FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0828

細萱氏館 (安曇野市南穂高)  

◆在地土豪の中世の居館を今に伝える貴重な遺構と代々の当主に感謝◆

平地における中世の城館や屋敷は、耕作地あるいは市街地化により壊滅してしまったところが多いが、子孫の方々の尽力により往時の姿を留めているケースが稀にある。

今回ご案内するのは、安曇野市にある「細萱氏館」(ほそがやしやかた)で、今も末裔の方が居住する立派な中世城館跡である。

細萱氏館 (25)
西側に虎口が開く細萱居館。

【立地】 ※宮坂武男氏の説明書きを引用

南穂高の平坦地の真ん中にあり、北200mには万水川(よろずいがわ)が流れていて、この一帯は湧水地帯で、往時は堀中も水が湛えられていたらしいが、今ではワサビ畑によってか堀の水は失われて空堀となっている。
周辺は低湿地で水田の為、堀を設ける事により排水と防御を兼ねたものと思われる。細萱は除け沢(よけさわ)の下流の湿地帯で、細い萱の生えているところから由来した地名とされる。

細萱氏館 (1)
細萱邸正面の石碑。自分の家の正面に石碑など建てられたら嫌だと思うのに、細萱家はそれを受け入れて頂いたようです。

※現在、細萱氏居館には、末裔の方が居住し生活を営まれております。当たり前ですが、無断侵入は絶対にやめてください。細萱様にキチンと許可を得て見学をお願いします。一部の心無い方の行動で、出入り禁止になる事は避けなければなりません。


細萱氏館 (2)
虎口から見た南側の堀切。埋まってはいるが、薬研堀であることが分かる。

【城主・城歴】 ※宮坂武男氏の説明書きを引用

細萱氏の初見は、天明15年(1483)2月3日で「三宮穂高社オン造営日記」に「大旦那盛知、政所矢口通、執事長光寺覚朝」とあり、本姓は大伴氏であるとされる。
細萱の地域の開発者は恐らく犬甘明大伴氏で、当地に居館したのは鎌倉時代に入ってからであろうと考えられている。(「穂高町誌平成3年) 古代末期の千国道は熊倉で渡河し、寺所厩尻、踏入・重山気・矢原・穂高に通っていたものが、細萱が開拓され郷村が出来ると、道は西の方へ移っていったようである。

細萱氏館 (4)
館の南側の堀切。

やがて細萱氏は堀金郷への発展し、文明年代(1469-1486)には、安楽寺を開山し、永正年代に入っは大同寺の旦那になって、この地域を支配していたようである。そうした中で要害城岩原城も築城されたものであると思われる。
細萱氏は室町時代には、穂高神社の造営の大旦那や政所(宮奉行)の職にあって、祭祀権を握っていたようであるが、仁科堀金氏に領主権を奪われ、安曇郡が武田氏の支配下に入ると、穂高神社の大旦那職を仁科氏に譲っている。(天文24年)

細萱氏館 (6)
南側の堀切より虎口方面を振り返る。

武田氏の支配の時代には、仁科盛信の配下として、信越国境への出陣、在番に従事し、天正十年(1582)武田氏滅亡後は小笠原貞慶に属し、小倉城主小笠原貞正の下で筆頭格で働いている。
また、細萱長知は安曇郡の郡奉行の地位にあったりするが、石川氏の失脚により郷士格になり、やがて府中の代替わりが頻繁に行われる中で、細萱氏は没落して、彦右衛門家だけが残り、あとは一般百姓並みに下ったようである。

細萱氏館 (9)
西側の堀跡。

【城館跡】

屋形の周囲を取り巻く堀は、幅10m内外で、北西部が失われている。この部分は早くから埋め立てられたらしく、明治二十二年の地籍図には既に堀形はなくなっているという。

細萱氏館見取図

また、北西部を除いて土塁が巡っていたようであるが、現在は南西部に残っているだけで、土塁上には家敷神が祀られている。
入口は西側中央部で、ここから土橋で入っていたものと思われ、東側の土橋は後に埋め立てによって出来たもので、古くは堀が途切れず連続していたという。内部の広さは土塁敷を除くと30×25程度だったと思われる。

