FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0504

鬼ヶ城 (長野市戸隠)  

◆信濃に三ヶ所ある「鬼ヶ城」のミッションコンプリート!◆

以前も書いたが、だいたい「鬼」とか「猿」とかの名の付く山城は人を寄せつけない非常に厳しい場所にある。

特に「鬼ヶ城」と名の付く城は、「長野県の中世城館跡」では以下の三ヶ所である。

①小県郡真田町(現在は上田市)の角間渓谷

kakumaoni (41)
角間温泉の入口から見上げた鬼ヶ城。

②小県郡武石村(現在は上田市)の焼山

鬼ヶ城(上田市焼山) (27)
焼山沢より見上げた鬼ヶ城。

③上水内郡戸隠村(現在は長野市)の荒倉山

IMG_5989.jpg
戸隠の円光寺館から見た鬼ヶ城。

これらの城を中世城郭としてとらえて良いものかどうかは別として、城と名が付く以上は一度は現地を踏査したいと思ってしまう。

もちろん、それら三ヶ所の鬼の城は宮坂武男氏が「図解山城探訪」(復刻版:信濃の山城と館シリーズ)に掲載されているので、何を今更・・・と思ってはみても「怖いもの見たさ」の深層心理とご理解いただければ幸いである・・・(笑)

今回ご案内するのは、その三ヶ所の鬼ヶ城の最後の難関だった戸隠荒倉山の「鬼ヶ城」である。

IMG_5974.jpg
登り口の戸隠栃原の田頭集落から見た鬼ヶ城。かなりの距離があるが大丈夫か?

今回は合同踏査ということで、毎度お馴染み信濃先方衆のていぴす殿に加えて、越後国よりえいき殿、相模国より小太三郎様をお迎えして「秘境に挑む」のであった・・・・。

IMG_5950.jpg
林道の終点から適当に見当をつけて尾根に向けて直登するしかない。

【立地】

裾花川の左岸で旧戸隠村と旧鬼無里村の境に聳える荒倉山の支尾根上にある。尾根伝いに北上すれば砂鉢山(1431.6m)を越えて紅葉の岩屋を越えて戸隠三社に通じ、南に下れば裾花川を渡り小虫倉山(1269m)越えて犀川沿いの集落に繋がる古道の要衝だったという。
戸隠の田頭集落から沢伝いに尾根を越え、更にその先の沢を詰めた場所にあるので容易に人を寄せつけない。

IMG_5947.jpg
ここから鬼ヶ城のある尾根まで比高100mの藪漕ぎ。岩山の斜面を木につかまりながら這い上がるのである。

戸隠の田頭集落から鬼ヶ城の直下まで通じている「林道上入線」がどこまで辿れるのか?が今回のチャレンジのポイントだった。道路状況によっては最悪断念することも考えていたが、幸いな事に倒木や落石なども無くなんとか終点まで辿り着いた・・(汗)

IMG_5921.jpg
直登して何とか城の手前1,100mの鞍部に辿り着く。尾根筋にはしっかりと道がついているので驚いた。

【城主・城歴】

戸隠地方に伝わる「鬼女紅葉伝説」の場所で、鬼無里を追われた紅葉が荒倉山に逃れ最初の拠点としてここに砦を築いたという。
他の中世城館や山城と違い伝説の域ではあるが、古道の要衝を見張る位置にあることから戦国時代にも物見が置かれた可能性は否定できないと思う。

鬼が城1
この岩場から城域が始まる。今回初参戦の相模国の猛者の小太郎さん(中央)と、久々参戦のえいきさん(手前)。

「長野県町村誌」にも「鬼ヶ城」として、「本村(戸隠村)の西の方にあり、高凡九十間周囲凡百五十間、孤立山にして築立せるが如し。頂上は平行にして方二十間あり、往昔、鬼女紅葉の住せし所なりと云ふ。嶮にして登る事難し。」とある。

