登る。

水気を含んだ滑りやすい斜面を登りながら頭の中を去来したのは、「生きて帰れるのかしら・・・」 このことであった・・・(汗)

仁熊城(筑北村) (102)
途中の岩場から、見納めになるかもしれない雲海の絶景に心がしばし和む・・(笑)

悪戦苦闘して、我々は何とか第一関門である尾根北側の鞍部に辿り着いた。

休憩がてらに849.6mの三角点に登った「ていぴす」殿が、「仁熊城の標柱ありましたよ!!」と」叫ぶのである。

仁熊城(筑北村) (104)
三角点=山城跡という発想は安易だが、中世城郭専門研究員など不在の村の教育委員会としては自然な発想であろう。

仁熊城(筑北村) (1)
標柱のある場所のログ。仁熊城まではあと二つピークを越える必要があった。

来年あたり、筑北村の教育委員会に「仁熊城跡」の場所に関して異議申し立てを行おうと思うが、余計なお世話と一蹴されるかもしれない・・・現地調査で村の職員に遭難などされたら村としても責任の所在は免れないのであろう・・・・(笑)

さて、ここの標柱から本当の城跡まではさらに山を二つ越えるので30分以上かかった。そして念願の仁熊城に到着。

仁熊城(筑北村) (17)
小山を削り土塁を残した主郭。前後に数段の郭を繋げているが、堀切などない。必要もないのだろう。

圧巻なのはこの主郭の南側の沢沿いに展開する居住空間で、6~7段の大きな削平地が階段状に連なっている場所だ。

仁熊城(筑北村) (49)
城の中心部と接続する鞍部から南の沢沿いに居住空間が・・・

仁熊城(筑北村) (50)
居住空間を調査する「ていぴす」殿。大きさがおわかりいただけるでしょうか。

さて、あまり書いてしまうのもどうかと思うので、続きはまたいつか・・・(笑)

仁熊城(筑北村) (2)
仁熊城の位置はここ。麓からは見えない「隠れ城」だ。

仁熊城(筑北村) (116)
仁熊城の南側の堡塁からは東方面に大城・京ヶ倉(生坂村)が見える。ここが青柳氏の境目の城でもあった。

中信濃のラスボスをなんとか攻略したものの、退却に際して道をロスしてしまい、二人してあやうく遭難する寸前であった・・(汗)

久々に「命の危機」を感じた。

山城探訪は命がけより「安全第一」ですよ・・(笑)

詳細のレポートはお約束出来ませんが、またいつか・・・・(爆)

仁熊城(筑北村) (121)
無事に生還出来た後の昼飯は美味かった・・・(仁熊城の大手方面。麓から城は見えない)

Special Thanks:ていぴす殿

Posted on 2016/11/16 Wed. 07:59 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top