らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0321

茶臼山城 (松本市浅間温泉)  

◆赤沢氏の初期の要害城◆

そろそろ真面目に記事をアップしていかないと過剰な在庫を抱えて倒産しそうである・・・(笑)

写真2~3枚と適当な感想でも書いていけば何のこともないだろうが、地元のヤツがそんな体たらくでは恥ずかしいしネ・・・(汗)

今回ご案内するのは、立入禁止の為に周辺の観察だけで終わった茶臼山城。

IMG_5591.jpg
「一人ぐらい見逃してくれよ~いいじゃねえかよ・・・」と思いつつ、不法侵入してはいけません。

【立地】

浅間温泉の後背の山尾根先端部に築かれている。ここは麓からも良く見える。

【城主・城歴】

「長野県町村誌」には「本村の卯の方にあり。東西八間、南北十間、赤沢氏の持城たり。籏本姥貝左衛門と云す者に之を守らしむ。武田氏の大軍乱入・・・・・」とある。赤沢氏は小笠原氏に属し、その居館は本郷小学校の校庭あるいは温泉街の枇杷の湯付近にあったらしいが、その後稲倉城の麓の御屋敷平へ移ったという。

茶臼山城見取図

【城跡】

主郭にはかつて古墳があったようだが取り壊されて小屋が建てられている。城の主要部も耕作により改変された上に近年の道路の開通や貯水池の建設で遺構が壊されてしまい、往時の様子は推測するしかない状態。しかも主要部は立入禁止。主郭背後には堀切があったかもしれないがそれすら分からない。説明板には南方に30mの空堀とあるが、城への通路だった可能性もある。

IMG_5590.jpg
まあ、踏査出来ないので遠方から見るだけ・・・(笑)

IMG_5592.jpg
道路沿いに説明板があるのは有難いのだが、入りたいなあ。

IMG_5594.jpg
哀愁を帯びた標柱がイイ!

「信府統記」にも茶臼山城について記載があるが、「次の曲輪等ハ形崩レテ分明ナラズ」とあるので、この時点で既に主郭以外の郭は不明確に改変されていたようである。

IMG_5596.jpg
道路側から主要部分を撮影。この土手を登りたい衝動を抑えるのが難しい・・・・(爆)

小笠原長時の配下として稲倉城を本城とした赤沢氏だが、武田信玄の侵略時に武田方に降る。その後武田氏が滅亡すると小笠原貞慶の部将として刈谷原城主を命じられるが、天正十年(1583)に古厩氏・塔ノ原氏とともに謀反を企てるも事前に発覚し翌年松本城内で切腹となり赤沢氏は絶えた。

≪茶臼山城≫ (ちゃうすやまじょう)

標高:720mm 比高:55m 
築城年代:不明
築城・居住者:赤沢氏
場所:松本市浅間温泉
攻城日:2018年3月17日
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:無し (道路が狭いので路駐は広い部分へ)
見どころ:特になし
注意事項:不法侵入禁止。配水池も立入禁止。
参考資料:「信濃の山城と館④松本・塩尻・筑摩編」 (宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
付近の城址:横谷入城、伊深城、早落城など

IMG_5593.jpg
東側斜面の堀形。かつての登城通路だった可能性もある。

Posted on 2018/03/21 Wed. 14:58 [edit]

CM: 2
TB: 0

0319

「織田信長と上野国」 (群馬県立歴史博物館)  

◆グンマーをたった3ヶ月だけ支配した織田政権と悲運の武将滝川一益の足跡◆

「へえー、グンマーで織田信長に関する企画展があるのか・・・」

武田氏討伐後、その領国を支配下に置いた信長だが、僅か三か月後には本能寺の変で横死していまったのは周知の事実である。

信長より、武田討伐の功績を認められた滝川一益に上野国と信濃の佐久・小県を与えられたのは天正十年三月二十九日の事。

IMG_5622.jpg
らんまるがグンマーにこんな立派な美術館や歴史館があると知ったのは2018年3月18日の事。

着任当初は箕輪城(高崎市)、その後厩橋城(前橋市)に移った滝川一益は、着々と東国支配に向けた統治と拠点整備を進めます。この時に真田昌幸が他の豪族と共に一益に出仕したのはご存知の通り。

IMG_5623.jpg
残念ながら「上野三碑」は全く知らなかった・・・(汗)

