らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1024

信濃の山城と館➐安曇・木曽編  

◆信濃の名族仁科氏の辿った運命と飛騨国と隣接し抗争に明け暮れた木曽氏の宿命◆

まあね、一冊10,000円近くもする書物など近年ではあり得ないので、全巻8巻を揃えるとなると、奥方の不満が爆発し背水の陣に追い込まれるのは仕方の無い事であろうか・・・(汗)

孫に投資する軍資金の使途不明は無罪放免のようだが、中世城郭に関する支出は金融庁への届け出よりも辛く厳しいものがある(笑)

で、一昨日届いた「信濃の山城と館➐ 安曇・木曽編」(宮坂武男著 戎光出版)

信濃の山城と館➐表表紙扉の鳥瞰図は堀金氏の岩原城。

大町・白馬・千国と言えば名門仁科氏とその一族に関わる城が多く、武田侵略以降は上杉との境目の城として改修された砦や城が多いので必見だ。

そして木曽谷は、武田への抵抗と飛騨からの侵攻に対して苦労の絶えなかった山間部であり、中京圏との境目の場所でもあった。

信濃の山城と館➐裏面
裏面は木舟城の縄張り図


この本が届くとまず「コラム:山城の歩き方」をすべて読む(笑)

尊敬してやまない宮坂武男氏の山城踏査のこぼれ話は実にいい。失礼ながら小生も似たような体験をしているし、このような趣味を持つ者しかわからない共感のようなものが書かれているので親近感が沸きますネ。

この本が出た事で、「信濃の城跡を訪ねてみたい」と思う方が増えたのはとても嬉しいことである。

その反面、「そんな乱暴な掲載をしていいのか?」と思うようなブログに遭遇し残念に思う事も多くなった。

宮坂武男氏の地道な努力が無ければ場所すら特定出来なかった山城が、精密な縄張図と美しい鳥瞰図、そして解説付きで見れるのである。もっとキチンと引用元を表示し、宮坂氏の業績に敬意を払うべきだと思うのは私だけだろうか。


それはさておき、下記の図は三歳児のお絵かきよりもヘタクソと言われた縄張図の現地調査下書きである・・(汗)

下書き②

自分が実際に現地を訪れて見た時のだいたいの堀切の位置を描いている。

落書きと写真と当時の記憶を頼りに縄張図を描いていくのだが、元々縄張図のある城跡についてはなるべく見ないようにしている。(時々カンニングに近い行為はある・・・爆)

下書き①
小生の描いたこの図が示す城跡が分かる方は重症を越えて危篤であろう(笑) ご応募お待ちしています!


城の最終形を見ても感じ方は人により千差万別である。

確かに城の場所に辿り着く事は一つの目標かもしれないが、ゴールでは無い。

二度め、三度めと訪問して初めて気が付く事もあり、ようやく全体像が見えてくるケースもある。

郭一つ浅い堀切一つのゴミのような砦でも間違いなく戦国の世を見てきた証人なのだ。

訪れた際は是非隅々まで見学していただき、往時の緊張感を感じて欲しいと願うばかりである。

和合城2012秋この時期しか見られない和合城の雄姿。戦国の世を駆け抜けた美しい山城で、間違いなく信濃を代表する中世城郭である。(2012.10月撮影)


Posted on 2013/10/24 Thu. 21:55 [edit]

CM: 2
TB: 0

0815

信濃の山城と館➏ 諏方・下伊那編  

◆諏方一族の骨肉の争いと悲しき南信濃の豪族の末路◆

いくら歴史関連の書物を読み参考文献を端から端まで読み漁っても、その場所に立たなければ見えない風景がある。

いや、その場所に実際に立つことで分からなかった謎が解ける事もあるのだと思う。

偶数月にこの本が発刊されるたびに、お尻が疼いてしまう患者が急増しているらしい・・・。

小生も間違い無くその一人である・・・・・(笑)

信濃の山城と館⑥扉

扉の鳥瞰図は上原城と板垣平、そしてその城下町の推定復元図だ。

そう、武田統治時代を彷彿とさせる素晴らしい秀作である。

上原城 (10)車で訪問可能な上原城。

そしてそれ以前の諏訪惣領家、下社大祝金刺氏、上社大祝家の三つ巴の舞台となった諏訪地方を踏査してみるのも興味深いと思う。

桜城 (11)桜城から見た下社と諏訪湖。

そして、下伊那地方の戦国時代も生き残りを賭けた土豪たちの修羅場であった。

松岡城 (22)松岡城の堀。堀の向こうには松岡南城が見える。

大島城 (40)大島城の主郭の背後は天竜川に守られている。

原城 (24)松岡城の北を抑える原城(はらんじょう)は技巧を凝らした美しい城だ。

南信濃には、まだまだ楽しめそうな山城がテンコモリだ!