細萱氏館 (10)  南東の土塁の隅上には屋敷神の祠がありますw

細萱氏館 (13)
南東に残る土塁。往時は全周していたと考えるのが妥当であろうか。

主郭の東には薬師堂や墓地との間に副郭があったようで、幅3mの堀形が残っている。
西の門(虎口)の前は「構え」「西番場」などの地名が残る事から、屋敷を中心として集落が形成されていた事が伺える。

小笠原貞慶の重臣であった岩岡家に伝わる「岩岡家記」には、天正十年(1582)に、この館は合戦の場となり数十人が籠ったという記載があるという。天正壬午の乱で、上杉との戦いにも備えた平地の重要な城館であったようだ。

細萱氏館 (17)
城館北側の堀。

細萱氏館 (18)
北側の堀の終点。この先はL字で堀が虎口へ向けて続いていたようだが、宅地造成の為埋められて消滅した。

細萱氏館 (28)
殿村公民館の裏側に堀切の跡が確認出来る。

細萱氏館 (29)
公民館と隣接する墓地の西側は堀切を隔てて副郭があったと推定される。

細萱氏館 (30)
殿村公民館には薬師堂があったと伝わる。(東側頼撮影)


≪細萱氏館≫ (ほそがやしやかた 殿村館・城内・内ほり)

標高:533m 比高:-
築城時期:不明
築城・居住者:細萱氏
場所:安曇野市穂高細萱殿村
攻城日:2017年6月18日
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:殿村公民館借用
見どころ:堀切・土塁
付近の城跡:小岩嶽城、熊倉氏館、等々力城など
注意事項:見学の際は必ず細萱様の許可を得る事。プライベート空間の写真撮影は避けてください。
参考書籍:「信濃の山城と館⑦ 安曇・木曽編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
SpecialThanks:細萱様ご一家

Posted on 2018/08/28 Tue. 22:21 [edit]

CM: 0
TB: 0

0824

貝梅城 (安曇野市穂高等々力)  

◆烏川の洪水により遺構が消滅したと伝わる在地土豪の居館跡◆

この夏は「ものぐさ太郎」(物くさ太郎とも・・・信濃国筑摩郡の民話)のように無精者になると決め込んでいたが、休日に家でゴロゴロしたりプラモ制作に勤しむのも「ジジむさい」(意味が通じるのか??)と思い、無駄な体力とガソリン代をつぎ込んで信濃漫遊の旅に出ている・・・(笑)

今回ご案内する「貝梅城」(かいばいじょう)は、昨年ブロ友として和親条約(?? どんな条約なのか・・・汗)を締結した 久太郎の戦国城巡り に影響されて未訪だった安曇地方の城館を急遽訪問した中の一つである。

※以下は久太郎さんのブログの最近のトップページです。⇩

screenshot_20180824_215339.png
なかなかツボを心得たユーモアにあふれた文章と、さりげなく端的に述べた史実は肩ひじ張らずに読めるのが嬉しい。



DSCF5083.jpg
穂高図書館(旧穂高町民会館)裏にひっそりと建つ碑。


【立地】

旧穂高町(現在の安曇野市)の市街地の北方、烏川、穂高川に近いところで、現在穂高町民会館があるあたりが貝梅城の跡と伝わる。宅地開発や鉄道の敷設、町民会館の建設等で遺構は全く確認出来ない。
穂高図書館(旧穂高町民会館)の北東隅に「貝梅城跡」と「東龍寺跡」の碑があり、僅かにその存在を後世に伝えている。