鬼ヶ城見取図①
砦というよりは修験者の遥拝所だった可能性もあるだろう。

【城跡】

鞍部から歩くと岩場の登りとなる。一騎駆けのような痩せた岩尾根を過ぎ山頂部に入ると人の手の加わった場所に入り平場が連続する。

見取図の3が頂部であるが、そこから下ると石積のある郭1となる。石積みは祠の基壇か積石を信仰の対象として設置された可能性がある。一段下の郭2は先端に土塁のような形状を持つが防御構造とは言い難い。
その先に三角点があり、段郭の先は下りとなり城域はここで終わるようだ。

鬼ヶ城(戸隠) (9)
郭1の平場(15×8)

鬼ヶ城(戸隠) (11)
郭1にある石積み。祠の跡というよりは修験者が積石を重ねて遥拝所としたように思えるが。

鬼ヶ城(戸隠) (14)
郭2。南側に土塁のような盛り上がりもあり連続する平場の中では一番広い。

鬼ヶ城(戸隠) (16)
郭2を下った先の三角点(1133.9m)。ここも郭のようだ。

鬼ヶ城(戸隠) (17)
三角点の先の郭。ここで城域は終わるが、道は南尾根伝いに続いている。

鬼ヶ城(戸隠) (18)
この時期は頂上からの景色はぱっとしないが、往時は裾花流域や鬼無里方面、戸隠もしっかり監視出来たと思われる。

宮坂武男氏もここを城跡とみるかは問題を提起している。

えいきさんと話をした中では、戸隠山の宗徒が修験道の霊場または遥拝所として自然地形に多少手を加えた場所であろうという見解に達した。戦国時代、甲越紛争に翻弄された戸隠山の宗徒が防衛の為に見張りを置いた事も充分考えられる。

鬼ヶ城(戸隠) (22)
最高所の郭3は視界が開けて東側の彼方に善光寺平が見える。

鬼ヶ城(戸隠) (26)
郭4。西側に土塁のような跡があるが、削り残しであろうか。

鬼ヶ城(戸隠) (21)
城域の尾根は十個以上の平場が連続している。

以上、信濃の鬼ヶ城のラストであったが、一番砦らしい鬼の城でした・・・。

もっとも林道が無ければ行く気にもなれなかったと思うのですが・・・(笑)

鬼ヶ城(戸隠) (1)
当日のGPSログ

≪鬼ヶ城≫ (おにがじょう) 

標高:1140m 比高:195m 
築城年代:不明
築城・居住:不明
場所:長野市戸隠荒倉山
攻城日:2018年4月29日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:30分(上入林道終点より)
駐車場:林道終点
見どころ:岩場の連続した郭、頂上からの景色
参考文献・書籍:「信濃の山城と館② 更埴・長野編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
注意事項:単独は避けよう。林道走破なのでオフロード車でないと無理。直登のため目印を付けて登ろう。
付近の城跡:追通城、福平城、中尾城、上祖山城など
SpecialThanks:ていぴす殿、えいき殿(越後国)、小太三郎殿(相模国)



鬼ヶ城(戸隠) (34)
林道上入線の途中から見た鬼ヶ城全景。

Posted on 2018/05/04 Fri. 11:28 [edit]

CM: 4
TB: 0

0502

多胡氏館 (長野市田子)  

◆若槻氏の分派である多胡氏の居館跡◆

例年であれば、北信濃や白馬・小谷方面はGW期間中が山城シーズンラストの見頃となるのだが、今年の異常な気温上昇の為に新緑が覆い始めており、終了のゴングが鳴り響いている・・・(汗)

近い将来、山城のトップシーズンは12月~3月末が定着するのでろう。降雪多い地域の山城探訪は12月上旬と3月下旬の1ヶ月に限定となる日は近いのではないかと真剣に心配している次第である・・・。

今回ご案内するのは、夏場の城館巡りに推挙したい「多胡氏館」(たごしやかた)である。

多胡氏館(長野市) (1)
田子公民館の脇の道路の鳥居が居館跡への入口の目印だ。

多胡氏館(長野市) (3)
居館の南側には、田子池と接続する泥田か水沼のような堀が存在したという。

【立地】

先日ご紹介した多胡城の東側の麓で田子神社と田子池の間の丘陵が多胡氏の居館跡と伝わる。

多胡氏館(長野市) (4)
居館の正面には地元の田子地区の方が平成24年に説明板を立ててありました。有難い事ですw

多胡氏館(長野市) (6)
居館の中心とその周囲。果樹園として耕作地化しているが、往時もさほど変わりなかったように思える。

【城主・城歴】 ※現地の解説版を引用

若槻里城に本拠を構えた若槻氏一族は、鎌倉後期から南北朝・室町を経て戦国時代に至るまで繁栄を続けた。「尊卑分脈」によれば、源義家の孫頼隆の曾孫頼仲が、若槻庄内の多胡・押田の両郷を相伝し開発を進めている。