せっせと東国支配に励んでいた滝川一益でしたが、六月二日に信長が本能寺で横死したことを知ります。武田討伐において織田に同調したものの、何の恩賞も得られなかった北条氏は、これ幸いと上野国の侵略に乗り出します。

IMG_5624.jpg
おお、ここが県立歴史館なのですね・・・。

「織田領国への侵略は許さん!!」

初老(といっても50代後半)の一益は北条相手に6月18日と19日の二日間、壮絶な戦いを繰り広げます。(神流川合戦)

初日は北条軍を撃破したものの、二日目には激戦の上敗走してしまいました・・。

IMG_5625.jpg
古墳と馬が、グンマーの誇りなのだと最近知った次第・・・面目ない・・・(汗)

結局、信長の後継者を決定する清須会議に間に合わなかった滝川一益は、秀吉を嫌い柴田勝家に味方するも、最終的には干されて坂道を転がり落ちてしまい、表舞台から消えた。
秀吉により捨て扶持を宛がわれて失意のうちに越前で没したという。

IMG_5660.jpg

織田信長は上野国に入る事はなかったが、上野国は東国御一統の地として東北制定の拠点になるはずであった。

そんな予習復習などなくとも、充分に楽しめる今回の企画展である。

戦乱の世が終わり徳川の世になると、小幡藩の初代藩主は、織田信長の次男信雄が着任し七代150年の間領地を治めました。

※詳細は⇒小幡陣屋を参照願います。

IMG_5661.jpg

明智光秀や羽柴秀吉、柴田勝家ほどの派手さはないが、いぶし銀として織田軍団の一角を担った滝川一益の生涯を知る機会は少ない。小生もこの企画展で改めて知った次第である。

IMG_5662.jpg

今回の企画展の内容を編集した展示図録も960円と破格の安さで手に入る。(数量に限りあり)

IMG_5659.jpg

同時開催として「明智光秀の源流~沼田藩土岐家の中世文書」もお勧めである。

入館料600円で企画展や常設展示も見られるのでとてもお得である。お近くならば是非お出かけください!!(5/13迄)

現地調査も大事だが、時として知識の幅を広げる時間も必要だと思うこの頃である・・・(笑)


4/30を除いた毎週月曜日は休館日なので注意!



Posted on 2018/03/19 Mon. 22:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

0317

信濃先方衆はこれからも険しき山城に挑み続ける  

◆「上田・小県編」のラスボス「馬伏城」の攻略に挑む(速報)◆

今ではその「比類なき働き」で、信濃の険しい山城攻略の相方となった「ていぴす」殿との出会いは2012年7月の事であった・・・。

お互い基本的には単独行動を基本としているが、難儀な山城へのアタックは同盟軍として相互補完し幾多の困難を切り抜けた。

その戦歴の中で最たる山城は、日本最高地の山城 楡沢山城 であり、次はまだ記事にしていない「仁熊城」(にゅうまじょう 筑北村)。この山城へは道が消滅しているので、辿り着けただけでも奇跡に近いという有り様だった・・。

仁熊城(筑北村) (8)
村役場の教育委員会の立てた標柱は全く違う場所だったというオマケ付きの仁熊城。(2016年11月)

さて、今回我ら信濃先方衆の2018年再始動は「馬伏城」(まぶせじょう 上田市塩田)と決まった。

もはや仙人の領域に達している宮坂武男氏も、この城からの期間途中に命の危険を感じたという曰く付きの山城である。
そのような険しく人を寄せ付けない山城に辿り着けるのか・・・・このことであった。

馬伏城 (52)
あそこが馬伏城の物見と知ったのは下山してからのこと。本隊は物見の裏側になるので見えない。

下見もせずにぶっつけ本番はいつもの事(笑)

あるはずの林道は廃道となり倒木で迂回させられるし、登る沢を間違えてUターンするわ、川底に古道が消えて万事休す。

「ならば直登しますか・・・(汗)」

馬伏城 (50)
この尾根を転がりそうになりながら直登。雪解け後なので、スパイクピン付きゴム長でなければ不可能な直登でした・・・。

尾根の先は岩盤で塞がれている・・・次の沢をトラバースしても突き当りは強靭な岩壁が行く手を遮る・・・。

「万事休すか・・・・・・・・次の沢を越えた尾根先がダメなら諦めるか・・・・」

我々は、佐久の高棚城と笠原城の攻略を思い出し戦慄した。

「入口は限られた場所だけ。」

そう、まさに逃げ込み城とはそういう条件を満たした閉鎖的空間なのだ。

三つ目の沢の獣道を斜面の草木につかまりながら這うように登る。

我々は息絶え絶えに岩盤の隙間の鞍部に辿り着いた。そう。ここが馬伏城の入口だったのだ!

