らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1116

中信濃のラスボス「仁熊城」(東筑摩郡筑北村)に挑む  

◆四年越しのリベンジマッチ◆

2012年12月9日、仁熊城(長野県東筑摩郡筑北村)の攻略を目指した我ら信濃先方衆は、絶壁の岩壁に行き場を失い、迫りくる雪雲に身の危険を感じて撤退という苦渋の選択に甘んじた。

「ここで無理するより、いずれまた再起を計ろう・・・」

猿ごや (1)
2012年12月9日撮影。登り口の「笹ノ平」から仁熊城の大手口。

あれから四年の月日が流れた。いつか再攻略しようと思いつつ、巨大な岩壁の連続する城までのルートに確信が持てずにいた。
しかもこの城、厄介なことに麓からは全く見えない「隠れ城」なのである。宮坂武男氏以外に行った方はネット上誰もいないのだ。

「このままでは終われない・・・」

2016年11月13日、各個撃破を信念とする信濃先方衆のリベンジマッチを敢行する。

仁熊城(筑北村) (4)
行く手を阻む岩壁の連続。

【まさか1時間30分の激闘になるとは・・・】

今回は東の尾根または西の尾根伝いのルートも考えてみたが、国土地理院の地図でも途中の岩場が読めないので、鉄塔の保安道経由で再度正面突破と決定し攻城開始。

仁熊城(筑北村) (3)
この狭い岩と岩の間をよじ登るのだが、その先がどうなっているのかは登ってみなければ判断出来ないという過酷さである。

山城探訪に命を賭してはいけない・・というのが持論であるが、今回ばかりは正直「ヤバイ・・・」の連続であった。

「どの獣道(けものみち)が正解なのか?」  岩壁に突き当たってはトラバースを繰り返し、隙間を這うように登る。

水気を含んだ滑りやすい斜面を登りながら頭の中を去来したのは、「生きて帰れるのかしら・・・」 このことであった・・・(汗)

仁熊城(筑北村) (102)
途中の岩場から、見納めになるかもしれない雲海の絶景に心がしばし和む・・(笑)

悪戦苦闘して、我々は何とか第一関門である尾根北側の鞍部に辿り着いた。

休憩がてらに849.6mの三角点に登った「ていぴす」殿が、「仁熊城の標柱ありましたよ!!」と」叫ぶのである。

仁熊城(筑北村) (104)
三角点=山城跡という発想は安易だが、中世城郭専門研究員など不在の村の教育委員会としては自然な発想であろう。

仁熊城(筑北村) (1)
標柱のある場所のログ。仁熊城まではあと二つピークを越える必要があった。

来年あたり、筑北村の教育委員会に「仁熊城跡」の場所に関して異議申し立てを行おうと思うが、余計なお世話と一蹴されるかもしれない・・・現地調査で村の職員に遭難などされたら村としても責任の所在は免れないのであろう・・・・(笑)

さて、ここの標柱から本当の城跡まではさらに山を二つ越えるので30分以上かかった。そして念願の仁熊城に到着。

仁熊城(筑北村) (17)
小山を削り土塁を残した主郭。前後に数段の郭を繋げているが、堀切などない。必要もないのだろう。

圧巻なのはこの主郭の南側の沢沿いに展開する居住空間で、6~7段の大きな削平地が階段状に連なっている場所だ。

仁熊城(筑北村) (49)
城の中心部と接続する鞍部から南の沢沿いに居住空間が・・・

仁熊城(筑北村) (50)
居住空間を調査する「ていぴす」殿。大きさがおわかりいただけるでしょうか。

さて、あまり書いてしまうのもどうかと思うので、続きはまたいつか・・・(笑)

仁熊城(筑北村) (2)
仁熊城の位置はここ。麓からは見えない「隠れ城」だ。

仁熊城(筑北村) (116)
仁熊城の南側の堡塁からは東方面に大城・京ヶ倉(生坂村)が見える。ここが青柳氏の境目の城でもあった。

中信濃のラスボスをなんとか攻略したものの、退却に際して道をロスしてしまい、二人してあやうく遭難する寸前であった・・(汗)

久々に「命の危機」を感じた。

山城探訪は命がけより「安全第一」ですよ・・(笑)

詳細のレポートはお約束出来ませんが、またいつか・・・・(爆)

仁熊城(筑北村) (121)
無事に生還出来た後の昼飯は美味かった・・・(仁熊城の大手方面。麓から城は見えない)

