らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1203

武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望  

◆信州の諸城攻略を目指す方には必見の書籍!◆

先日は悪天候となり冬将軍に逆らえず予定していた水内郡の攻略は中止と相成った。

然らば翌日こそはと挑んだが予定数の半分は積雪の為に断念する(汗)

若宮城 (1)積雪の多さで断念した若宮城。

それでも三度目の正直で三日城を落とせたのは収穫であった・・(笑)


さて、以前にも書いたと思うが、中世城郭について語る方法はハード(現地調査、発掘)とソフト(古文書調査や口伝の聞き取り)があり、その融合した延長上にこそ往時の姿が見えるのであろう。

入口はどちらであっても辿りつく先は一緒であるが、ハード系は場所さえ分かれば体力勝負で何とかなる。といっても最終形の縄張りしか調査出来ないというジレンマがあり、変遷の過程は不明瞭だ。

ソフト系に至っては、古文書を読むという作業から始まり、この文書が誰によって書かれ、それが何時書かれたのかという年代(あるいは年月)と時系列の特定と考証が必要になる。
既にある資料との整合性や文書の信憑性など解き明かしていく作業は想像を絶するものであろう。

この本の著者である平山氏は、僅か7年間の日本史の歴史のはざまの調査の為に自分の人生の10年という時間を費やすしているのだ。

そんな奇特な方がいなければ、小生の天正壬午の乱と信濃の関わりなどありきたりの認識で終わったに違いない。

武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望

以下は平山氏の「はしがき」の一文である。

「信濃・上野の国衆や武士が、自分の領土保全と拡大を目指して、北条、徳川、上杉という大国と結合や離反を繰り返し、逆に大国の戦略や思惑を大きく狂わせ、翻弄することすらあったことは極めて重要である。戦国争乱が、常に大国有利だとばかりいえないことをよく示す実例が、数多く見受けられるであろう。本書は、そうした中小国衆の動向を可能な限り追求し、徹底して書き込むことに意を注いだ。そこにこそ、大国中心の歴史叙述を相対化する鍵が潜んでいると思ったからである。」

松代城址 063川中島四郡の拠点である海津城址。

購入してイッキに読んだ。繰り返して読んだ。既に四回以上も読んでいる。

天正十年~天正十四年までの五年間の軌跡は、信玄により蹂躪され続けた信濃の国衆が、大国を手玉に取る逆襲の濃密な時間であったのだ。

naganuma3.jpg景勝も入城した長沼城。残念ながらその遺構はたび重なる洪水で消えてしまった。

平山氏がその恐るべき執念で解き明かしていただいた天正年間の信濃。

この本を読まずして信濃の諸城を語る事無かれと思う次第であり、これから信濃詣でを目指す諸氏には、是非とも読んで頂きたい秀逸の書籍である。

上田城01徳川氏が築き真田昌幸が懇願して貰い受けた上田城。その所以故に徳川の「忌まわしき城」なのである。

定価は2500円。平山氏の10年間の対価としては安すぎるが、信州の戦国時代の指南書としては間違いなく最高の本である。



Posted on 2012/12/03 Mon. 21:07 [edit]

CM: 6
TB: 0

1030

信濃の山城と館 (佐久編)  

◆この書を見ずして信州の城を語る事はありえない◆

「図解山城探訪」を初めて図書館で閲覧した時の衝撃は凄まじいものであった。

その日は「上田小県資料編」を大学ノートに仔細を書き写して丸一日を図書館で過ごした・・(汗)

「非買品」という巻末のクレジットが恨めしかった。三年前の話である。

その日から宮坂教の信徒になった。

教祖は今もご健在であるが、巡礼という名の元に信濃の城をWEBで記録するという暴挙を思いつき現在に至っている。

そのバイブルが市販化されるのであれば、借金背負っても買うのが弟子の責務である(笑)

信濃の山城と館①

予約した第一巻が本日届いた。(既に全八巻を予約済みです)

この扉の城がどこかすぐに分かる方は宮坂教の重症患者であると思われる・・・(爆)

信濃の山城と館②

裏面の縄張図で城名を言い当てた方もビョーキの進行が酷いので今のところ処置方法はありません(笑)

我こそはと思う重症患者の方は、コメント欄にご記入下さい。抽選でらんまる同行ツアー「神が見た鬼ヶ城、猿ヶ城」にご招待します(爆)

冗談はさておき、中世城郭研究の第一人者である平山優氏と武井英文氏が強力に推薦する限定400部の復刊本。

もう二度と買う事の出来ない貴重なバイブルです。信濃の城を極めたいと思うならお急ぎ下さい!!

チラシ①

チラシ②


宮坂氏の特別コラムも掲載されているので、必見です。








Posted on 2012/10/30 Tue. 22:22 [edit]

CM: 4
TB: 0

0727

「図解山城探訪」復刻版ついに発刊決定  

◆誰もが熱望して止まなかった聖書が手に入る至福の吉報が届いた◆

「図解 山城探訪(全十八巻 宮坂武男著)」は熱狂信者であっても困難入手なバイブルである。

思えばフランシスコ・ザビエルのように信州の山城を一つ一つ神の教えに従って拙いブログに掲載してきた。

しかしまだ264/1200と道半ばである・・・・(汗)

yamasirotanbou.jpg


そういえば少し前に馬念様から図解山城探訪が市販化されるかもしれない・・という情報を頂いた。

実現すれば嬉しいな~と思う反面、膨大な神の言葉(文字)や神々しい鳥瞰図や縄張図、断面図を全てそのまま本に収めるのはコストがかかり過ぎて難しいだろうし、そんな事が実現出来る出版社があるのだろうか?と半ばあきらめていた。