DSCF5084.jpg
隣接する「東龍寺」の碑。


【城主・城歴】

長野県町村誌には「貝梅城墟」として、「本村(東穂高村)の北に當、字北城にあり。当時田園となり、城郭石壁等不在。何人の居城や不詳」とある。

IMG_1883.jpg

城跡碑の傍らの「由緒」には次のように書かれている。

「此の地には、往古貝梅城と称する古い城郭があり、信府統記によれば、高根伊勢守という人が居館したと言われている。その後中世に在地領主が北城を築き、西隣には五輪の塔があったことを伝える地名があり、南隣には堀を巡らした東龍寺というお寺があった。
天正年間、烏川の洪水により、これらは全て押し流されたと伝えられている。ここに城館並びに寺跡の碑を建立して後世に残すと共に、無縁仏を供養するために併せて供養塔を建立する。
平成二年四月二十九日 貝梅城・東龍寺の碑並びに供養塔建立委員会 」

IMG_1884.jpg
「由緒」書き。

≪貝梅城≫ (かいばいじょう)

標高:536m 比高:-
築城時期:不明
築城・居住者:不明
場所:安曇野市穂高等々力北城
攻城日:2017年6月18日
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:穂高図書館の駐車場借用
見どころ:石碑のみ
付近の城跡:等々力城、古厩城、穂高氏館など
注意事項:特になし
参考書籍:「信濃の山城と館⑦ 安曇・木曽編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)

IMG_1885.jpg
残念だが、周辺には何の遺構も確認出来ない。



IMG_1887.jpg
石碑は凄く立派なのだが、何故この城にこれだけお金をかけるのか不明だ・・・。

Posted on 2018/08/24 Fri. 21:52 [edit]

CM: 2
TB: 0

0817

一夜の城 (伊那市富県桜井)  

◆織田信忠の甲州征伐高遠城攻めの陣場と伝わる館城◆

先日、ダムスタンプラリーついでに十年ぶりに高遠城を訪れ、その後にどうしても見たかった「一夜の城」(いちやのじょう)を探し当てた。

信濃の山城と館を専門にしている当ブログで、「今さらなんで?」と思われるかもしれないが、「灯台下暗し」とはそんなものである。

一夜の城 (1)
方形の土塁で囲まれた敷地の東側に唯一開く虎口。


【立地】

三峰川左岸の貝沼地区桜井の八幡社の東に位置する。ここは三峰川の河岸段丘の平地で、特に要害地形では無いが、東に山地を背負い、高遠城まで6kmの位置にある。

screenshot_20180817_204701.png
下手な縄張図よりは航空写真のが現実的であろう。

【城主・城歴】

この城は、天正十年(1582)に織田氏の甲州征伐における高遠城攻略の為に築いた陣城という伝承が残っている。
信長より甲州征伐の総大将を任じられた嫡男信忠は、2月3日に出陣し15日には飯田を占領し、29日には飯島へ到着して高遠城を守る仁科五郎盛信に降伏勧告状を送るが、盛信はこれを拒否し使者の僧侶の両耳を削ぎ落し徹底抗戦の意を表したという。
織田軍は高遠城攻めの準備にとりかかり、信忠の陣城を突貫工事で築いたのがこの一夜の城だという。

一夜の城 (2)
一夜の城の南側の土塁。高さ3m、長さ47m。

この場所には、もともと在地土豪の居館あるいは屋敷があった事は、平成24年の伊那市教育委員会による発掘調査で判明しており、織田軍は陣場設営にあたり周囲を囲む堀を深く掘り下げて土塁を高くしたと推定されている。

➾詳しくは「長野県の歴史を探し求めて」の一夜の城②を参照願います。

一夜の城 (4)
北側の土塁(高さ50cm×長さ50m)。敷地内の耕作化により土塁の上部は破壊されたのであろう。

一夜の城 (5)
往時の姿を残す北西の隅土塁。現在高さは3mだが、発掘調査では当時はもう少し盛土されていたらしい。

【城跡】

一辺が50mに近い方形の居館跡で、土塁の最高部の高さ3m、土塁底辺の幅は3m程度のものが敷地を全周して東側中央に虎口を開いている。
織田本体の本陣の陣城としては小さいが、中枢部としての防御は周囲に新たに空堀が施工された事を考えるとそれなりの機能を有していたと思われる。