Special Thanks:ていぴす殿

Posted on 2016/11/16 Wed. 07:59 [edit]

CM: 6
TB: 0

1011

上野国をなんとなく放浪してみた  

◆寝ても覚めても気になる名胡桃城を訪ねて発作が・・・・◆

せっかくの三連休だったが、天候不良を言い訳にして「インドア派」として籠る予定が、「気にならないのか・・改変された(?)名胡桃城、行ってみようよ」・・(笑)

なので初日は強引な言い訳ついでに上野国へ進軍と相成った次第・・。目的は「名胡桃城」、そしてこの城を見ずしてグンマーの城を語るなと言われる「白井城」、それだけの予定である。


【八幡城】 (群馬県吾妻郡中之条町)

「八幡城?何それ?」 城址の看板を偶然に見てしまったので、引き込まれるようにハンドルを切り林道を走る・・・(笑)

八幡城(中之条町) (12)
笹薮が酷くて全体の縄張りは確認できなかったが、本郭には東屋と標柱、石碑が残る。

勝頼の命を受けた真田昌幸が尻高氏を攻め奪取。武田氏滅亡後、北条氏が白井城の長尾氏と共に攻めかかるも、岩櫃城代の信幸が撃退したという。
名胡桃城と同様に実戦を経験しながら、「真田丸には便乗しない」という姿勢には共感が持てる。

八幡城(中之条町) (11)
八幡城の遠景。

【中山城】 (群馬県高山村)

この城が、真田昌幸が領有する岩櫃城と沼田城を分断するための楔(くさび)として、北条方が新築した巨大なベースキャンプだと知ったのは、家に帰ってからである・・・(笑)

例の如く誘導看板に導かれての訪問なので、事前学習など全くせずに突撃・・・(汗)

DSCF1910.jpg
主郭に入る道。真田丸に便乗しようと、チョッとやり過ぎの感じは否めない。

IMG_6446.jpg
最近建てられた新しい表札・・・(笑)

IMG_6449.jpg
この巨大な堀切のドライヴ感が大名系城郭であることを物語る。


【名胡桃城】 (群馬県利根郡みなかみ町)

今回の訪問目的地で、実に8年ぶりの再訪である。
大きくリニューアルされたと聞き及び、恐る恐る来てみたが、余計な心配だったようだ。

沼田城・名胡桃城 026
2008年6月訪問時の二の丸、三の丸。

IMG_6453.jpg
現在の三の丸から二の丸。橋が付いて土塁が復元されて二の丸は見通せない。

IMG_6455.jpg
二の丸内部。チョッとやり過ぎの感じはあるが、建物址も表示されて臨場感が上手く表現できていると思うが。

IMG_6454.jpg
三の丸は三日月堀を埋めて拡張工事された郭だったとは知らなかった・・・(汗)

実は今回の改修に関しては賛否両論があり、明らかに「やり過ぎだろう!(怒)」という声も多数聞かれるが、ここは当時の大多数であった土の城がどういうものだったかを分かり易く再現したという事にした好感が持てる改修例として、良しとしましょうよ・・(笑)


【天神城】 (群馬県利根郡川場村)

この城(といっても隠居後の別荘)の存在を知ったのは、池波正太郎の「幻の城」という歴史小説である。

DSCF2011.jpg
隠居所であるが、河岸段丘上の要塞の地である。(河川にかなり削られたようで、往時はもっと広かったと伝わる)

沼田氏の中興の祖である沼田万鬼斎顕泰(ばんきさいあきやす)は、嫡男の朝憲(とものり)に所領と居城である沼田城を継がせて自らは川場に隠居所としての天神城を普請し愛妾と共に移り住んだ。が、しかし、愛妾との間に生まれた七男の景義に家督を継がせたいとの思いが募り、朝憲を天神城に招きこれを謀殺し沼田城の乗っ取りを計画するが、朝憲の奥方が実家である小田原の北条家に内部告発し、北条軍が沼田城の軍勢と共に天神城を攻めてこれを落とした。(川場合戦)
万鬼斎は妾と景義を連れ会津の葦名氏を頼り落ち延びるが、妾は途中で凍死したという。

DSCF2013.jpg
天神城の主要部。

小生のお城仲間である「武蔵の五遁」さんが、先日この城について記事を書かれていたので、ついでに寄ってみた次第。
真田丸との相乗効果を狙った史跡整備のようだが、チョッと無理があるように思いました・・・(汗)