踏査の為の移動時間を短縮したいので、冬の間は南信濃に引っ越したいと本気で思ってますが・・・(笑)

信濃の山城と館⑥裏裏面の縄張図は松岡城。


【信濃の山城と城館 第六巻 諏訪・下伊那編】

発行:2013年8月20日初版初印発行

著者:宮坂武男

発行者:伊藤光祥

発行所:戎光祥出版株式会社

収録城館数:268

詳細:信濃の山城と館⑥を参照願います

定価:8,200円+税  限定400部 ※売り切れ必死だ、急ごう!!

松岡古城 (2)

城址に立てば、往時の緊迫する息遣いが聞こえるかもしれない・・・・



Posted on 2013/08/15 Thu. 20:16 [edit]

CM: 0
TB: 0

0617

信濃の山城と館➎  

◆南信濃の小豪族が辿った運命を探す旅に出掛けたくなる一冊◆

諏訪地域や上伊那・下伊那は早い段階で武田に侵略されてしまったせいか、人気としてはどうしてもイマイチ感がある。

山城や砦群も「村上VS武田」そして「仁義なき泥沼化した甲越戦争」が展開された北信濃、「天正壬午の乱」で「小笠原VS上杉」が熾烈な領土争奪戦を繰り広げた中信濃に有名どころが集中している。

いやいや、そんな事は無い。この本を買って是非上伊那へお出掛けして欲しいのだ。

信濃の山城と館⑤扉

【伊那谷の城館群とその特徴】

伊那谷には上伊那・下伊那合わせて300を超す山城と館が存在する。その多くは伊那谷の地形、大小河川、特に天竜川の河岸段丘(かがんだんきゅう)を利用したものである。また、支城・属城をいくつも持つ豪族(片切氏・松岡氏・小笠原氏)が多いのも特徴といえる。

蟻塚城 (17)諏訪神氏(みわし)の流れを汲む笠原氏の蟻塚城。後方の山頂に守屋山城がある。

【南信濃の中世~戦国時代】

伊那源氏の祖とされる源為公(ためとも)は、後三年の役(1083~87)の功労により朝廷から箕輪付近の領地を賜り、上の平(箕輪町南小河内)に居を構えたという。(現在の上の平城跡)
その後、為公の子孫は各地で活躍し、片切氏、大島氏、名子氏、前澤氏、赤須氏、飯島氏、岩間氏らに分かれ繁栄したという。

戦国時代、南信濃の飯田方面に勢力を拡大した知久氏はもともとは箕輪の上の平に土着したのだという。(諏訪神氏の出自といわれる)
しかし、何故知久氏が箕輪を去ったのかは不明らしい。(武田に抵抗した知久氏の悲劇はいずれまたご紹介したいと思う)

守屋山城 (92)高遠への入り口を守った守屋山城。

武田氏の征服以前の上伊那は、高遠頼継が諏訪惣領家へ介入したり、守護職だった小笠原氏の惣領家争いに巻き込まれたり不安定だった。

福与城 (1)府中小笠原長時の義弟の藤沢頼親の福与城。

天文十四年(1545)四月、武田晴信(信玄)は杖突峠を越えて高遠に頼継を攻め、そのまま藤沢頼親と伊那衆の籠城する福与城を囲む。

50日間持ちこたえたが、小笠原の後詰めが無い事を知った藤沢頼親は和議を申し入れて武田方に城を開け渡した。

この時点で上伊那は武田の占領地となり、高遠城は軍事行政の拠点として武田流の築城方式の城として大改修され、船山城や飯島城も武田流として手が加えられたという。

謎の天守?高遠城の謎の天守閣(笑)

山田城・新城 (16)山田城の主郭。


偉そうに書いてきましたが、一部の山城を除き、上伊那はほとんどが未体験ゾーンでございます・・(汗)

「しょうがねえなあー、道案内ぐらいはしてやるか」と男気のある方はご連絡をお待ちしております(マジで)

出来れば、クーさんと出逢う可能性大の晩秋にお願い出来れば・・・(ってか、いるかそんな物好き!)

信濃の山城と館⑤裏


【信濃の山城と城館 第五巻 上伊那編】

発行:2013年6月20日初版初印発行

著者:宮坂武男

発行者:伊藤光祥

発行所:戎光祥出版株式会社

収録城館数:222

詳細:http://www.ebisukosyo.co.jp/books/history_sinano-yamajiro5.html

定価:7,500円+税  限定400部 ※売り切れ必死だ、急ごう!!