多胡氏館見取図①
yahooの航空写真に加筆修正して往時の縄張図を推察するとこんな感じであろうか。

居館跡については、明治十四年(1881)編纂の「田子村々誌」に、「村の子の方、字北村耕作地柏木山林の麓にあり。東西四十間・南北五十間、東南の二方一段低く堀跡なりtぴう。今は水田となれり。西北は山を負う。多胡氏代々之に居る。里俗伝に該氏は源義家の孫頼隆の三男多胡宗太なる者、当地の郷士となり是に居り、数世の後、某代なるか村上氏の幕下となる。
天文二十二年(1553)八月、村上義清国退去の後、多胡大内蔵義際武田氏に属すると云う。伝記詳ならず」と記されている。

多胡氏館(長野市) (12)
居館の南側の堀跡。その先には多胡城が見える。

【居館跡地】 ※現地説明板より引用

田子神社の東南東約百メートルの八幡平と呼ばれる高台に位置し、西方から南方にかけて幅員10~20メートルの濠状の低湿地が取り囲み堀跡を偲ばせていたが、現在は埋め立てられ、耕地や原野となっている。また、東方は田子池に接続する丘陵台地で、いかにも往昔の古館の跡を彷彿とさせる。

多胡氏館(長野市) (16)
田子池に接続する濠状の濠跡と台地。

多胡氏館(長野市) (17)
「八幡平」という名は、この居館の主が源氏に由来している事を指すのであろう。

≪多胡氏館≫ (たごしやかた) 

標高:420m 比高:6m 
築城年代:不明
築城・居住:不明
場所:長野市田子
攻城日:2016年5月5日
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:-
駐車場:公民館の駐車場を借用
見どころ:濠跡
参考文献・書籍:「信濃の山城と館② 更埴・長野編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
注意事項:耕作地なので無断侵入不可
付近の城跡:多胡城、土京城、鐘撞堂山、若槻山城など


Posted on 2018/05/02 Wed. 06:07 [edit]

CM: 0
TB: 0

0426

多胡城 (長野市田子)  

◆若槻氏一族の多胡氏に関連する砦か◆

次男の慶事で多忙を極め、山城訪問のスパートもかけられずGWに望みを託しているが、連日の気温の高さに閉口するばかり。

過去の訪城写真を見ながら薄れゆく記憶を呼び覚まし、「ここは何処?私は誰?」と自問自答しつつ記事を更新したい・・(笑)

今回ご案内するのは、ショートカットが裏目となりタラノ木が密集する雑木林を徘徊して遭難するかと思った多胡城でございますw

IMG_5432.jpg
悪戦苦闘して辿り着いた多胡城の主郭。

【立地】

長野市から豊野を抜けて野尻湖へ向かう千曲川の左岸の三登山(923m)の東の裾野にあり、髻山城若槻山城の中間地点に築かれた砦である。

登路は多少遠回りになるが、麓の地蔵院から百体観音の石仏を数えて徒歩で登るのが良い。

小生は宮坂武男氏の語録に従い、西側の三千寺を目指しジムニーで林道経由のショートカットの道を辿ったが、観音堂への道はほぼ消失しジムニーを捨てて徒歩で向かうも、身の丈以上の棘科の植物が密集する地帯を藪漕ぎする羽目となった。