【白井城】 (しろいじょう 群馬県渋川市)

白井長尾家の本拠地。関東管領上杉家に関する知識は脆弱なので、とりあえず見に来た次第・・(汗)
河岸段丘を利用したデカイ城で、1600年代に廃城になったのにその遺構が今日まで残っているのは奇跡に近い。現在残る城の遺構は戦国時代が終焉し2万石の藩主の城として改修されたものらしいが、関東の土の城の代表格には違いないと思われる。

DSCF2027.jpg
本丸の枡形門。

DSCF2033.jpg
みんな大好き「三日月堀」。といっても形を指したもので、武田流ではない。

DSCF2043.jpg
巨大な堀切は北条さんの改修を基本とした遺構なんだろうと思う。

DSCF2097.jpg
本丸を囲む土塁。

城の遺構は近世城郭時代のものとされるが、石垣の枡形門を除けば、ほぼ北条時代の遺構が残ったのだと思うがどうであろあうか?。三日月堀の名に武田流の築城技術も指摘されるが、馬出が本郭と同じだなんてあり得ない。
キチンと遺構にトレンチを入れて城跡をキチンと調査していただきたいものである。

【エイト デイズ ア ウィーク】 (おまけ)

往復250kmのグンマーの城郭探訪の後のご褒美は、ビートルズのライブドキュメンタリー映画である「Eight Days a Week」をトーホーシネマズで鑑賞。

それはそれで小生にとって、かけがいの無いひと時であった・・・・。

チケット①

一週間が8日間あっても足りないという城巡りの日々を過ごしてみたいものである・・・・・・(笑)

Posted on 2016/10/11 Tue. 21:45 [edit]

CM: 2
TB: 0

0427

「鬼と猿の名がつく」山城の特集  

◆毎回生きて帰れる奇跡を神に感謝しなければ・・・◆

先週末、地元で残念な滑落死亡事故の痛ましいニュースが入った。

北アルプスとかの3,000m級の険しい山岳ではなく、長野市平柴の旭山・・・そう、旭山城のある旭山(785m)で仲間と登山で来ていた中学生が岩場で足を滑らせて100mほど滑落し亡くなったというのだ。

旭山城201404 (131)
場所は不明だが、旭山城で岩場の断崖といえば東に張り出した郭3あたりであろうか。

不慮の事故とはいえ、無限の未来のある少年が命を絶たれたことは非常に残念でならない。

がしかし、彼の死は我々の山城探訪の趣味への警鐘である事を肝に銘じなければならないだろう。


【鬼とか猿の名がつく城は獣ですら寄せ付けない険しさ】

以前にも書いた(?)が、小心者の小生が足が竦んで動けなくなった城はいくつかあるので写真でご紹介しよう。

●鬼ヶ城(上田市真田町角間温泉)

坂上田村麻呂の鬼退治伝説の残る奇岩。

kakumaoni (19)
鬼の岩に続くこの鎖は補助ロープではない。体重を掛ければ外れるかもしれないのだ。

kakumaoni (24)
鬼の誘いにのってはいけない。

●猿ヶ城(上田市真田町)

松代街道を越えて真田領に入る敵を監視したという目立つ砦。

irisaru001 (21)
断崖に突き出した郭には絶対に登ってはいけない。ガレが崩落して間違いなく転落死する。小生は思わず留まった。

irisaru001 (35)
この中央の岩の先端が先ほどの写真。冥界への入口かもしれない。


●鬼ヶ城(上田市武石焼入)

旅人の道標として名付けられただけと思われる伝説の山城。

鬼ヶ城(上田市焼山) (37)
転落したら即死であろう岩尾根。

鬼ヶ城(上田市焼山) (42)
この場所で手を放したら間違いなくこの世とお別れです。それでも写真を撮るバカは救われません・・・(汗)

鬼ヶ城(上田市焼山) (27)
鬼の棲み処などと伝わる伝説の城に間違っても登ってはいけない。


●猿ヶ城砦(東筑摩郡生坂村)

この城域のある岩州公園経由で善光寺街道が貫通している。庶民の生活道路だったという驚愕の事実がそこにある。

猿が城砦(生坂村) (40)
生坂村の猿が城砦。こんな山中に教育委員会の説明版があるものある意味凄い。

猿が城砦(生坂村) (1)
猿が城砦の白州岩。雨乞いの儀式の為に村人はここまで登ったという。


●猿こや(松本市四賀)

