らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0808

武田信玄終焉地考 (一之瀬義法著 1987年教育書籍)  

◆巨星は何処で墜ちたのか・・タブー視されてきたその核心に迫る解説書◆

戦国の城とか中世史の好きな方の中には、武田信玄公フリークや熱狂的な信者がいらっしゃる。

それは大変結構な事であり、今後の中世城郭ファンの獲得にも心強い援軍であろう・・。

が、誰もが知っている戦国武将の武田信玄が「ご臨終」となった場所を知る人は少ないし、知っていても信州の駒場(阿智村)というのが定説になっている。

カピパラ033
ちなみに今日のBランチは笹の葉でございますw (じゃあ、Aランチは?・・笑)

「今さら信玄公の亡くなった場所を特定したからって歴史が変わる訳じゃあるまいし、どうでもいいじゃん・・・」

なるほど、その通りかもしれません。古傷に触れても過去が変わる訳などありません・・・(汗)

この話題、ある意味で武田ファンにはタブーだったと思うんです。専門家だって取り上げることすらしなかった。

今回ご案内するのは、その謎に挑んだ書籍である。

武田信玄終焉地考の扉

昭和62年の発刊なので既に絶版なのだが、中古はあるようだ。小生は図書館で幸いにも発見する事が出来た。

【おさらい~西上の軍と信玄公の最期】

元亀三年十月(1572)、先に東美濃へ秋山信友を侵入させ織田と徳川を遮断し、自ら西上の軍をおこした武田信玄は二万二千の兵を率いて躑躅ヶ崎~諏訪~伊那谷~秋葉街道と進み青崩峠(あおくずれとうげ 1085m)を越えて遠州に入り、徳川方の諸城を落城させる。

十二月に徳川家康と三方ヶ原で合戦に及び完膚なまでに叩いて勝利すると、そのまま浜名湖畔の刑部村で駐屯し越年する。
開けて元亀四年(1573 天正元年)の正月十一日より三河の野田城に攻めかかるが、一ヶ月を要してしまう。(詳細は野田城の記事を参照)

五十三才で病気を抱えていた信玄にとって、長期間の遠征軍の指揮は過酷であり、野田城攻めの最中に容体が悪化し本部隊は長篠城まで引き返した。(野田城は二月十日に開城)

その後鳳来寺付近で療養し一度は回復に向かうものの再び悪化したために、躑躅ヶ崎(甲府)に帰る事になった。

信玄帰路図
信玄の帰路(武田信玄終焉の地考よりP13の地図を引用)

鳳来寺から愛知県北設楽郡設楽町(田口)・津具村を経て、長野県下伊那郡根羽村・平谷村・浪合村の、いわゆる三州街道の宿場を北上し、駒場(こまんば)・飯田へと戻る道中となった。
しかし彼の西上の夢は叶うことなく、元亀四年四月十二日、五十三才の生涯を閉じた。

武田信玄終焉地考の目次
本の目次。この部分だけ見ても興味をそそられるのである。

【諸文献からみた終焉地は何処か】

著者である一之瀬義法氏は日本史や中世史の専門家ではないが、敢えてアマチュアとして専門家以上の調査と信州伊那の教員としての地の利を生かし、コツコツと足を使い地元の古老などへも聞き取り調査を実施している。
凄いの一言である。
そして最終的に導き出した結論(もちろん氏としての推定ではあるが)も充分に裏付けがありなるほどと納得できるものであった。

ちなみに、諸文献に記されている信玄の終焉地としては

●駒場説
 「当代記」「御宿監物の長状」

●波合説(浪合)
 「徳川実記」

●平谷・波合説
 「三河物語」「三河後風土記茎葉集」

●根羽説
 「甲陽軍鑑」「熊谷家伝記」

●田口説
 「野田城記」「野田実録」
 
となっておりいずれも決定的な決め手を欠いている。その要因としては「三年間死を隠せ」という遺言によるところも大きいと一之瀬氏は見ている。

駒場城(阿智村) (1)
駒場城から見た長岳寺と飯田方面。駒場説はこの長岳寺で信玄が荼毘に附されたと伝わる。

残念ながら小生は何れの地も通過しただけである・・・(汗)

もっとこの本を早くに知っていれば、また行かなくても済んだのに・・・(笑)

というわけで、南信濃の諸城攻略の説には、終焉地巡りを観光敢行する予定であり、楽しみが増えた。

駒場城も近々掲載したいと思いつつ、既に半年が過ぎた・・・・・(ギョ!)