帰りの道をロスしないためにビニールテープを目印の木に巻き付けるのは久々であるが、ここで遭難する訳にもいかない・・・・。

多胡城(長野市) (3)
ようやく辿り着いた郭の北隅には新しい観音堂が建てられ、長野市指定文化財「木造聖観音菩薩立像」が安置されている。

IMG_5435.jpg
郭の中央部分。観音堂の勧進により改変されたのであろうか。


【城主・城歴】

城址の東隣に多胡氏の居館跡が伝わる事から、多胡氏関連の砦と思われるが、そのことについての資料は不明。
多胡氏は若槻氏の一族で村上義清方に属していたという。、この地域には多くの砦があり、甲越紛争の際にも大いに利用されたのであろう。

多胡城見取図①
縄張りは土塁が囲む単郭のみの単純な物見砦の構造。

多胡城(長野市) (4)
郭の中央には巨大な石塔があり、その周囲の土塁の上には夥しい石仏が列をなしている。

【城跡への行き方】

「信濃の山城と館②」において宮坂氏は「登るには、西側の三千寺への道から入ると楽である」と記載しているが、15年前の話なので、現在この道を実践すると痛い目に遭う。ってか、道形も消えかけているので行けば遭難する。

小生は城跡の西側の農道の脇にジムニーを捨てて歩いて城跡を目指したのだが、タラノ木の密集する雑木林に行き手を塞がれて体中刺されまくるし道は消えるし大変な目にあって何とか城跡に辿り着いた。ここは地蔵院から参道を登るべし・・・(汗)

多胡城(長野市) (6)
曲輪の東側には、麓の地蔵院からの参道がしっかり付いているので、多少時間がかかろうともここを登るのが良い。

多胡城(長野市) (8)
郭の南側から見た郭全体。

【城跡】

無数の石仏に囲まれた観音堂の立つ郭は48×10の「広さがあり、西半分は土塁で囲まれている。
堀切や石積などの防御も持たないことから物見砦程度の役割だったと思われる。
現在は雑木林等で眺めは悪いが、枝を取り払えばかなりの眺望があったものと推定される。

多胡城(長野市) (10)
土塁の上に並ぶ石仏群。

多胡城(長野市) (21)
郭の西斜面の切岸。藪漕ぎの先にこの建物が見えた時は何故かとても嬉しかった・・・(笑)

IMG_5439.png
当日のGPSのログ(軌跡)。このルートは危険なのでお勧めしません・・・(汗)

≪多胡城≫ (たごじょう 観音山) 

標高:523m 比高:105m (地蔵院より)
築城年代:不明
築城・居住:不明
場所:長野市田子
攻城日:2016年5月5日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:林道より20分
駐車場:無し(地蔵院様にお借りしましょう)
見どころ:土塁、石仏など
参考文献・書籍:「信濃の山城と館② 更埴・長野編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
注意事項:西側のショートカットルートは推奨しません。地蔵院より登りましょう。
付近の城跡:多胡氏館、土京城、鐘撞堂山、若槻山城など

多胡氏館(長野市) (35)
東麓の多胡氏館跡から見た多胡城。比高105mと言っても結構な高さであることが分かる。

Posted on 2018/04/26 Thu. 21:44 [edit]

CM: 4
TB: 0

0420

大築城 (長野市戸隠)  

◆鬼女紅葉伝説の荒倉山に築かれた詰め城◆

そういえば4年前の今頃は、戸隠の鬼女紅葉伝説に没頭し、取り憑かれたように毎週戸隠周辺を探索していた・・・(汗)

無論このような話が史実ではなく、伝説の域を越えない言い伝えであることは百も承知であったが、それを現代まで口伝として残した偉業に敬意を表しての事であった。調査記録は自分なのだが、今読み返しても我ながら真剣に取り組んでいた秀逸の作品であり、この情熱を越える日が来るのかは、甚だ疑問ではある・・・(笑)

さて、そんな自画自賛はさておき、今回ご紹介するのは、鬼女紅葉の伝説満載の荒倉山に築かれた大築城である。

大築城 (54)
まずは荒倉キャンプ場を目指そう。林道は狭いが舗装路なので乗用車でも大丈夫。

大築城マップ
管理棟の入口には案内図があり大築城も表示されているが、遊歩道は廃道に近い状態なので直登しよう。

【立地】

旧戸隠村の西側で俗に荒倉山と呼ばれる山脈の東に張り出した尾根上のピラミッド形の山頂に築かれている。荒倉キャンプ場から北側へ林道を辿り、ヘアピンカーブを南に下り舟岩方面と合流する三又路付近に車を止めて斜面を直登する。かつては南尾根を辿る遊歩道があったようだが廃道で通行は困難。直登といってもある程度道形があるので藪漕ぎの覚悟は不要だ。

大築城 (51)
カーブミラー付近からテキトーに斜面を登ると城跡に着きます。さすがに夏は避けましょう・・ってかこの時もギリギリでした(笑)

大築城 (4)
途中まではこんな感じで道形があるので「ひたすら」ピークを目指しましょう!