地山の地形を生かした「逃げ込み城」のようだが、人為的な加工が確かに確認出来る。単独訪問は厳しいと思われる。

猿ごや (42)
松本市四賀にある「猿こや」の本郭。やはり岩ガレを利用し頂部を削平している。

猿ごや (60)
「猿こや」の遠景。さすがにここは単独で行かないほうが良いだろう。


●鬼の岩屋(長野市戸隠)

山城とは趣を異にするが、「紅葉伝説」の舞台となった「鬼の岩屋」もかなり険しい場所にある。

紅葉伝説201406 (72)
鬼が釜を持って逃げる様と伝わる「釜背負い岩」

紅葉伝説201406 (92)
鬼の岩屋。ここで紅葉は平維盛軍を迎え撃ち籠城したという。


信濃の山城で鬼と猿の名がつく未訪の山城は残り2か所。

いずれも相当な覚悟がないと登れないので、今のところその覚悟が無い・・・・(笑)

生きて帰れるプランこそ私の全てである。

山城フリークの皆様、どうかご無事で楽しい山城探訪ライフを過ごされる事を願って止みません。

ヤバイと思ったら引き返す勇気をお持ちくだされ・・・・。

kakumaoni (35)
角間温泉の「鬼ヶ城」が小生の鬼ライフではベストかもしれない・・・(笑)








Posted on 2016/04/27 Wed. 21:13 [edit]

CM: 10
TB: 0

0412

山城探訪トップシーズンのラストスパート  

◆新緑に覆われる前に・・・一か所でも多く・・・◆

中世城郭研究者の達人に言わせると、山城探訪に「トップシーズン」などはあり得ないという。果たして本当にそうだろうか?

草木が生い茂る真夏に山城を訪問しても経験値は増えるだろうが正直言って楽しくない。遺構の魅力も半減以下である。

人それぞれの考え方があるので否定するつもりはないが、山城探訪の魅力的なシーズンは断トツで「晩秋~春先」だと思う。

旭山城201404 (92)
甲越紛争で有名な旭山城の主郭(2014.4.12撮影)。破城で虎口が崩されている事を知る人は少ない。

旭山城跡 014
チョッとアングルは違うが同じ旭山城の主郭(2010..6.20撮影)。周囲の土塁も緑に埋没している。

4月と6月の僅か2ヶ月でこんなに変わるのである。城跡から見える景色も新緑に阻まれてどんどん狭くなるのである・・(汗)

これが豪雪地帯(飯山以北・信濃町・小谷村・白馬村など)であれば、トップシーズンはもっと短くて短期決戦必死となる・・(笑)

さて、シロウトに毛が生えた程度の小生が新緑前の「悪あがき」として最近攻め込んだ先をご紹介したい。

「早く記事にすれば?」と仰せの方も多いが、未だ記事に出来ない在庫が300以上あるので何時になるか不透明だ・・・(爆)


【とんば城】(飯山市)

甲越合戦の頃に、武田信玄が松原湖の諏訪神社に「奥信濃の亀蔵城の10日以内の自落退散」の願文を奉納している(永禄三年)。この時の城がこの「とんば城」ではないかと伝わるが、確かに要害の地にはあるが、プアすぎる。が、ロケーションは最高だ。

DSCF7615.jpg
城域入口にある唯一の堀切。

DSCF7639.jpg
とんば城の主郭。

DSCF7641.jpg
静間地区と対岸の岩井城も見渡せる。

【小境城】(飯山市)

この城、戸狩スキー場にある北条城の隣にある山城なのだが、外郭の西側を恐ろしく長大な竪堀が斜面を下り、主郭の背後は深く険しい五連の堀切で刻まれている。南東尾根に城館が置かれ臨戦態勢バッチリの山城である。

小境城(飯山市) (14)
何処までも続く竪堀。

IMG_4370.jpg
垂直に近い主郭背後の堀切。

小境城(飯山市) (72)
五連の大堀切で最も堀底の広い四番目。天水溜も備えている。

小境城(飯山市) (108)
南東尾根の居館郭。臨戦時はこの郭で指示したのであろうか。


【後谷城】(飯山市)

斑尾山の東尾根を流れる清川の渓谷の突き出た尾根上にある。まとまりのある縄張で、竪堀と横堀の組み合わせを利用していることから戦国末期まで使われたと考えられている。

DSCF7701.jpg
鋭角な堀切。

DSCF7708.jpg
高低差を有効に利用した主郭手前の二重堀切。

DSCF7727.jpg
主郭の西斜面は竪堀と横堀を組合わせた新しい技法の堀切が守っている。


【中小屋城】(飯山市)