駒場城(阿智村) (99)
長岳寺方面から見た駒場城(こまんばじょう)。車で行けちゃうけど、3ナンバーは止めときましょうネ(死にそうだった・・)

「武田信玄終焉地考」・・・・・ページ数は少ないが、気の遠くなるような調査に基づく核心に迫る渾身の傑作であろう。

Posted on 2014/08/08 Fri. 22:32 [edit]

CM: 11
TB: 0

0627

甲斐の山城と館㊦  

◆未知の領域への道標となる教則本◆

配本予定から約一ヶ月ずれて、昨日ようやく我が家に届いた。

「甲斐の山城㊤」で感じた違和感を㊦でも感じる。宮坂武男氏が「図解山城探訪」(信濃の山城と城館のベース本)で披露してきた城郭研究者としての自信が、このシリーズでは影を潜めて他府県に対して遠慮しているように思えてならない・・・・・(汗)

そんな事が果たしてあるのであろうか・・・(汗)

甲斐の山城と館㊦001
表紙の鳥瞰図がどこの城か瞬時に分かった方は、武田一族の怨念に苛まれていると思われる・・(笑)

この下巻に掲載されている山城と城館299ヶ所のうち、今日まで小生が訪問したのは、ここ一ヶ所だけしかない。

「残り298箇所どうするつもり??」

「気が向いたら、そのうち・・・・」  (笑)

岩殿山城 (64)
岩殿城全景。見た瞬間に戦闘意欲を喪失させるに充分な威容であろう。

岩殿城の最後の城主である小山田信茂(武田信玄の従兄弟)については、残念ながら最後の最後で主家を裏切った不忠者として語られているが、真実はどうやら違うようである。

岩殿山城 (41)
岩殿城の主郭から見た城下町。

小山田は、滅びる武田の為に自分が守ってきた岩殿城下の領民が、織田・徳川との戦禍に巻き込まれるのを避けたかった。勝頼の入城を拒否したのは、単純な考えであったという。

その辺のお話は、また今度・・(笑)

岩殿山城 (8)
岩壁の上に郭があると知っていても、「来なければ良かった・・」という後悔ばかり・・・(汗)

宮坂武男氏による信州の山城と館の収録数は約1800(全8巻)、甲斐は約600(全2巻)。

単純な数値の比較だけで城館は語れないが、信州のゴミのような山城を各個撃破していった信玄の方針にはただただ感嘆するのみである。

甲斐の山城と館㊦002
裏面は真篠城の縄張図。上杉の畝状連続竪掘も真っ青の仕様だ。

「山城は尽きない・・・」

なるほど、その言葉の意味が思い知らされる今日この頃ではある・・・・・。

書籍名:甲斐の山城と館㊦ 東部・南部編 (かいのやまじろとやかた とうぶ・なんぶへん)
価格:7,800円+税
出版社:戎光祥出版
初版:2014年7月

Posted on 2014/06/27 Fri. 23:47 [edit]

CM: 8
TB: 0

0319

甲斐の山城と館㊤  

◆たとえ昼飯や小遣いを削ろうとも長岡藩の小林虎三郎の「米百俵の故事」に学べ!◆

2009年7月に始めた愚ログ(笑)です。今月は記事の更新回数が少なく心よりお詫び申し上げます。

ブログ開設当時は訪問者など皆無で閉鎖に追い込まれるのも時間の問題かと思いましたが、毎年少しずつではありますが、ブックマークしてまで見に来て下さる皆様のお陰で、何とか継続しております。

割烹着を着たり、壁紙をピンクにしたり、ムーミンの模様が入ったパソコンをお見せする事は出来ませんが、今後とも御贔屓にお願い致します・・(汗)

本日、ずいぶん前に予約しておいて忘れかけていた書籍が届きました。

甲斐の山城と館㊤扉

各巻の平均単価が8,000円以上もした宮坂武男氏の「信濃の山城と館」(全8巻)の配本と支払いがようやく終わりホッとしたのもつかの間、「甲斐の山城と館」(上下2巻)の発刊の知らせが入り、間髪入れず再び予約するという有様・・(笑)

吉川英治文学全集以上に高額なヲタク本の価値が理解出来ない細君とは決裂状態で応仁の乱へ・・・(汗)

「貴女の好きな郷ひろみの著書が7500円でも買うでしょ?それと同じさ・・」でも、その倫理は通用しないらしい

白山城(韮山市) (31)
新府城の築城と共に改修され信濃方面からの侵入に備えたと思われる白山城。

宮坂氏は「隣の山梨県では全くのシロウト」で城跡調査も土地勘が無く苦労したという。

小生も昨年に2週間連続で山梨に攻め入り有名な城跡を攻めてみたが「アウェイ」の厳しさを実感した。

要害山城 (42)
躑躅ヶ崎館の詰めの城であった要害山城の門跡。

山梨県の城館数は約600で、信濃の約1800の城館数に比較すれば1/3だが、戦国時代は武田三代の本拠地であり、武田滅亡後は北条vs徳川の係争地として争奪戦が繰り返されてきた。