【城主・城歴】

ここから南東1.3kmに位置する溝口伯耆守の居城福平城の詰めの城と伝わる。

大築城見取図①
小さな砦なのだが、厳重な防御が施されている。

【城跡】

山頂の岩を巧みに利用し城壁や土塁の代用としている。最上部の主郭と堀切㋑で隔てた副郭で構成され、前後を数条の堀切で穿っている。萌えだした新緑のために細部は捉える事が出来なかったが、積石で郭を補強するなどかなり手が込んでおり、福平城の改修時にセットで補強されたと考えられる。

大築城 (58)
南尾根を辿ると最初に現れる堀切㋐。ここから城域となる。

大築城 (19)
郭2の南側の切岸。

大築城 (26)
郭2(15×10)

大築城 (23)
郭2はやや傾斜しており周囲を土塁が囲む。

大築城 (59)
郭2と郭1の間の堀切㋑。

残念ながら城跡は鬱蒼とした雑木林で囲まれ見晴らしも良くない。周囲の木を伐木すれば戸隠の大半が見通せるはずなので、往時は物見として活用されたのであろう。

大築城 (30)
別アングルで堀切㋑。

大築城 (61)
大岩を土塁代わりに利用した主郭。

大築城 (38)
巨岩が鉄壁の守り。

大築城 (46)
主郭(郭1)背後の堀切㋒。城域で最大の上巾8m。

大築城 (47)
最終の堀切㋓を上から見下ろす(上巾7m)

【参考までに】

●下記は当日の城跡までのGPSログ(赤い点線)。攻略される方の参考になれば・・。

大築城 (2)

●紅葉の岩屋へは車で行かれますが、釜岩と舟石は徒歩で。お勧めはやはり紅葉の名の如く秋ですね。

大築城 (67)
紅葉の岩屋。トンネル手前の左側に遊歩道があり案内板もある。興味のある方は是非。


≪大築城≫ (おおつきじょう) 

標高:1199m 比高:230m (荒倉キャンプ場より)
築城年代:不明
築城・居住:不明
場所:長野市戸隠
攻城日:2016年5月22日
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:林道より30分
駐車場:無し(林道脇に路駐)
見どころ:堀切、土塁など
参考文献・書籍:「信濃の山城と館② 更埴・長野編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
注意事項:直登なのでそれなりの装備で。
付近の城跡:福平城、高城、大昌寺山城、中尾城など

大築城 (65)
紅葉の岩屋入口から見た大築城遠景。



大昌寺山城① (19)
大昌寺山城の麓から見た福平城・大築城方面。

Posted on 2018/04/20 Fri. 14:13 [edit]

CM: 6
TB: 0

0411

根小屋城 (長野市戸隠)  

◆善光寺と戸隠三社を結ぶ信仰の古道を抑える台地の先端に築かれた砦◆

武田信玄と上杉謙信が干戈を交えた甲越紛争は、川中島合戦ばかりにスポットが当たるのだが、越後国境の野尻口や関川に通じる戸隠・鬼無里でもゲリラ戦が繰り広げられた。

この紛争は、戸隠山や飯縄山、小菅山などの修験道を味方につけることで宗教上の優位性と大義名分を確保したいという狙いがあり、信玄の調略に応じて謙信の怒りを買った戸隠山は兵火に焼かれ、三社を小川村に疎開させるという悲劇に見舞われている。

今回ご案内するのは、善光寺参りを終えた信者が陣場山を越えて裾花川を渡り、戸隠山に向かう台地の古道を監視したという根小屋城。なんせ、3年前の6月の訪問なので記憶が曖昧なのはご容赦願いたい・・・・(笑)