戦国末期まで現役として使われたであろう「中条城・累城」と隣接しているが、初期段階でその役目を終えたと思われる在地土豪の城である。背後の巨大な堀切のみで大雑把な作りである。

DSCF7926.jpg
郭の切岸は鋭利だ。

DSCF7936.jpg
背後の堀切は最大上巾15m。


【上境城】(飯山市)

千曲川の対岸は武田に与して奮戦する武田方の市河氏の本拠地となった野沢温泉である。千曲川に突き出る半島を利用した境目の城だが、主郭背後の巨大な二重堀切は「中条城・累城」や「仙当城」に匹敵する巨大な造作物であり一見の価値がある。

DSCF7808.jpg
長大な堀切の先には千曲川が見える。

DSCF7828.jpg
こんな山の中でこんな巨大な堀切が見れるのは素晴らしい。

DSCF7849.jpg
主郭と郭2の間の切岸。


【三才山砦】(松本市)

いつか行かねば・・・と思いつつその険しさ故に素通り・・・今回は気合入れて登った・・・(笑)
赤沢氏の居城である稲倉城(しなぐらじょう)の東の抑えとして一族の赤沢主膳が守ったという。地元の方に聞いたが案の定、城までの道など既に消えていて無いという。尾根まで地獄の直登だったことは言うまでも無い(汗)

DSCF8069.jpg
比高310mはハンパ無い・・・

DSCF8013.jpg
その昔、城跡には秋葉様が勧進されいて子供たちが毎年祭りの為に登ったらしいというが、恐ろしい体力である。

DSCF7984.jpg
主郭手前の横堀。


【覆盆子城】(いちごじょう 召田城)(松本市四賀)

いつでも行けると思いつつ通過していたが、ようやくその気になって訪問してみた。

天正壬午の乱で上杉方となった会田岩下氏が、徳川の支援で復帰した小笠原貞慶に攻められ落城した最後の城である。屈強な会田虚空蔵山城の砦群で何故に籠城しなかったのか?という疑問が常に頭をよぎるが、隣接する筑北の青柳城主の青柳頼長は既に小笠原貞慶と誼を通じていたとすれば合点がゆく。
急ごしらえの砦で防戦しつつ海津城の上杉方の援軍を待ったが、結局見捨てられ会田岩下氏は滅亡した。

DSCF8099.jpg
主郭。倒れていた年代物の標柱を立て直す。

DSCF8079.jpg
北尾根の二重堀切の跡。急いで作ったらしく不完全。

DSCF8138.jpg
落城後、会田岩下氏主従は山の尾根伝いに青木村まで逃げるが追い詰められて十観山で自害したと伝わる。


【中の小屋】(松本市中川)

会田岩下氏の青木村への逃避行ルート上にある砦の探索に向かった。
鉄塔の刺さる場所なので、保安道があると思い込んでトライしたが、遭難の危険を感じて今回は撤収した・・(汗)

DSCF8137.jpg
矢久の浄水場から沢沿いに奥へかなり進む。

DSCF8131.jpg
どうやらこの山の上のようだが、川と藪に阻まれて今回は断念した。

「こんな山奥で死んではいけない・・・」 このことであった・・・・(笑)


さて、ゴールデンウィーク明けまでが信濃の山城トップシーズン最後の勝負。

「安全は全てに優先する」   皆さんもお気をつけてお出かけして楽しんでくださいネ。

Posted on 2016/04/12 Tue. 07:38 [edit]

CM: 4
TB: 0

0121

グンマー侵攻作戦でカモシカとのゲリラ戦  

◆大雪警報前の上野国遠征◆

信濃国上田も17日の夜半からカミ雪に見舞われ一面の銀世界となり申した。

恐らく2月末までは南信濃の一部を除いて、信濃の山城は冬季休業に入る。

今シーズン、暖冬だったおかげで例年よりは遅くまで城跡を堪能したし、致し方あるまい・・・・(笑)

IMG_4681.jpg
村上連珠砦では和合城と共に大きな縄張の飯綱城(上田市秋和)。※2016年1月19日に上田大橋方面より撮影。

IMG_4682.jpg
真田丸の第三話でロケ地として登場する真田本城(上田市真田町本原)。※2016年1月19日に信綱寺方面より撮影。


【雪の降る前のグンマーへの侵攻作戦】

1月17日(日)かねてよりの計画通り、氷点下8℃の鳥居峠(通称:信州街道)を越えて群馬県の東吾妻町へ進軍。
真田丸でもお馴染みとなった真田昌幸の上野国の拠点である岩櫃城の支城三ヶ所の調査が目的だった・・・。

