FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0421

戦艦 扶桑②  

◆独特なシルエットを持つアンバランスの魅力◆

ん十年ぶりに上田城址公園に花見に出掛けた。

案の定、もの凄ーーーーーーーーい混雑で、花見というよりは「人見」である(笑)

千本桜

青空と白黒のシンプルな櫓、そして石垣のコントラスト+満開の桜は、忘れ得ぬ日本の風景なのである。


で、買ったものの手を付けるのもおっくうだった「戦艦 扶桑」

ようやく進水式と相成りまいた(汗)

fusou1.jpg
メインマスト、煙突、後部艦橋

fusou2.jpg
副主砲16門を取り付ける。

なんせお酒飲みながら毎晩チビチビと製作していたので、途中の過程は全く覚えていない‥‥
(ってか飲み過ぎでしょ!)

どうやらアルコールと塗料シンナー漬けの日々だったようだ・・・・(爆)


fusou3.jpg

【扶桑について】

扶桑は大正六年11月呉工廠で完成された。従来日本の戦艦には、国の名がつけられることになっているが、日本の別名が付けられた。完成時には世界最大、最強、そして史上初めて基準排水量で30,000トンを超えた軍艦であった。建造直後の扶桑の艦影は、煙突が二本であったがこれはすぐ改造されたようである。
1930年~1936年には近代化改装工事が行われ、さらに1938年~1942年は第二次改装工事が行われたが、開戦時には旧式艦であったため、太平洋戦争の大部分を、この艦は練習艦として瀬戸内海にあった。
フィリピン沖海戦には、スガリオ海峡作戦(1944年10月25日)に参加、米艦隊の集中攻撃を受け、スガリオ沖に沈んだ。
艦橋の独特なシルエットの成り立ちは、3番砲塔の上にカタパルトを設置し、航空機揚収用デリックを艦橋の後ろに設置されていた開戦前の姿で確認出来ます。

緒元(最終時)

基準排水量:34,700トン 排水量:39,154トン 全長:212.75メートル 最大幅:33.08メートル
馬力:75,000馬力 速力:24.7ノット 主砲:36×12 副砲:15×16 高角砲:12.7×8

fusou4.jpg

同型艦には「山城」があり、3番砲塔の向きが逆になっている。

バビルの塔を連想するようなアンバランスな高さ50mの艦橋は圧巻である。

美しき老朽艦を最前線の戦場に送り込まねばならないほど日本海軍は窮地に追い込まれていた。

山城も扶桑も爆沈したので、生存者はほぼゼロに近い悲劇の戦艦だったという。




Posted on 2012/04/21 Sat. 17:09 [edit]

CM: 2
TB: 0

0403

戦艦 扶桑  

◆らんまる艦隊の守護神の着工はいつになる?◆

超弩級戦艦といえば大和や武蔵なのだろうが、大正6年に竣工した「扶桑」がイイのである(笑)

扶桑型の戦艦としては姉妹艦である「山城」のほうが知名度があるのだが、ブログの内容とダブり紛らわしいので扶桑になりました。

正直なところでは、プラモ店では山城の在庫切れだっただけである…(爆)

NEC_0052.jpg

高さ50mという異様な主艦橋はまさしく「バビルの塔」である。そこが痺れるのである。

三番主砲にカタパルトを付けているのもお洒落なのだ。

「面舵いっぱい」したら転覆しそうな勢いだ・・・・(笑)

NEC_0053.jpg

こんな欠陥だらけの戦艦を作った旧日本海軍は素晴らしい。

衝動買いしたまではイイのだが、着工はいつになるのか見当もつかない。

そのうちお披露目出来るといいのだが・・・・・(汗)


Posted on 2012/04/03 Tue. 22:29 [edit]

CM: 2
TB: 0

0101

戦艦 三笠①  

◆謹賀新年◆

皆さま、新年明けましておめでとうございます。

旧年中は「らんまる攻城戦記」をご覧いただき感謝感激雨あられでございますw

昨年前半は東信濃、北信濃へ出陣し神出鬼没で荒らし回り(ってか特に目標も定めず・・・笑)、後半は中信濃で各個撃破を開始するも戦線は膠着し泥沼化にて仕方なく越年と相成り申した・・・・(爆)

今年も本末転倒な「プラモ戦記」を織り交ぜつつ進軍して参りますので、なんとかお付き合いの程お願い申し上げます(汗)

戦艦三笠① (2)

某国営放送の「坂の上の雲」が最終回となり、三年間に及ぶ12月の楽しみが消えてしまった(笑)

大晦日に近所のドン・キホーテ&Laoxでブラブラしてるとプラモコーナーの棚に「戦艦三笠」があるではないか!しかも秋山真之のフィギア付きの特別バージョン。

思わず衝動買い…(笑)

年末の掃除も飽きたので、プラモ作り再開。

≪船体製作過程≫

戦艦三笠① (8)

さすがに1/350モデルはでかい。ウォーターラインシリーズと違って喫水線より下も存在する(当たり前だ!)