根小屋城(長野市戸隠) (2)
農道の開通により堀切の形が変わってしまったが上巾12mの横堀㋐。

根小屋城(長野市戸隠) (1)
L字の横堀㋐に接続する㋑を堀形とみるのは中々難しいが耕作地化による改変であろうか。

【立地】

飯縄山(1917m)の南に広がる裾野の台地が裾花川に突き出す先端の高台を利用して築かれている。ここからは南の陣場平山(1257m)とその西脇の地蔵峠が一望できる。西側の楠川を挟んだ栃原の台地に築かれた福平城と共に善光寺平からの侵入を見張ったものであろう。

根小屋城(長野市戸隠)見取図①
残念ながら近年に主郭に電波塔が立てられたが、破壊は最小限に留まったようだ。

根小屋城(長野市戸隠) (4)
ほぼスクエアな郭3。

根小屋城(長野市戸隠) (5)
城址は耕作化されたものの、郭の輪郭や切岸はそのまま残ったと思われる。


【城主・城歴】

史料や口伝等も無く不明。善光寺平に通じる陣場山を中心とした物見や砦が見渡せる位置にあるので、甲越合戦の頃には重要な拠点として狼煙台の機能も果たしていたと思われる。

戸隠地域に展開する山城としては福平城に次ぐ広さがあるので、第二次川中島合戦後の講和条件で前線を下げさせられた武田軍が柏鉢城を拠点として裾花川流域から野尻口を目指してゲリラ戦を展開する拠点の一つとして整備された可能性は考えられる。

根小屋城(長野市戸隠) (7)
郭2もかなりの広さだ。

根小屋城(長野市戸隠) (28)
主郭と郭2との境界は土塁でかさ上げした圧巻の切岸。主郭を見渡せないように目隠し効果も狙ったものであろう。


【城跡】

最高所に位置する主郭は電波塔の建設により南側が改変されたものの最小限に留まったようだが、郭の内部は身の丈もある藪が生い茂り詳細が確認出来なかった。南西に接続する郭4は堀切㋒を介して両サイドに腰郭を置き裾花川に突き出している。
郭2と郭3を囲む横堀㋐と㋑は上巾12mほどあり往時はもっと深かったと想定され、福平城やその出城の大昌寺山城と同じ時期の土木工事と考えられる。

根小屋城(長野市戸隠) (27)
主郭に立つ電波塔。ロケーションの良さで選ばれたのだろうが、何も城跡に立てなくとも・・・・(汗) ※右端は巨大な土塁。

根小屋城(長野市戸隠) (9)
草茫々の主郭から高土塁を見てもなんの事やらさっぱり・・・(汗)

根小屋城(長野市戸隠) (11)
先端の郭4と主郭を区分する堀切㋒。

根小屋城(長野市戸隠) (22)
郭4の削平地。

根小屋城(長野市戸隠) (26)
主郭に立つ物見櫓・・・(笑)

戸隠地区には驚くほど城跡が点在している。政教分離が徹底された現在の日本では考えられないのだが、往時は善光寺参りと戸隠山(戸隠三社)参りは周辺の地域住民の必須科目だったようで、上杉も武田も征服地の円滑な統治には宗教の取り込みは必死だったようである。

根小屋城(長野市戸隠) (32)
堀切㋐から見た城域。


≪根小屋城≫ (ねごやじょう 城) 

標高:860m 比高:-m 
築城年代:不明
築城・居住:不明
場所:長野市戸隠原口
攻城日:2015年6月7日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:5分
駐車場:無し
見どころ:堀切、土塁など
参考文献・書籍:「信濃の山城と館② 更埴・長野編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
注意事項:特に無し
付近の城跡:猿丸城、城ヶ峯城、栗田氏舘など

根小屋城(長野市戸隠) (36)



根小屋城(長野市戸隠) (39)
北側から見た城跡全景。

大築城 (52)
南を流れる裾花川の土合集落からみた根小屋城。こちらから見ると居館ってよりは山城って感じですよね(笑)

Posted on 2018/04/11 Wed. 23:44 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top