●岩下城(東吾妻町)

岩櫃城の西の防衛拠点を抑える要衝の地にある山城で、嘗ての主君で吾妻群を支配していた岩櫃城の大野氏を滅ぼす前の斎藤氏の居城。斎藤氏が岩櫃城へ移った後は、その家臣富沢但馬守が入城しこれを守る。隣接する領土の境界を巡り斎藤氏が鎌原氏と争うに及び、武田氏が調停に入り鎌原氏の主筋にあたる真田幸隆(幸綱)を介入させる。斎藤氏は真田氏と対立し岩櫃城を攻められて落城し、上杉謙信を頼り越後に逃れる。岩下城主の富沢但馬守は真田氏に降りのちに昌幸に仕えたという。

IMG_4632.jpg
城域を分割する中央の巨大な堀切。上巾25m、堀底から主郭までは落差15m以上の垂直に近い壁で加工されている。

岩下城 (49)
堀底から東側の郭6と7を仰ぐ。まさに「壁(へき)」と呼ぶにふさわしい切岸加工である。

IMG_4640.jpg
主郭より一段下がった西側の郭2にある秋葉社。

岩櫃城が斎藤氏・真田氏により改修されると共に、西の砦である岩下城も拡張改修が行われたようである。
大堀切の威圧感は凄まじいものがある。


●三島根小屋城(東吾妻町)

吾妻川の右岸に位置し岩下城とは対の関係となる。大戸浦野氏の配下の江見氏の居城だったと伝わる。城域は「鉄塚」と呼ばれる麓の根小屋らしき台地部分と斥候山(せっこうやま)と呼ばれる城山の砦部分で構成されている。オーソドックスな縄張で加工度は低いが戦国期の緊張感を感じる事の出来る山城であった。

三島根小屋城 (10)
鉄塚と呼ばれる麓の台地。見事な竹林に覆われている。

IMG_4648.jpg
斥候山(城山)に登る途中の尾根でカモシカのカップルに遭遇し「通せんぼ」状態。完全に「お怒りモード」でした・・(汗)

ここね、深く考えもせず登り始めてしまい、後で気が付いたら比高235m。逢引きを邪魔したらしく、カモシカに威嚇されてルートを迂回してやっとこさ城山の主郭へ。背後を五重の堀切で遮断する厳しい防御に圧倒された。

IMG_4657.jpg
主郭の眺望は良いが狭い。天水溜めもある。

IMG_4655.jpg
岩櫃城の真田氏時代にも西側を守る砦として重要視されたであろう。(写真中央が岩櫃山)

IMG_4658.jpg
主郭背後の尾根は結構な高低差があり、ここに五本の堀切を穿つ厳重さである。


●柳沢城(岩鼓の要害 東吾妻町)

何かと話題の「真田丸」に登場する真田昌幸の上野国の居城である岩櫃城の北東にある。番匠坂と呼ばれる岩櫃城の大手口の途中の不動沢を東に折れた観音山の東山(通称:岩鼓)が城域となる。小生もこの出城については噂に聞いていたものの、今回が初訪問であり、その規模と縄張には正直なところ驚いた。

IMG_4660.jpg
観音山の登り口に駐車したら案内図の「東山」に向かう。約10~15分の岩登りで城域となる。

柳沢城(東吾妻町) (11)
主郭の石造物。物見櫓が置かれていたと思われる。

IMG_4666.jpg
素晴らしいロケーションである。

柳沢城(東吾妻町) (23)
郭2と郭3の間の堀切(上巾15m)。

柳沢城(東吾妻町) (38)
郭3と郭4の間の堀切(上巾14m)

柳沢城(東吾妻町) (46)
西端の最終郭5。

ここは時間切れが迫り、駆け足で一周した程度に留まり、竪堀の先端など調査できずに終わったのでまたトライしたいと思う。

例の如く、いつ記事になるかわからない・・・・(笑)

グンマーの城も恐るべし・・・そんな事を思いながら「また攻め込むぞ!」と誓いを新たにしたのでありました・・・(爆)



















Posted on 2016/01/21 Thu. 06:42 [edit]

CM: 8
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top