高遠城攻めが一日で終了したために拡張する事も無く終わったようだが、甲州征伐を物語る貴重な遺構ではある。

周囲の生活道路拡張の為に遺構を一部取り壊すような話もあるようだが、後世に残すべく遺跡なので、市あるいは県で指定史跡として指定し保護していただきたいものである。

一夜の城 (8)
南側の土塁はある程度の規模を留めている。(高さ3m×長さ47m)

一夜の城 (21)

西側から見た北東の隅土塁。迫力満点である。

≪一夜の城≫ (いちやのじょう)

標高:711m 比高:-
築城時期:不明
築城・居住者:不明
場所:伊那市富県桜井
攻城日:2018年8月5日
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:無し ※付近の道路は狭いので八幡神社の道路脇の路側帯に駐車しましょう
見どころ:土塁など
付近の城跡:黒河内の城、叶尾城など
注意事項:特になし
参考書籍:「信濃の山城と館⑤ 上伊那編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)



一夜の城 (10)
南西から撮影した城内全景。

Posted on 2018/08/17 Fri. 22:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

0816

ダムスタンプラリー2018 完走  

◆もはや何のテーマか分からぬ乱心をご容赦願いたい・・・(笑)◆

「熱し易く冷めやすい」をモットーにブログを運営しているが、正直なところ、山城でこんなに記事が続くとは思ってもみなかった・・。

最近は山城から離れゆく心を引き留めるために「艦船プラモ」とか「なんちゃってダムマニア」とか脱線しまくり。

ダムも適当にやろうと思っていたところ、先日(7/29)の裾花ダム見学会で、「ダムスタンプラリー2018 長野県電気事業60周年記念」なんて台紙をもらってしまい、「いくぞ、やるぞ、おー!!」って感じになっちゃいました・・・(笑)

IMG_0004.jpg
高遠ダムと高遠さくら発電所の表紙。動機はこの表紙で充分です・・・。

IMG_0005.jpg
どうやら最南端は下伊那郡中川村の片桐ダム。ここのスタンプが飯田市だと気づいたのは後の祭りでした・・・。

奥裾花ダム、裾花ダム、湯の瀬ダムの三ヶ所でスタンプ押しちゃったら、残り八カ所、行くしかありません。

長野県が南北に広いなんてことは、山城探訪で重々承知しているのに、11ダム完走の記念品は「スペシャルカード贈呈」と銘打った長野県企業局の罠にはまるとは情けない・・(汗)