馬伏城 (3)
恐らくこの鞍部だけが城域に入れる狭き関門のようだ。

馬伏城 (10)
巨大な土塁を伴う鞍部の削平された郭。

もし、「逃げ込み城」の定義があるとすれば、以下の要件が必須であろうか。

●麓からは見えない
●最低でも一か月は籠れる居住性と水源の確保
●敵が容易に攻め込めない険阻な立地と防御性
●味方の砦との連絡手段が確保できる立地

馬伏城 (9)
馬伏城の本城からは女神岳城のみが見える。

いわゆる「足弱」と記される女性や子供、老人は逃げ込み城の充足要件の定義に入るのだろうか?

峻険な場所に設営された逃げ込み城にどのように入ったのか全く想像が出来ない。

現代人の生活と単純比較してはいけないにしても、この場所に「足弱」が籠れるのであろうか???

馬伏城 (13)
北向きの沢は数段の削平地があり、籠城時の空間が確保されている。

筑北村の仁熊城は、立地条件も縄張も馬伏城によく似ている。

そう、これらの逃げ込み城をみて分かった事は、「当主は、絶対に生き延びなくてはならない。死んではいけない」・・・この事であった。

侵略軍に老人が殺されようと、女子供が略奪されようと当、当主(家名)の存続は絶対なのである。

馬伏城 (14)
人工的に削平された段郭。

天正年間、真田昌幸の統治に不満を持ち反旗を翻した土豪の斎藤氏は、女神岳城を新たに築城して立て籠もり、馬伏城を万が一の際の逃げ込み城として整備したと伝わる。
その後、昌幸の命を受けた長男信幸が女神岳城に籠る斎藤氏を攻めて降し、反逆の罪を赦し自分の家来として登用したという。

そんな訳で、馬伏城が歴史の大舞台に登場する機会は無かったものの、斎藤氏にゆかりのある山城という事は伝承として残ったらしい。

twitterで馬伏城については攻略当日に現場実況中継としてお披露目しました。
すると、次回はブログ記事として掲載し、攻略方法等についての記載をお願いしたいという要望がありました。

が、ここは難易度がかなり高いのでお勧めしません。

当日は城跡で猪(イノシシ)にも遭遇して事なきを得ましたが、あの巨体で突進されたらマジでやヤバかったと思っています。
※親の後を必死で駆けて行った「うり坊」は可愛かったのだが・・・(笑)

常々注意喚起しておりますが、中世城郭探訪の趣味が「命懸け」の趣味になってはいけません・・・・。

千ヵ所を越える山城探訪の経験はあっても、常に初心は忘れないように心がけてしますw

まあ、皆さんが忘れたころに記事にしようかと思っています・・・(笑) ってか最近全く更新してません・・・・(汗)

馬伏城 (44)
宮坂氏の図面には無いが、馬伏城の北側には物見砦と断定できる素晴らしい郭が存在しますw

馬伏城 (2)
ここもGPSアプリが無いと厳しかったでしょうネ。

Posted on 2018/03/17 Sat. 22:17 [edit]

CM: 2
TB: 0

0226

大垣城 (岐阜県大垣市郭町)  

◆小生の近世城郭フリークのスイッチは何故この城だったのか?◆

古墳時代と戦国時代に心奪われた日本史好きの変な小学生だった・・・(笑)

小学校4年生の時か5年生の時かは忘れたが、近世城郭への思いは募るばかりで、大垣城、金沢城、和歌山城のパンフレットが欲しくなりそれぞれの市役所の市長さん宛てに手紙を書いた。

DSCF1411.jpg
大垣城の石垣。

今でも不思議なのだが、何故この三つの城だったのか??? 全く思い出せないのである・・・(笑)