獅子吼城(北杜市) (30)
北条氏が甲斐侵攻における拠点として改修したという獅子吼城(ししくじょう)。

信州ばかりにいると「井の中の蛙、大海を知らず」と言われそうなのだが、こういう趣味のばあい、局地ゲリラは貴重なのだと思う。

それにしてもお隣の山梨県ぐらいまでは、行動範囲を広げたいと思ってますが・・・・。

新府城②(韮崎市) (58)
天正壬午の乱で、徳川軍はこの城の縄張りの有効性を守備で実証している。しかし北条の城への攻撃ではトウシロ以下。

甲斐の山城と館㊤裏表紙
本の裏表紙の縄張図は新府城。

幕末の長岡藩における米百俵の話は、小泉前総理も触れ話題になった。

我が家では米は米で食べ物であり、学問に化ける事などあり得ないのであろう・・・。

そうでなくとも成績不振で給料が下がり続ける小生にはベースアップなど夢物語で異次元のお伽噺である。

若神子城(北杜市) (19)
若神子城に復元された烽火装置。

甲斐のお城もそのうちボチボチ掲載しようと思ってます・・・あまり過度な期待は禁物かと・・・・(笑)



Posted on 2014/03/19 Wed. 22:06 [edit]

CM: 2
TB: 0

1222

信濃の山城と館➑水内・高井・補遺編  

◆やはり「甲斐編」へ続くのである◆

いよいよラストとなる「信濃の山城と館➑」が昨日自宅に届いた。

この本が届く偶数月は緊急補正予算を何とか通して来たのだが、ようやく今月で終わるので安堵していた・・(笑)

しかし懸念していた噂が「甲斐編が出る事が決まったらしい・・」現実となる。嬉しいのだが複雑である(汗)

甲斐の山城と館PR

「ああ、獅子吼城だ。宮坂武男氏の描く獅子吼城を含めた甲斐の城が見たい・・・」

獅子吼城(北杜市) (36)
乱積みされた夥しい石積みに北条VS徳川の緊迫感を感じる獅子吼城。(そのうち掲載予定ということで・・)

きっとまた内緒で注文するんだろうなあー。ヘソクリ溜めれば間に合いそうだ・・(爆)

新府城②(韮崎市) (91)
新府城の三日月堀。

【ラストを飾るにふさわしい水内・高井・補遺編に収録されている名城をチョッとだけご紹介】

信濃の山城と館⑧
表紙の鳥瞰図は「割ヶ岳城」

●栄村

山中深く眠る謎の巨大城郭「仙当城」市河文書で有名な市河氏関連の山城で見どころ満載。

仙当城サンプル

●飯綱町

若宮城は在地土豪の芋川氏の居城らしいが、甲越戦争の時に大勢力により改修されたようだ。

若宮城サンプル
北へ向けた横堀の意味するところは?

●信濃町

割ヶ岳城は信越国境の野尻湖付近の城で、上杉VS武田の壮絶な争奪戦の舞台となった城である。両軍の築城技術による改修が著しい奇特な城だ。

warigatake08.jpg
割ヶ岳城の主郭。この城の記事はいつか書き直したいと切に思っている(汗)


●飯山市

飯山市も甲越紛争における境目の場所として山口城(小生のブログでは未掲載)など臨戦態勢を敷いた素晴らしい山城が多く存在する。

山口城 (6)
山口城の御屋敷の馬場。土地の所有者から周囲を土塁に囲まれていたという貴重な証言を得る。

●小布施町

福島正則さんの居館跡が有名だが、彼の墓所の裏山の雁田城は川中島城館群を彷彿とさせる見事な石積みの城塞である。

雁田小城
攻城兵を威圧するには充分な石積みであろう。

小生の尊敬する西股氏は「見てくれで威圧する山城など存在しない」ような事をおっしゃるが、その説には心より異議申し立てをしたい(笑)

信濃の山城と館⑧2
本の後ろ表紙の縄張り図は若槻城である。

宮坂武男氏の踏査した山城は1800以上に及ぶという。

神の開拓した城跡をトレースして現在まで約600城。この三倍をやり抜いて全てWEBで紹介するのが本望だが、まだまだアマチュアに毛が生えた状態で情けない(笑)

Posted on 2013/12/22 Sun. 12:00 [edit]

CM: 2
TB: 0

1115

「城取り」の軍事学  

◆中世城郭研究に関わる常識(通説)は「非常識」だという正論◆

長野県には「平安堂」という書籍販売のチェーン店がある。地域密着型で地元志向に特化した本屋さんで、信州の戦国時代や城郭に関連した書物を並べた常設の書棚まである。

時折りブラリと入って変わった書物が無いか?と物色するのだが、今回は立ち読みで終わらせるにはもったいない書物を発見し思わず購入してしまった。

城取の軍事学①

まだ途中までしか読んでいないが、実に興味深い持論(正論とも?)を展開され、なるほどと納得し共感する部分は多々ある。

著者である西股総生氏の教えに従うと「らんまる攻城戦記」は「らんまる城取り戦記」に改名が必要であろう(笑)

内容によっては「宮坂教信者」を改宗するかもしれない強烈なメッセージがあるかもしれない。

城取の軍事学②

そうでなくとも常識人には理解し難い蛮行愚行の趣味である・・(汗)

正論無きヲタクの花道を見つけるには格好の指南書であろうか・・(笑)

Posted on 2013/11/15 Fri. 23:06 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top