それでは、残り八カ所のダム巡礼をダイジェストでご案内しましょうか。

【高遠ダム】  

所在地:長野県伊那市
型式:重力式コンクリートダム
ゲート:テンダーゲート×3門

IMG_7001.jpeg
高遠城址公園をお尋ねの際は是非ともお寄りくだされ。

【美和ダム】

所在地:長野県伊那市 ※高遠ダムの上流のダム
型式:重力式コンクリートダム
ゲート:オリフィスラジアルゲート×2門 クレストラジアルゲート×1門

IMG_6993.jpeg
ダム湖の美和湖は水上バイクで賑わっていました。

【箕輪ダム】

所在地:長野県上伊那郡箕輪町
型式:重力式コンクリートダム
ゲート:鋼製直線多段式 3段ローラーゲート×1門 ホロージェットバルブ×1基

IMG_7055.jpeg
忽然と城壁の如く現れるダムに酔いしれる醍醐味。

【味噌川ダム】

所在地:木曽郡木祖村
型式:ロックフィルダム
ゲート:摺動式ラジアルゲート×1門

IMG_7147.jpeg
今回のスタンプラリーでは唯一のロックフィルダム。

IMG_7150.jpeg
奥木曽湖と呼ばれる美しいダム湖。

【横川ダム】

所在地:長野県上伊那郡辰野町
型式:重力式コンクリートダム
ゲート:鋼製直線多段式 3段ローラーゲート×1門 ホロージェットバルブ×1基

IMG_7103.jpeg
横川渓谷を辿ると日本最高所の楡沢山城に繋がるのだが、このルートはまさに秘境でありお勧め出来ない。

【片桐ダム】

所在地:長野県下伊那郡松川町
型式:重力式コンクリートダム
ゲート:ジェットフローゲート×1紋ホーロージェットバルブ×1基

IMG_7201.jpeg
中央アルプス念丈岳の松川渓谷に建設されている。

【小渋ダム】

所在地:長野県下伊那郡中川村・松川町
型式:アーチ式コンクリートダム
ゲート:ローラーゲート×2門 ラジカルゲート×5門 ジェットフローゲート×1門

IMG_7266.jpeg
カメラに収まらないアーチ式ダムは3軸のアーチを組合わせた設計だという。曲線美に魅了される。

IMG_7277.jpeg
小渋湖。近くには武田信玄ゆかりの小渋湖温泉があり、大鹿村へも3kmほどで行ける。

【菅平ダム】 

所在地:長野県上田市
型式:重力式コンクリートダム
ゲート:クレストゲート×2門 ローラーゲート×1門

IMG_6284.jpg
菅平高原の入口。第一次上田合戦で有名な神川(かんがわ)の上流にあるダム。戸石城の麓を流れる川でもある。

【完走記念品】

今回の「ダムスタンプラリー 2018」の最終ゴールは「菅平ダム」または「高遠さくらホテル」(高遠ダム)。
小生は地元のダムが菅平ダムなので、ゴールテープは菅平ダムの管理事務所であった。完走順位は微妙な57位・・・(汗)

IMG_7301.jpeg
アルクマダムバージョンダムカードと高遠さくら発電所カード、それに5ダムでもらえるダムポストカード。

企業局の方のお話だと、今回のスタンプラリーは、やはり県外のダムマニアの完走が多くて、中には泊まり込みで11ダムを制覇した猛者もおられたとか。ダムカード収集も500枚を超えている方も参加していたようで、あたしゃ足軽以下でございます・・(笑)

IMG_7302.jpeg
費やした時間と燃料代と人件費の結晶がこちらです・・・(爆) ※全てダムカードゲットだぜ!

長野県で開催したのですが、長野県の方の参加者は少ないようで、これは山城探訪と同じ傾向があるかと・・・・(汗)

せっかくなので、戦利品を皆さんにお披露目しましょう。

●アルクマ(ダムバージョン)

アルクマダム1


アルクマダム2

●高遠さくら発電所

さくら発電所1

さくら発電所2

●完走の感想 (ってダジャレかい!)

長野県は広いという事を思い知らされました・・・(って、肝心のダムの感想はなしかい!)

また来年も参加したいと思います。こんどは入賞するぞ!!おーっ!!(爆)




Posted on 2018/08/16 Thu. 09:02 [edit]

CM: 4
TB: 0

0806

裾花ダム見学会 その3  

◆投資回収とメンテナンスのコストで敬遠される水力発電◆

次に向かったのは、裾花ダムの下流の地下発電所。

当初の目的は、裾花ダムを下流側から撮影する為の寄り道だったのだが、係員の方も誘導してくださったので地下発電所見学へ。

裾花ダム① (37)
こんな場所に地下発電所への入口があるとは・・・。

裾花ダムは「治水」「発電」「上水道」に利用する多目的ダムとして昭和39年に着工し、昭和44年に6年の歳月と33奥円の費用を掛けて完成。

発電に関しては安定した電力を地域社会へ供給することを目的としている。
ダム直下の裾花発電所において最大出力14,600kWの発電を行うため、洪水期には、標高545.5Mから標高537.5mの間の2,500,000㎥の容量を利用し、非洪水期には標高560.0mから標高537.5mの間の9,200,000㎥の容量を利用し、最大18.0㎥/sの取水によって発電を行います。

裾花発電所1
地下発電所の場所。

裾花ダム① (23)
係員の方の案内で約200mの地下通路を歩く。通年平均20℃ぐらいなので、酷暑の今年には涼しい・・・(笑)