恐らく金沢城は外様大名としてMAX百万石の居城という事と、雪化粧した石川門の海鼠壁と白鉛瓦の美しさに心惹かれたのであろう。

和歌山城は単純に徳川御三家の城で、名古屋城が嫌いだったから二者択一で・・・あとは海とのコントラストが気に入った・・そんな動機だろうか。

DSCF1413.jpg
大垣城の大手門。

で、テツ&トモではないが、「♪ なんでだろう なんでだろう ななななんでだろう ♪」の大垣城。

お世辞にも特徴的な天主閣でもなく層塔型のありふれた形だし、関ヶ原の時の西軍の重要拠点だったという理由でもない。
縄張りが気に入ったのかと思いきや、小学生がそこまで思い詰めて城を研究していたとは思えない・・(爆)

DSCF1414.jpg
大手門を潜り抜けて撮影。初恋の人に初めて会った気分でした。

それぞれのお城の市長さんに手紙を書いて、戻ってきたのは大垣市と金沢市。このようなヲタク小学生に激励の言葉とお城のパンフレットをたくさんいただきました。

それに比べて「パンフレットは有料なので、送付出来ません」と冷たい態度の和歌山市。小学生相手にそのような極悪非道な大人の対応をして恥ずかしくないのか・・・と思い傷心。和歌山市の印象は最悪となり「信長の野望」で雑賀孫一は真っ先に斃される宿命を背負ったのでした・・・(笑)

DSCF1415.jpg

そんな思いを寄せた大垣城でしたが、岐阜城や安土城には行っても一度も訪れる事無く過ごしてしまいました。

2015年10月、養老温泉の宿泊券をプレゼントされ細君と出掛けた際に大垣城見学のチャンスはやってきました。
※ちなみに細君は小生の趣味に多少の理解はあっても全く関心がありません

夕方で宿のチェックイン時間が迫っていましたが、細君から何とか5分間の見学許可をいただき猛ダッシュで初対面の大垣城に突撃・・・(感傷に耽る暇などありゃしない・・・・しかし与えられた時間を活用するしかない・・・涙)

DSCF1418.jpg
5分間では天主閣に入れるはずもなく、涙でにじんだ入口の写真・・・

DSCF1416.jpg
現場に立っても何故この城がお気に入りになったのか答えは出なかった・・・

必死に駆けずり回るも時間切れのゴングが鳴り響き、潔く撤収。息を切らして倒れそうになりながら写真を撮り説明板を速読する変なヤツに周囲の方はかなり引いていたが・・・・(汗)

DSCF1420.jpg
「初恋は、遠くにありて想うもの・・・」

DSCF1425.jpg

信濃に住む小学生が、何故に松本城や諏訪高島城や松代城、そして地場の上田城でなく、大垣城だったのか。

その謎は僅か5分間の探訪では分かるはずも無い・・・(大笑)

いつか大垣城のお膝元に暮らすブロともの久太郎様にご案内いただき、謎解きにチャレンジしたいものである。

信濃の山猿が、どんなに美濃の大垣城について調べて力説しても説得力など皆無である。

地元の城は、郷土愛に溢れた地元民が解説してこそ説得力があるというのが小生の持論である。

美濃の城は美濃の国衆が熱く語って然るべきであり、信濃の城は我らが真剣に語る。その資格を得るには何度となく史料を調べ、現地を幾度となく踏査する根気が必要である。

DSCF1427.jpg
そういえば松本藩も戸田さんが藩主の時代があったよね。

≪大垣城≫ (おおがきじょう 巨鹿城 麋城)

標高:10m 比高:-
築城年代:宮川安定?
築城・居住者:
場所:大垣市
探訪日:2015年10月23日
お勧め度:★★
城跡までの所要時間:-
駐車場:城跡には無いので、近くの有料駐車場をご利用ください
見どころ:5分の見学では分からない
注意事項:5分の見学では分からい
参考文献:しっかり事前準備してから見学されたし・・(笑)

DSCF1430.jpg
水の手門から見た大垣城。

「♪ 好きだったのよ大垣城 胸の奥でずっとー ♪ もうすぐ私きっと あなたを振り向かせる ♪」 (古いなあー 笑)

待ち伏せするには、遠い城である・・・(笑)

Posted on 2018/02/26 Mon. 19:58 [edit]

CM: 6
TB: 0

0220

祢津下ノ城2 (リテイク 東御市祢津)  

◆圧巻の長大な土塁付き二重竪堀で武装された東信濃を代表する堅固な山城◆

このところリテイク記事が続き、過去の自分の呪縛から逃れようとする日々が続く・・・(笑)