貝沼の物見や城 (54)「貝沼の物見ヤ城」の主郭にある朽ち果てた標柱。ここを攻めたら拍手喝采!表彰状を差し上げます(爆)







Posted on 2013/06/17 Mon. 06:00 [edit]

CM: 4
TB: 0

0606

信濃の山城と館➋  

◆後戻り出来なくなる川中島周辺の城砦群の誘惑◆

「らんまる攻城戦記」をご覧頂きありがとうございます。

頂きましたコメントは出来る限り掲載しご返答も書くようにしておりますが、「?」と思われる書き込みや「そこに心無き」残念なコメントは控えさせていただいております。ご了承ください。


【信濃の山城と城館②】

この本を手に入れ、川中島周辺の城館群を訪れた貴方は、もはや後戻り出来ない。

信濃の城と城館②

そう、扉の鳥瞰図は「若槻山城」である。

若槻山城 (27)主郭の標柱と河原石の表示。

その寸分狂う事の無い縄張図が、美しき鳥瞰図が、比高差のデータが、きっと貴方を誘惑するのである。

屋代城100

「いいねえ~」

裏面の縄張図は屋代城である。

屋代城 101屋代城の主郭周囲の石積み。

聞くと見るとじゃ大違い。

現地に立たなければ見えない風景もあり、その場所だからこそ拡大する妄想はかけがえのないものであろう。

売り切れ必死の「更埴・長野編」。

鞍骨城2 (86)天空の山城と呼ばれる鞍骨城の壮大な石積み。

既に記念すべき「佐久編①」は売り切れたらしい。

甲越戦争の謎に迫りたいなら、購入必須の本である。余談だが、長野県立歴史館でも販売している。

牧之島城② (3)牧ノ島城の三日月堀。

初心者でも分かり易い縄張図というのは実はとっても大切な事で、現地を訪れる為の好奇心を「くすぐる」のである。

本は買えても諸事情で現地に行けない方もいるかもしれない。

皆さんにいつか訪ねて頂くための前座として、体力の続く限り発信していきたいと思ってます。


「縄張図・断面図・鳥瞰図で見る 信濃の山城と館 第2巻 更埴・長野編 2013年 宮坂武男著」

     定価:本体7800円+税 戎光出版


旭山城跡 018旭山城に残る破城の跡(散乱する虎口跡の石積み)


信州の山城フリークなら、購入しても絶対後悔しない一冊。

らんまるも「イチ押し」ってか、「おしくらまんじゅう」しても後悔しない絶品だ!!・・・(笑)









Posted on 2013/06/06 Thu. 21:46 [edit]

CM: 2
TB: 0

0226

村上連珠砦の残り四つの謎が解かれた  

◆生涯現役を貫く神の偉業とは、少しもぶれない探究心だった◆

本日、「信濃の山城と城館③上田小県編」が届いた。

いつも通り「コラム:山城の歩き方①~⑩」を真っ先に読み、イチイチ感動している(笑)

上田・小県の山城は「図解山城探訪 上田小県編」を穴の空くほど読み込み、自分としてもかなり歩き廻ったので、今さら読むところなんぞ・・・・・・・・・・・(汗)

それが大きな間違いで、最新の取材も取り入れた恐るべき最新版だったのである(驚)

sinano3.jpg

虚空蔵山系に展開する村上連珠砦群では、以下の四つの砦が不明だった。

「ユタカノ城(豊城)」「積城(つみじょう)」「亀井城」「眉見林の城(みけんばやしのじょう」

小生も「ユタカノ城」を求めて東太郎山の尾根を探索したが見つけることは叶わなかった・・・。

今回の刊行本では、宮坂氏がこれら四つの城をほぼ特定しているのは驚きであった。

虚空蔵山系①

積城と亀井城は虚空蔵山城の東の続き峰である。

積城①
虚空蔵山城から見た積城と亀井城。

虚空蔵山城がかなり手を加えた跡が確認出来るのに対して、自然の地山という感じをぬぐえないが、どうであろうか?

宮坂氏がこの場所を再調査したのは平成24年11月25日と記載があった。

小生が虚空蔵山ツアーを開催した翌日だったのだ。79歳でこのような場所に登ったというのだから、神の神たる所以とはこの事であろう。


また、眉見林の城は、小生がガキの頃に遊びまくった「指さしゴウロ」の先端に位置するという。

(ってか、こんな山で遊んでいる小学生も変?であろう)

虚空蔵山系②

あれほど苦労して探索した豊城は上信越自動車道の山口トンネルの先端の尾根にあったのだ・・・。

柏山城 048
柏山城の登り口に写っていたユタカの城。灯台もと暗しとはこの事か・・。

それにしても昨年の11月、神が虚空蔵山で調査されていたとは恐れ多い・・・。

凡人が神に近づくには、慢心する事無く、愚直に城を何度も訪れる事なんだと改めて思いましたよ。

未踏破の四つの砦は近日中に落としますよ!!(笑)

しかし、使用している写真、季節が目茶苦茶だなあーーーーーー(爆)

Posted on 2013/02/26 Tue. 23:11 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top