裾花ダム① (27)
水力発電の仕組み。水流の落差で下部のランナーを回し発電機のローターで発電する。

裾花ダム① (24)
ランナーは定期的に点検を行いリビルトしたスペア部品と交互に使用するという。エコだよね。

裾花ダム① (30)
発電機の最上部の励磁装置。

裾花ダム① (28)
階下に降りる事は出来ないが、上部から見下ろしても分かるように説明書きがある心配りは嬉しい。

裾花ダム① (29)
発電機の制御は全て油圧式。

裾花ダム① (31)
建物の天井には巨大な点検用・部品交換用のクレーン装置。天井が高いのは発電機が縦置きの為だと言われ納得。

裾花ダム① (33)
ガキの頃、外国ドラマで見たタイムマシーンの装置はこんなトンネル仕様だったように記憶している・・・(笑)

年に何回か裾花ダムの常用洪水吐から放流があると、ここの発電所はミストで真っ白の世界になるが、泥を含んだミストなので浴びると茶色になり発電所勤務の人々はかなり迷惑しているという・・(汗 )そんな裏話も聞かせていただき感激。

裾花ダム① (36)
険しい渓谷に造られた裾花ダムゆえ、直下までの道路は造る事が出来なかったという。

ここのダムの見学会の最大の収穫はズバリ非売品「川中島の水」。

非売品なのになぜか「モンドセレクション受賞」というミネラルウォーター。小生もその存在は知っていたが、災害発生時に配布する備蓄水なので世間に出回る事はまずない。

係員の方にこの水の事を聞くと、川中島の地下水を汲み上げて製品化しているのでかなり美味しい水なのだという。
菅平ダム(上田市真田町)の下流にある石舟浄水場の水も製品化したが、こちらは河川水をろ過しているだけなので、地下水のまろやかさにはかなわないらしい。

さりとて、備蓄している水にも保管使用期限があるので、イベントの時に無料配布しているのだという。

まあね、ちょっとネーミングが「川中島の水」だと「川中島の戦い」の怨念が沁みていそうで・・・(笑)

「飯縄権現・からす天狗のご神水」なんてのはどうかしら・・・もっと怪しいか・・・・(爆)

湯の瀬ダム (14)
しばらくは我が家の家宝でございますw




【湯の瀬ダム】

今回の見学会の最後は「湯の瀬ダム」。

実は見学する予定など無かったのだが、裾花発電所の係員の方に「下流の湯の瀬ダムも見学してもらうと景品が貰えますよ」と言われて、浅ましい物欲に勝てず寄り道してみた。

湯の瀬ダム (4)

●ダムデータ

所在地:長野県長野市小鍋
河川名:信濃川水系裾花川
型式:重力式コンクリートダム
ゲート:クレストゲート×3門 放流口ゲート×1門
堤高・堤頂長:18.0m・140.0m
総貯水量:33万㎥
管理者:長野県企業局
本体着工/完成年:1967/1969年

湯の瀬ダム (2)
操作パネル。モニターとクレスゲート3門の開閉機能。

ここの管理事務所は普段は無人で川中島にある企業局から遠隔操作しているという。緊急事態が発生した時のみ、管理事務所に来てクレスゲートの開口作業を行うという。

湯の瀬ダム (1)
ダムコンに演算させるよりクラウドコンピューティングの時代なのは確かか・・・(汗)

湯の瀬ダム (12)
堤頂部から管理事務所方面。

湯の瀬ダムは、上流の裾花発電所の放流水を貯水して下流に一定流量を放流する逆調整池です。また、長野市の上水道の取水池としての供給源としても機能しています。

湯の瀬ダム (10)
湯の瀬ダムから下流方面。

湯の瀬ダム (7)
湯の瀬ダムの放流ゲート。

裾花ダム見学会のレポート、如何でしたでしょうか?

毎年夏休みのこの時期に、長野県企業局の管理するダムは関学会を実施しているそうです。

小生も戻れるのなら、小学生の頃に戻って見学会に参加して見たかったなあー。

もしかしたら、「城」のスイッチじゃなくて「ダム」のスイッチが先に押されたかもしれません・・・(笑)



湯の瀬ダム (9)
非常用裾花ダムが非常用洪水吐のゲートを開けたら、クレスゲートを開けっ放しにするしかないそうです・・そりゃそうでしょうネ。

Posted on 2018/08/06 Mon. 22:56 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top