そんな事をやり始めたら、過去記事を全てリニューアルする羽目になり無限ループの連鎖が始まる・・・(汗)

それでも、「山城は幾度となく再訪することで新たな発見もあり、往時の本当の姿に近づく事が出来るかもしれない・・・」

今回ご案内するのは、幾度となくアテンドした山城マニア垂涎の隠れた名城「祢津下ノ城」(ねつしものじょう)である。

IMG_5015.jpg
西側より見た祢津下ノ城の遠景(東御市海善寺より撮影)

今回も縄張図を新たに描く気力などないので、宮坂武男氏の図面を引用させていただき現地で撮影した写真をもとに解説したいと思う。

祢津下ノ城縄張図①
著作権は作図者の宮坂武男氏に帰属します。無断転載はご遠慮ください。

【大手門】

登城口から整備された遊歩道をしばらく登ると、左右に土塁を伴う横堀が現れる。
東側の横堀の端は登り土塁も確認出来、その防御の厳重さからこの場所が恐らく往時の大手門であったと思われる。

IMG_4872.jpg
大手口から東側の横堀。(真横から撮影)

IMG_4874.jpg
全体を把握するために斜め上から見下ろして撮影。

IMG_4877.jpg
大手口と左右の横堀防御を斜め上から撮影。東側の横堀の土塁は一部を残すのみ。

IMG_4875.jpg
東側の横堀の先は横移動を制御する登り土塁が確認できる。(同色で見づらいため補助線使用)

【桝形門】

大手門からさらに登り数段の段郭を経ると、急坂を屈折させた左右に土手を伴う狭い場所となる。この場所が恐らく桝形門で、主郭に至る攻城兵を阻止する最終防御ラインであろう。

ここは元々あった帯郭を改修し桝形虎口を開けて土塁を築いて門が置かれたと考えられる。現在遊歩道はこの桝形門の接続する帯郭から直接本郭に通じているが、これは公園化に伴う後世の改修で本来は別の通路があったと考えられる。

IMG_4879.jpg
下から見た桝形門。石積みが散見される。

IMG_4880.jpg
桝形門の左右の土塁は石積みで補強されていたと推定されるが、後世の改修による破損が酷く往時の状態は不明だ。

IMG_4881.jpg
全体像を分かり易くするため桝形を少し登った場所から見下ろして撮影。公園化整備と桜の植樹のため遺構が改変された可能性がある。

【主郭】

南に石積みで補強された虎口を開ける場所以外は土塁が全周していて、主郭背後はかなりの高さがある。一般的には背後の堀切の高低差を稼ぐためと思われがちであるが、それだけではなく、中枢部である主郭を敵に見通せないようにした工夫だともいわれている。

IMG_4883.jpg
正面虎口から見た主郭。オレンジシートは烽火リレーイベント用のドラム缶の保護用。正面奥の土塁が一段高くなっている。

IMG_4884.jpg
主郭背後の高土塁から撮影した主郭全景。

IMG_4885.jpg
主郭虎口の石積み。南側に虎口を開けているが、守備側の実際の出入りは背後の堀切を経由させたものであろうか。

【主郭背後の処理】

信濃の山城の主郭背後はそのままストレートに大堀切で断ち切るケースが多くみられるが、祢津下ノ城は主郭背後に武者溜りのような平場を設置した後に大堀切で断ち切っている。これは、背後の尾根に連続する郭と堀切の高低差を意識したもので、ここに伏兵を置き攻城兵を狙撃させるような意図を感じる。或いは桝形門から北へ回り込み、ここから主郭へ出入りをさせたのかもしれない。