戦艦三笠① (11)
マスキングして船体上部を軍艦色で塗装する。

有機溶剤の臭いが部屋に充満する。酔いそうだ・・・、でも嫌いじゃないゾ。

戦艦三笠① (16)
艦底色を塗ってボディの塗装は一旦終了。

≪甲板塗装編≫

何せデカイので、得意のごまかしは効かないし色ムラにもなり易い。細部は極細筆で慎重に作業。

戦艦三笠① (5)
モデルはHasegawa製なのだが、背後の設計図は何故かTAMIYAのA-10Aサンダーボルト?

≪煙突≫

三笠は煙突が命だ(爆)

戦艦三笠① (14)
※石油タンクではありません


≪第一工程完了≫

船体に甲板を取り付けると、だいぶサマになってきた。

戦艦三笠① (20)

戦艦三笠① (18)

ここまでの作業に要した時間3時間。

さて、完成はいつになるやら・・・・。(続く)



Posted on 2012/01/01 Sun. 11:56 [edit]

CM: 6
TB: 0

1201

空母赤城②  

◆埋める事の出来ない欠けた情熱◆

ようやく空母赤城が完成したのだが、納得のいく作品にはならなかった・・・(汗)

ヘタクソの誉高い(?)前々作のベタベタな加賀が秀作に思える(笑)

akagi2 (3)
赤城の特徴である左舷の巨大煙突。

改装前の三段甲板の赤城を作っていたら、この焦燥感に苛まれる事はなかったのだろうか・・・。

akagi2 (4)

艦載機を並べても、つまらないのである。

瑞鶴の迷彩甲板よりも神経とマスキングテープを使ったのに…である。

akagi2 (8)

様々な改装と試行錯誤を繰り返した泥臭い空母が、タキシードを着てしまった事への抵抗があるのだろうか。

akagi2 (2)

甲板後部のエレベータを上昇させた状態で工夫してみたのだが、不満解消にはならなかった・・・・。

akagikaga.jpg
加賀と赤城。日本海軍が世界に誇る最高傑作の航空母艦だ。


12月4日より「坂の上の雲」の最終章が始まる。

それはそれで、とても楽しみなのである。

Posted on 2011/12/01 Thu. 18:05 [edit]

CM: 2
TB: 0

1103

空母赤城①  

◆空母赤城を作ろう◆

ディアゴスティーニの「空母 赤城を作ろう」のCMには心が揺れ動いたものだ。

開戦当時、連合艦隊の南雲中将が艦長だった赤城は少年の頃からの憧れの空母だったのだ。

しかし完成まで10万円以上を投資するには厳しい現実がある・・・・・・・(笑)

例の如くHasegawa製の1/700ウォーターラインシリーズで我慢するしかないか・・・(爆)

akagi (5)

しかし、加賀・瑞鶴とヘタクソながら神経を集中して作った後なので、飽き飽きしているのも事実だ(苦笑)

9月初旬に造船を開始したのだが、案の定放置プレイとなる。

akagi (6)
高射砲

akagi (3)
船体と艦底部分の製作と塗装で既に飽きてきた。この間一ヶ月。

akagi (8)
高射砲とカッタ―ボート類を付けて何とかサマにはなった。

結局10月はロクに手も付けずに攻城戦に明け暮れる。

何が原因でしょうか?

実はネ、今度こそ甲板の塗装を真面目にやろうと思ってたので、「まんどくせぇー」だったんです(笑)

akagi.jpg

加賀の時の白線ラインがあまりにもひどかったので、赤城はちゃんとマスキングして破線を作ろうとしたのですが・・・。

※TAMIYA製のモデルは、甲板の白線はマークシートで張り付ける仕様です。さすが!

akagi (2)

しかし、人生と一緒で頑張れば頑張るほど結果はついてこない・・・(爆)

今月中には進水式(?)でお披露目したいと願うらんまるでございますw。

Posted on 2011/11/03 Thu. 20:24 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top