で、本日、日本の城郭研究の第一人者である竹様より「市販化決定!」のメールを頂戴しました。


「ホントに? そりゃまたワイルドな知らせダゼイ!!」


こんな名も無き信州の山猿にまで心配りされるとは、かたじけのうございます。

img_1021678_30872711_0.jpg
↑データは「~未知なる城を求めて~城郭研究ノート」よりお借りしました。


B5仕様で全8巻。しかも限定400部。しかも神の手書き文字。そして見る者を魅了して止まない鳥瞰図の数々‥。

これは購入して神棚に収めて毎日礼拝しなければ「エセ・ザビエル」の誹りを受け逆徒扱いになるであろう(笑)

詳しい情報は~未知なる城を求めて~城郭研究ノートを至急ご覧頂きたい!!


関係者の皆さまのご尽力には感謝感謝感謝でございます。ありがとうございました。


赤飯炊いてお祝いしないといけませんネ(笑)

ってか早く予約しないと・・・・・(汗)

Posted on 2012/07/27 Fri. 18:07 [edit]

CM: 2
TB: 0

0702

痛恨の極み  

◆覆水盆に返らず◆

おかげ様で「らんまる攻城戦記」は三周年を迎えたのだが、未だにデットストックで記載出来ないメジャー級の城がある。

千曲市にある屋代城である。

この城跡が森将軍塚古墳の犠牲となって破壊された城跡である事を記載しているのは北緯36度付近の中世城郭の管理人であるあおれんじゃあ殿と城と古戦場の管理人マサハレ殿ぐらいであろうか。

長野県の中世城郭の調査は他県に比べるとかなり劣っていると思わざるを得ない。

高速道路や新幹線の整備開発事業に伴って仕方無く発掘調査しているという有り様で、長野県民としては情けなくなる次第である・・・(怒)

昨日、図書館で調べ物をしていたら偶然にも以下の書物を発見した。

yasiro01.jpg


早速借りて読み漁ったのは云うまでも無い(笑)

昭和四十五年、高度成長期の真っただ中で森将軍塚古墳の周辺(屋代城の隣の尾根)は土砂砕石が活発化し、古墳崩壊の恐れがあった。

住民の古墳保存運動で更埴市(現在の千曲市)の住民の90%以上が署名を集めて古墳周辺の土砂砕石の収集は中止となった。

その代替地となったのは一重山(屋代城跡)である。


tumikusa (3)
長野道の姨捨SAから見た一重山。


当時の住民の屋代城に対する意識は低く、その結果として本郭の南側120mの尾根は完全に破壊され消滅しこの世から姿を消したのである。


経済優先の行政の手腕とは、そんなものである。

幸いにして、昭和四十六年に識者から文化財に指定されてそれ以上の破壊は免れたのである。

破壊前には大小6本の堀切と郭が存在したという。

もう見る事は叶わないのだが、国土地理院の昭和二十二年航空写真では、その跡がクッキリ写されている。

yasiro031.jpg


残念ながら主郭の南側の馬の背と北の郭群の連接部を破壊されてしまった屋代城跡ではあるが、三年ぶりにちゃんと調査して残った遺構から推察する記事を書いてみたいと思った次第であり、予告編です(笑)

いつになるやら・・・・(汗)屋代城跡 018
屋代城の本郭跡。

Posted on 2012/07/02 Mon. 21:51 [edit]

CM: 8
TB: 0

0121

川中島の戦いと北信濃 武士・民衆 もうひとつの真実  

◆地元目線で書きおろされた川中島戦いの史実◆

久々の連休となり攻城を再開する予定が、先日のカミ雪で信州上田で閉ざされている・・・(笑)

昨晩は取引先の方と飲み屋で歴史談議。源平合戦~太平洋戦争まで(日本史の授業かい!)

神社仏閣の歴史に造詣の深い方で、軍艦プラモも大好きだとか。世の中には似た趣味の方がいるものです(爆)

BOOK1.png

昨年末に図書館でついでに借りた本。

内容などあまり期待していなかったのだが、地元の学芸会員の方6名の視点で書かれたこの本、秀作である。

book2 (2)

予備知識など無くても、それぞれの章はすんなり読めるし丁寧で判り易い。

戦国時代の「川中島」とは、現在の場所を示した呼び名ではなく、北信濃の総称である。

もっとも武田晴信は埴科郡(はにしな)・更級郡(さらしな)・水内郡(みのち)・高井郡(たかい)の四郡としていたが、上杉謙信は単純に領国に隣接する北信濃の名称として認識していたらしい。

そんな解説から、北信濃の国人や村人がこの合戦にどう関わったのかを優しくひも解いている。

book2 (3)

もちろん、山城についても書かれている。嬉しい限りだ・・(笑)

善光寺平周辺の山城だけでなく、中世の山城の築城方法や郭の建物、戦術、守る兵士の武器、そして城の破却方法まで懇切丁寧に写真付きで説明がされている。

最後には山城の研究方法にも触れている。


ありきたりな川中島戦記に飽きた方も、山城マニアにも必見の価値がある素晴らしい本です。

宣伝料は頂戴してませんが(汗)、愛蔵書としてらんまるお薦めの本でございます。

是非、ご一読願う次第であります。

詳しくは⇒川中島の戦いと北信濃

Posted on 2012/01/21 Sat. 09:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top