IMG_4891.jpg
郭2から見た主郭背後の防御処理。

IMG_4887.jpg
堀切㋐。

IMG_5036.jpg
堀切㋐を東斜面から撮影。竪堀としてそれほどの長さは無いが、他の堀切との兼ね合いならばこの程度で充分であろう。

堀切㋐の先には長方形の郭2と扇形の郭3を落差のある切岸で接続させている。郭3の西側の斜面は堀切㋔が竪堀となって接続し攻城兵の移動を制限している。

IMG_4894.jpg
郭2。

IMG_4895.jpg
郭2から見下ろした郭3。

IMG_4897.jpg
郭2と郭3の接続部分の切岸。かなりの落差があり階段が無ければ登れない・・。

IMG_4898.jpg
郭3の西側に接続する竪堀㋔。

【長大な二重竪堀を基調とした搦め手の堀切群】

この城の最大の見どころは、搦め手から東斜面を麓まで這う石積み堀底土塁付きの長大な二重竪堀と搦め手を守る竪堀群とのコラボであろう。

滋野一族とはいえ、祢津氏がこの山城にこれだけの土木工事の人的・物量的投下が可能だったのかは疑問が残る。

仮説を立てるとすれば、天正壬午の乱で北条方への従属を決めた祢津氏に対して、信濃へ侵攻した北条軍が北信濃への前線基地として祢津上ノ城を駐屯地として整備し、その守りとして祢津下ノ城を改修したという事はかんがえられないだろうか?
そんな想像も楽しいものである。

祢津下ノ城縄張図①
またスクロールして戻るのも大変だと思うので縄張図に再登場願った・・・(笑)

IMG_4896.jpg
郭3から見下した郭4との間の堀切㋑。上から見るとW型の折れを伴う変則的な堀で東斜面で二重竪堀と連結し収斂する。

IMG_5019.jpg
郭4に接続する「池」。ここは後世の改変による造作で「水の手郭」ではないらしい。この日は池の水も無く歩いて横断できた。

IMG_5018.jpg
搦手の最終で西斜面を豪快に下るW堀切の㋕と㋖。ため息ものですw

IMG_5017.jpg
東斜面に対して竪堀となる堀切㋓。本来は㋖と繋がっていたものであろう。

IMG_5023.jpg
堀切㋑と㋒。尾根を分断する竪堀は全て東斜面の巨大な二重竪堀に収斂(しゅうれん)する。芸術的な美しさだ。

IMG_5027.jpg
二重竪堀との合流地点から見た堀切㋑と㋒。

IMG_5026.jpg
堀切㋒。残雪に埋もれた石積みが見えるでしょうか?竪堀の両サイドの土塁は石塁で補強された堅固なものです。


【東信濃では珍しい集合竪掘と石塁で補強された二重竪堀】

中信濃では小笠原系の山城に多く見られる集合竪堀だが、東信濃では上田市の室賀にある竹把城ぐらいで非常に珍しい。更に二重堀切の堀底土塁だけでなく外側の土塁にも石塁を伴うのはかなり特殊である。
周辺の他の山城には見られない特異な防御システムとその設計はこの城の重要性を物語っている。

IMG_5028.jpg
東斜面を長大な竪堀となり麓まで下る二重堀切。そのシルエットの美しさには言葉が浮かばない・・・。

IMG_5032.jpg
石塁で補強されている堀の外側の土塁。

IMG_5052.jpg
途中林道により二重竪堀は2ヶ所寸断されているが、この写真は上側の寸断ヵ所からの撮影。

IMG_5053.jpg
林道の上側の寸断された二重竪堀の下方向写真。これだけ残っているのはある意味素晴らしい。

IMG_5055.jpg
林道の下側の寸断された場所から見上げた二重竪堀。この土木工事量は凄い。

IMG_5056.jpg
上記場所から見た斜面下の写真。

今回のリテイク解説はここまでとしたいが、紛れもなく東信濃を代表する中世の山城である。この地域では珍しい輪郭方式の縄張りと、斜面を這うように作られた長大かつ巨大な二重竪堀は戦国末期の改修のテイストを充分に堪能出来る秀逸さである。

一度と言わず二度、三度と訪れて欲しい山城である事は間違いない・・・・。

IMG_5043.jpg
抜群のロケーション。

≪祢津下ノ城≫ (ねつしものじょう )

標高:826m 比高:130m
築城年代:不明
築城・居住者:祢津氏
場所:東御市祢津
再踏査日:2018年2月4日・11日
お勧め度:★★★★★ (満点)
城跡までの所要時間:10分
駐車場:登山口脇に数台のスペースがあるが、途中の道路が狭く急坂ですれ違いも難しいので城前集会所を借りよう。
見どころ:東斜面を下る長大な二重竪堀、主郭背後の堀切群、大手門、枡形門、主郭周囲の土塁・石積など
注意事項:林道経由で搦め手まで登るなら軽のオフロード4WD以外は無理なので注意。
参考文献:「図解山城探訪 第三集 上田小県資料編 宮坂武男著」(縄張図)


登り口はここ。

IMG_5041.jpg

Posted on 2018/02/20 Tue. 22:27 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top